2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昭和日常博物館(その6)

子供の頃…。
今日のような寒い日でも半ズボンハイソックスでした。

男の子も女の子も、
そしてお母さんまでもが履いていた、
ちょっとしたハイソな感じ漂うハイソックス


い出せば…、
「男はつらいよ」のさくらさん。
ひみつのアッコちゃん。
アグネス・チャンさん。

みんな白いハイソックスでしたね。


昭和のある時期、
一般的なファッションとして、
ハイソックスは確立されました。

学級写真の中で、
ハイソックスの片方だけずり下がった男の子、
いませんでしたか?(笑)



い出の「衣」
今回の企画展はそんな催しでした。

表玄関 展示正面 展示入口



今回の企画展タイトルは
「お洋服‐あ・れ・コ・レ」

6回ポスター



昭和30年代の洋服や裁縫用具を集めた展示品の数々。
時代をリードした流行の変遷の中に潜む自分発見の旅です。

ミシンアップ ミシン展示



年表50
50年代ファッションと言えば、

ラジオドラマ放送時には、
銭湯の女湯ががらがらになった、
とのエピソードで知られる『君の名は』真知子巻き

年表A 


岸恵子さんで映画化された時、
ショールを首から頭に巻いていたスタイルでした。

年表真知子巻


57年生まれの私には記憶にあるものではありませんが、
いわゆる昼メロの元祖だったのでしょう。


ちなみに私の母親がハマっていたのは『愛染かつら』
花も~嵐も~
    踏み越えて~

と、訳もわからず主題歌の「旅の夜風」を歌ってました。

年表B


そして、
第34回芥川賞受賞作「太陽の季節」から生まれた太陽族

著者の石原慎太郎氏のヘアスタイルが「慎太郎刈り」と呼ばれ、
映画化された登場人物たちのファッションが流行となり、
これらを総称するかたちで太陽族と呼ばれたようです。

年表太陽族


概ね、
アロハシャツマンボズボン
サングラスツートンカラーの靴などのアイテムでキメ、
頭髪は前髪を垂らしたようなスポーツ刈り(慎太郎刈り)。
であったとか。何やら自由の息吹を感じます。


この他に「ロカビリーファッション」と呼ばれる、
リーゼント系のスタイルも流行ったようですが、
やはりここではオードリー・ペップバーン

年表オードリー


い出してもらえましたか?

『ローマの休日』での長いフレアースカートに、
ヘップバーンカットと呼ばれた短い髪。

『麗しのサブリナ』で彼女が穿いた七部丈のパンツは、
その名もサブリナパンツと憧れをもって受け入れられ、
爆発的に流行したスタイルでした。

年表裁断技術




年表60
60年代に突入しますと、
ついにアイビールックの登場です。

年表C


そうです、
言わずと知れたVANが時代を作りました。

VANはファッションのみならず、
アメリカのライフスタイルをも巻き込んで、
若者文化をリードしたファッションエポックでした。


『卒業』のダスティン・ホフマン…。
思い出しちゃいますね。(涙)
エレ~ン!エレ~ン!

この他にも、
銀座、みゆき通りを起点としたみゆき族
長髪に無精ひげ、手作りアクセサリーのヒッピー
ヒッピーの流れを汲む幻想的なサイケデリック
ビートルズの来日を期に火がついたGSファッション

ミニタリー調のスパイダーズ、懐かしい~。(泣)

年表ビートルズ


と、ファッションも幅広くなった60年代ですが、
私とてやる気満々の日本男子。
ミニスカートの流行を見逃す訳にはまいりません。(笑)

年表ミニスカ


そこで登場するのが、
67年秋に来日したスーパーモデルのツィッギーさま。
彼女の膝上30㎝のミニスカートは、まさに黒船でした。

この黒船による影響はすさまじく、
当時、街ゆく女性の9割はミニスカートだったとか。
何故か伸びゆく昭和を感じます。

年表外着



年表70
70年代は、やはりジーンズの定着でしょう。

ストレート、ベルボトム等々流行は移り替わりましたが、
元来はアメリカの作業着的な要素を持つズボンです。
機能性とファッション性がマッチした点で、
革命的な衣料と言えるのでしょう。

年表D



で、皆さま。
「ジーンズ」or「Gパン」
どのように呼ばれていますか?

