2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

親父のタバコ「いこい」

私が物心ついた頃、親父は「いこい」というタバコを吸っていました。

その銘柄が読めたことが嬉しかった記憶があります。
もちろん「いこい」とひらがなで書かれた商品名だったことが幸いしたのですが…。

タバコ  その後、
  そのパッケージにデザインされていたものが
  五線譜休止符だと知り、得意顔で友達に話した
  ものでした。




当時は今と違ってタバコは市民権を得ていましたので、
親父は狭い家の中でも堂々と吸い。時折、頬をトントンと人差し指で突きながら、
器用に煙の輪を作ってくれました。

そんな親父のタバコがどのような遍歴で
「セブンスター」になったのかは記憶にありませんが、
私がタバコを吸えるようになった時、「体によくないぞ」と言いながら、
「セブンスター」を一本差し出し、一緒に吸ったことが懐かしく思い出されます。

調べてみると、
「いこい」は昭和31年に発売された20本入の両切り煙草で、
昭和34年には一箱50円でした。
当時のキャラメル一箱の値段が20円であった時代ですから、
今と比較してみても妥当な価格だったようです。

また、
今では当たり前のようにある
通称100円ライターが普及する前でしたので、
家の中には色とりどりのマッチ箱があり、
空になったそれを銀玉てっぽうの的にして遊んだものでした。

タバコが健康に良くないことは重々承知しておりますが、
なかなか止められない私は、これを書きながら2本吸いました。
体によくないぞ」と言った親父の声が思い出されます。


そう思うと、マッチは見かけなくなりました。
吉田拓郎さんの名曲「ひらひら」の歌詞(作詞は岡本おさみさん)に

♪ちょいとマッチを擦りゃあ
火傷をしそうな そんな頼りないつき合いさ


というフレーズがあります。
大好きなのですが、擦るマッチが…。なんか寂しいです。

ちなみにタバコの曲と言えば…
西岡恭蔵さんの「プカプカ」。好きです。
そして吉田拓郎さんの「ハイライト」。大好きです。


’90 日本武道館コンサート’90 日本武道館コンサート
吉田拓郎

曲名リスト
1. おまえが欲しいだけ
2. 街角
3. 祭りのあと
4. ひまわり
5. 憂鬱な夜の殺し方
6. 人間なんて
7. 今日までそして明日から
8. 旅の宿
9. 花嫁になる君に
10. ハイライト
11. 高円寺
12. リンゴ
13. 抱きたい
14. 俺を許してくれ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


西岡恭蔵 BOX西岡恭蔵 BOX
西岡恭蔵

曲名リスト
1. サーカスにはピエロが
2. 下町のディラン
3. 谷間を下って
4. 君住む街に
5. 風を待つ船
6. 丘の上の英雄さん
7. 君の窓から
8. 僕の女王様
9. プカプカ
10. 街の君
11. 終わりの来る前に
12. サーカスの終わり

1. 村の村長さん
2. 春一番
3. どぶろく源さん
4. パラソルさして
5. ひまわり村の通り雨
6. 飾り窓の君
7. 海ほうずき吹き
8. うらない師のバラード
9. 朝の散歩道
10. 街行き村行き

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



LIVE’73
LIVE’73
よしだたくろう

関連商品
元気です。 伽草子 よしだたくろう・オン・ステージ!!ともだち(紙ジャケット仕様) よしだたくろう 人間なんて(紙ジャケット仕様) よしだたくろう 青春の詩(紙ジャケット仕様)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. 春だったね’73
2. マーク2’73
3. 君去りし後
4. 君が好き
5. 都万の秋
6. むなしさだけがあった
7. 落陽
8. 雨が空から降れば
9. こうき心’73
10. 野の仏
11. 晩餐
12. ひらひら
13. 望みを捨てろ ※〈初回紙ジャケット仕様〉


スポンサーサイト

[ 2007/07/14 18:30 ] 昭和雑感 | TB(0) | CM(2)
saraさんのところでお見かけしてお邪魔しました。
こちらの県にも、「昭和の町」を町おこしに、現在全国的にも有名になりつつあり、観光客が多数訪れている町があります。
昭和ロマン蔵の入り口には、
赤い丸ポストがありますよ。
先月、学級生の引率で行きましたが、
今年新たに出来た”夢三丁目館”には、学校の再現や、民家の茶の間やトイレお風呂などの再現など、大変懐かしかったですよ。
こやけゆうやさんより、少しだけ先にこの世にお目見えした昭和生まれの私。
古きよき時代を懐かしむ一人です。
[ 2007/07/15 12:55 ] wakazukuri [ 編集 ]
wakazukuriさんに教えていただいた「昭和の町」を訪ねてみました(と、言ってもWeb上ですが…)
豊後高田市の昭和の町の事ですね。
是非一度訪ねてみたい場所が、またひとつ増えました。
「昭和の町」HPに書かれていたキャッチコピーが泣かせますよね。
『…私たちは単純で元気で自然でした』っていうそれです。
特に最後の『…自然でした。』が心にズンときました。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。
[ 2007/07/16 01:16 ] こやけゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。