私?
もちろん「Gパン」です。
そろそろ年代物の域にさしかかっているような…。


雑誌E 雑誌UP1 雑誌B

雑誌D 雑誌C 雑誌A

雑誌4 雑誌3 雑誌1



さて、皆さま。
ここで重大なお知らせがございます。


学生服 雑誌F アイロン


私がこの企画展を見に行ったのは昨年でした。


…のろまなカメ、ならぬ子ブタちゃんの私です。
そう、もうお解かりですね。


年表前半 年表後半




この企画展はもう終了してます。

       ・
       ・
       ・

この企画展はもう終了してます!!
(H20年11月1日~H21年1月22日まで…)


あ~にぃ~!
     っちまったなあ!


す、すまんこってす。(汗)


お詫びと言っては何ですが…
素敵な昭和日常博物館の過去記事はこちら…

昭和日常博物館(その5)
昭和日常博物館(その4)
昭和日常博物館(その3)
昭和日常博物館(その2)
昭和日常博物館



shikatu1
昭和日常博物館←詳しくはこちらをクリックして下さい。







スポンサーサイト

[ 2009/01/26 23:03 ] 昭和を感じる場所 | TB(0) | CM(28)
やっぱり「太陽にほえろ」で育った私は「Gパン」ですっ!
そしてお洒落短パンは「ホットパンツ」
ベルボトムは「パンタロン」であります。
・・・60年代の女子でしたv-254
[ 2009/01/27 11:36 ] kaori [ 編集 ]
kaoriさま
お晩です。

「Gパン」党でも結成しますか。(笑)

それにしても「太陽にほえろ」
私もよ~く見させていただきました。

ボス、山さん、長さん、ゴリ。
ここまではそれなりにノーマルでしたが、
ジーパン、殿下、テキサス、マカロニ、ボン。
となってくると、今ではいささか苦笑してしまいます。
スコッチなんてあり得ない愛称でしたね。(笑)

ジーパンの殉職シーンは鮮明に覚えています。
その後、竹中直人さんがその物真似をしてましたね。
どちらも思い出に残る迫真の演技&芸でした。

「ホットパンツ」
昔お付き合いした方が時々穿いてました。
男の子としては、
かなりドキドキしたものです。(笑)
一時影を潜めたようですが、
最近では時折見かけるようになりましたね。(拍手)

で、パンタロン
何故か白いパンタロン姿の佐良直美さんを思い出しました。(古っ!)

私の学生時代は、学生服のズボンはラッパが主流。
足の短い私は…。(涙)

『衣』に関する思い出も、
やはり尽きないようで…。(笑)
[ 2009/01/28 01:01 ] ゆうや [ 編集 ]
24分の2が出ている~。感激です。
しかもかなりの情報量。ハイソックスは懐かしいものがあります。
ファッション、変遷、ですね。
そういえば、わたしの高校時代のギターケースが赤いチェック模様で、娘が今大流行だと言っていました。歴史はめぐる・・・?
今日はフォーリーブスの青山さんが亡くなりましたね。高校生のとき、土井まさるかなんかの日曜日の番組を見に行って、すぐ目の前にフォーリーブスが座っていたのを思い出しました。
パンタロンだったのかな?
合掌。
[ 2009/01/28 21:47 ] つぼみ [ 編集 ]
Gパン、ホットパンツ、パンタロン。
あ~懐かしいわ。
青春真っ盛りでしたわね。
なんと言っても、超ミニスカートで闊歩。
今思えば、大きなおみ足を恥ずかしげもなく出し、
若気の至りです(汗)
でも、今でも長いスカートより膝小僧が見え隠れする程度のタイトスカートが好きです。
が、しかし、もっぱらGパンばかりの毎日!?
[ 2009/01/28 22:28 ] wakazukuri [ 編集 ]
つぼみさま
お晩です。

へへへ。
24分の2が終わりました。
予定通り月間2本のペースです。(笑)

でも、内心はちょっと違うんです。
本来であればこの記事は15日ぐらいにはアップして、
月末に3本目を書いて大威張りしたかったのが本音…(笑)

思い返せば、
高校時代は男子の誰もがフォークギターを持っていたような世代でしたね。
私も当時のギターがまだ手元にあります。
お金がなかったのでハードギターケースではなく、
ソフトビニールのカバーでした。
時折、娘に「奏でてごらん?」などと挑戦的に言われ、
手にするも指が動きません。(笑)

確かに時代は周期的に流行を流転させているようですね。
人間の本質的なところには、
さほど変化がない表れなのでしょうか?
ま、私の甘い思考パターンも生来変化を見せてくれないのですが…(笑)

青山孝史さんの訃報。
つぼみさんのコメントで知りました。
あのフォーリーブスが年老うなんて考えられない感覚であったのに、
少しショックです・・・

「ブルドッグ」好きでした。
ご冥福をお祈りします。 合掌。
[ 2009/01/29 03:45 ] ゆうや [ 編集 ]
wakazukuriさま
お晩です。

超ミニスカートブイブイいわせていたであろうwaka様のお姿、
非常に見たかったです。(笑)

ニュースアーカイブや当時の映画などを目にすると、
ミニスカートの大胆さに今では驚きます。
今の若者のファッションに苦言を呈するなんてナンセンスですね。
あ!ナンセンスなんて言葉を使ってしまいました。(笑)
これは確実に死語ランキングに入ってますね。(笑)

そしてwaka様もGパンでしたか。(喜)
非常に心強く思います。
これでGパン党も選挙に勝てそうです。(笑)

ここだけのお話ですが…。
最近Gパンのウエストサイズに苦労してます。(汗)
Gパンも腹回りが太くなるに比例して、
ファッション性が薄れ、
作業着に近づくことを知りました。(笑)


[ 2009/01/29 04:01 ] ゆうや [ 編集 ]
 昭和40年代の「キャッチ・コピー」に、「流行の最先端」てなものが、あったな~。今思うと、「ホントだったか?」と疑わしいものも多く、「乗せられてた」だけの感じを受ける「物も」おおかったように思う。喜んで「ベルボトムジーンズ」穿いてたし、楽しそうに「黄色い色のランニングシャツ」着てたし、「トゲトゲ付いたベルト」(ヘビー・メタルか?)つけて、「町を歩いてた」けど、今考えると…「変!」だな~と思う。その後「やはり」ノセラレテ、「アイビー」なんぞに被れていたが、懐かしい「思い出」の数々ではあります。
[ 2009/01/29 13:00 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
吉岡富美雄さま
お晩です。

自分の写真ながら、
気絶しそうで正視できないものが多々あります。(笑)

異様にでかいバックルのベルトもしてました。
キノコのようなカーリーヘアーで微笑んでいるのもあります。
上下真っ白な月光仮面風の驚愕する写真もあります。
でも、黄色い色のランニングシャツは着てません。(笑)

「最先端」に弱いのは欲望がある証拠。
たとえ乗せられていたとしても、
微笑ましくてカッコイイ我々ですよね。(笑)

幼き頃に母がやってくれた、
肘あて膝あてのある洋服が、
今では誇らしく思えてなりません。

こんな「思い出」の数は、
多くても苦にならないものですね。

やはり黄色い色のランニング
着ておけばよかったなぁ。(笑)

[ 2009/01/29 23:52 ] ゆうや [ 編集 ]
Gパンですよね。
ジーンズ…洒落た言い方やねぇ~
デニム…新たなズボン?
ってな感じで時代に乗り遅れまくりの私でした…はい。

ハイソックス、私も片方がずれ下がっていた部類です(笑)
女子生徒からソックタッチを借りた思い出が…(懐)
[ 2009/01/31 13:58 ] 爺龍 [ 編集 ]
こんばんは
昔は、ハイソックスも白ソ(白ソックスの略)だったんですね。今は、ニーハイです。(膝上ハイソックス)
真知子巻きとかはわかりませんが、オードリー・ヘップバーンは知っています。
ちなみに私もGパンって呼んでます。

[ 2009/01/31 18:35 ] シルル [ 編集 ]
こんばんは
シルルと二人でお邪魔しています。(シルルが先にコメントを書いてしまいました・・。)
ミニスカートに白いハイソックス・・・清潔感がありましたよね。
「お洋服‐あ・れ・コ・レ」のポスターが可愛いですね。
まるでリカちゃん人形のお洋服みたい。
そうそう、私もGパンって呼んでいます。
[ 2009/01/31 18:42 ] sara [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です。

ジーンズにデニム。
おっやる通り呼び名はハイカラ(死語です)になりました。(笑)

私が最も釈然としないのが【パンツ】です。
なんでズボンがパンツなの??
ではパンツはどうなるの???
シャイな私は顔を赤らめるしかありません。(笑)

で、ソックタッチ
ハイソックス時代に一世を風靡し、
そしてハイソックスと共に衰退。
しかしルーズソックスで再び急浮上。
という流行に操られた逸品ですね。(笑)

女子からソックタッチを借りた記憶の無い私です。(涙)
[ 2009/02/01 23:05 ] ゆうや [ 編集 ]
シルルさま
イ尓好(ニーハオ)。

ニーハイって言うんですね。
チューハイなら多少は知識のある私ですが…。(笑)

そうなんです。
ハイソックスは白が王道でした。
一応、濃紺ってのもありましたが、
やはり昭和は白なんですよ。(笑)

オードリー・ヘップバーンをご存知とは…。
なんと素晴らしい教育をされているご両親なのでしょう。(笑)

そしてそして、
シルルさんもGパン党に入党されていたのですね。
日本の未来の灯りを見た思いです。(泣)

[ 2009/02/01 23:18 ] ゆうや [ 編集 ]
saraさま
お晩です。

何だか三者面談の雰囲気ですね。(笑)

ピアノを弾かれるだけでなく。
ヒエログリフを操って古代史を解き、
ヘップバーンを観ながらGパンと呼ぶ。
なんて素敵なお嬢様なのでしょう。(笑)

これもひとえにsaraさんご家族の教育の賜物なのでしょうね。
…そう思うと我家の姫達が○○なのも仕方ないですね。
だって、私が父親ですから…。(汗)

この企画展。
実は可愛らしいお人形も数多くありました。
面倒くさがって、写真をアップしなかったこと、
ちょっぴり後悔しました。(笑)
[ 2009/02/01 23:35 ] ゆうや [ 編集 ]
幼少時代に亡母の見ていた「若い時の乙羽信子さんや松島トモ子さんの表紙の雑誌」が身近にあった私にとって、針と糸が好きになることは極々自然のなりゆきだったのです。
昭和初期製造?らしき黒い旧型のシンガーミシン、家にありました。

婦人雑誌や洋裁本が子供時代にあって母手作りのブラウスやスカートを着、セーターを編んでもらって(実用向きで決してお洒落なデザインではなかったけれど・・・)温かく着て外遊びし何の苦労もなく幼少期を過ごしていた!ことを思い出し懐かしくほのぼのしました。
[ 2009/02/02 10:44 ] ウサコ [ 編集 ]
ウサコさま
お晩です。

我家にも鈍く黒光りするミシンがありました。
シンガーミシンって言うのですね。
初めて知りました。

記憶にあるのは足踏み式のミシンです。
時折、母の真似をして遊んだのですが、
足踏みのタイミングが上手くとれずにいた事を思い出します。

その後、母は電動式の工業用ミシンを購入し、
内職をやっていました。
結構音がウルサイので、
子供心に危うさを感じ、近寄りがたいミシンでした。

私、当然のように裁縫は苦手ですが、
クロスステッチは上手に出来ます。(笑)

手編みのセーター。
昔はよく来てましたね。
胸のところにイニシャル入りのセーター着てた子いませんでしたか?

それ、です。(笑)



[ 2009/02/03 00:55 ] ゆうや [ 編集 ]
あぁ~懐かしい!
白いソックス、、
VANといえば、若かりし日、学生時代の主人が凝っていたそうです。
あの頃、それを着るだけで
なんか、かっこいいって思ってたようで(笑)
[ 2009/02/05 00:07 ] あみ・もと [ 編集 ]
あみ・もとさま
お晩です。

いえいえ、今でもきっとステキな旦那様だと思いますよ。(笑)

でもその通りです。
VANを着ればそれだけでOK!
そんなイメージは確かにあったと思います。
VANでなければ若者にあらず…みたいな。(笑)

そんな時代の思い込みが流行であり、
流行の欠片が思い出なのでしょうね。

意外(?)と奥手だった私は、
流行に乗り遅れて思い出の欠片が見当たらない事柄が多々あります。
今思えば、それはちょっぴり寂しいことなので、
子供達にはそういった規制を強要しないように勤めているのですが…、
そのあたりのバランスに悩むお年頃です。(笑)

今では流行に体型がついていきません。(汗)


[ 2009/02/05 00:56 ] ゆうや [ 編集 ]
こんばんは。
2/24…クリアされましたね!
…ってコメント、すっかり出遅れの私です(汗)

ホットパンツの名前の由来、先日ラジオを聴いていて偶然知りました。
超短パンスタイルは、男性のホットな視線を浴びるから…ということでした。
今頃、そうだったんだーと学びました。
ちなみに私も「Gパン」と呼びます。
ベルボトムがブーツカットと名前を変えて復活した時は、違和感がありましたが、
昔を知らない世代にはカッコいいと、すんなり受け入れられたのでしょうね。
私の青春時代のファッションといえば、やたら長いスカートやダボダボとした服が流行りました。沖田弘之さんで一躍有名になった「竹の子族」の時代です。
ちなみに制服のスカートも長~~~くしていましたぁ~。夏は暑かったなぁ。
[ 2009/02/05 23:12 ] 水無月 [ 編集 ]
水無月さま
お晩です。

あっ!
気付かれました?(笑)

年間24本という、
自分に思いっきり甘い目標を、
楽々とこなすゆうやです。(笑)

(…その内にペースあげてやるんだい)

なるほど。
ホットはそのような意味でしたか。
男の子であるゆうやは心よりの納得でした。(笑)

するとミニスカートを、
ホットスカートと呼んでもいいですね。

と、なると、
水無月さんの青春時代のファッションは、
コールドスカート?ですね。(笑)

「竹の子族」いましたねぇ~
沖田浩之さんの「E気持」覚えてます。

ABC.ABC.ア~E~気持ち~
[ 2009/02/06 01:49 ] ゆうや [ 編集 ]
愛染かつら、懐かしいです。
確か、母がテレビにかじりついている横で私も見ていたような・・・?

ヘプバーンは、本当に美しいですよね。以前浅草に行った時、ヘプバーンのシールやブロマイドを買ってしまったミーハー者です・笑。
[ 2009/04/04 09:24 ] みどり [ 編集 ]
みどりさま
お晩です。

折角ご訪問いただきましたのに、
相変わらずのテイタラクですみません。(汗)

ま、こんなもんです。(笑)

ブロマイド
なんて何て懐かしい響きでしょうか。
今とは事情が違って、
当時は本当に雲の上のスターっていましたね。

ブロマイドの発祥の地は、
みどりさんが訪れられた浅草らしいですよ。
因みにこの私、
岡崎友紀さんのブロマイド持ってました。(笑)

「おくさまは18歳」
しっかりハマってました。(笑)
[ 2009/04/06 00:28 ] ゆうや [ 編集 ]
 ある晩、夢を見た。山肌から「大怪獣」出現!(もちろん火を噴いて!)
さあ、どうする?「ウルトラマン」でも来るか?そこに「出現」したのは、
「クレクレタコラ」(?何で)さあ「対決」だーと思ったら、醒めた。・・・あれは、何?そうだ、「管理人」さん、目覚めてください!(なんという、こじつけ)世界はあなたの「目覚め」を待っているのです!
[ 2009/04/13 11:17 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
吉岡富美雄さま
お晩です。

春眠暁を覚えず。

ずっと『冬眠』をしていた怠け者が言う格言ではないですね。(苦笑)

「クレクレタコラ」って吉岡さん。

♪何でも欲しがるくれくれタコラ~

なんて口ずさんだら危ない人ですよ。(笑)

でも、タコラのビジュアル。
私に似ていないとは言い切れません。(汗)

で、申し訳ございません。
近日中には必ず…。

※この近日中と言う表現が大人のズルさだとお思いの貴兄。
貴方は、スルドイ!!!

私自身は少年のようだと思いたい!

あ、重い鯛ではございません。
念のため…。(笑)
[ 2009/04/14 01:27 ] ゆうや [ 編集 ]
 相変わらず昭和の香りがいっぱいですね。私は昔ROPEの7号を着ていたのですけどね。今では袖も通りません。
 白いソックス、はいてましたよ。ソックタッチなんていうものもありました。ヘップバーンのローマの休日は母が大好きな作品です。私もビデオで持っています。
 さて、ブログ再開したものの本調子が出るのはいつのことか・・・見通しがたたないのでご挨拶に回るのものんびりしております。おついでの折に覗いてみてくださいね。
[ 2009/05/15 03:27 ] kain4 [ 編集 ]
kain4さま。
お晩です。

一年以上経ってからのお返事。
何ともすみません。(汗)

一年以上も更新をほったらかしておりますと、
どこをどういじくったらコメント返信が書けるのか?
と、浦島太郎状態です。(笑)

kain4さんもマイペースでブログをやられているご様子。

私もその姿勢を見習って、
…じょじょに…ジョジョに…。

見捨てないでね。


で、これで送信すればいいのかな?

エイッ!
[ 2010/08/29 23:47 ] ゆうや [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/11/03 13:17 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/04/07 16:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。