2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魔法の薬、赤チン。

半ズボンから見える両膝には、
赤く銀光りする子供の勲章。

その勲章は時には顔にまで及び、
誇らしくもあり、恥ずかしくもある、
昭和の時代はそんな子供達で溢れていました。


その赤の正体はもちろん赤チンです。


当時、赤チンといえば魔法の薬
子供が傷をつくって帰ってきても、
「赤チンぬっとけ」
の一言で終わりでした。


何ともいい加減なようでしたが、
不思議と2、3日もすれば傷は癒え、
昭和の赤チン信者は増殖したものです。


赤チンによる治療は、
沁み入る痛さも鈍かった為、
わりと平気でした。


そんな赤チンが子供達の味方の薬だとすれば、
赤チンと兄弟であったヨーチンや、
同じく義兄弟であったオキシドールは、
一癖も二癖もあるやっかいな連中だったのです。


赤チンヨーチンオキシドール
これらの昭和の子供三種の傷薬は、
傷の大小や症状によって役割が分担されており、
自分の傷がどの薬で治療されるかの選択権は、
子供には与えられていませんでした。

それ故に、
赤チン以外の容器を摘む大人の手が、
何よりも恐ろしく思えて、
傷の痛みも忘れてしまう程でした。


そしてDOKI-DOKIする自分との戦い…。


覚えていらっしゃいますか?

傷口に垂らしたオキシドールから、
ジュワジュワと発生する、
あの白い泡の恐怖を…。


ひぃ、ひぃ、ひょえ~っ!
…グッ、グ、グ、グヒィ~!
と、心の中で悲鳴をあげながら、
のたうち回った痛みが思い出されます。

あの白い泡の動く様は、
「消毒してやってんだぞ!」
というオキシドールの動的主張であり、
男を意識し始めた少年としては、
我慢を見せつけなければなりませんでした。


しかし、
そんな少年の心を容易に砕く薬といえば、
暗紫色の液体、ヨーチンに他なりません。

ヨーチンはめっちゃくちゃ沁みました。


『ぎょっ、え~~~~~!』

と断末魔の声が家や保健室から聞こえたのも、
無理からぬことでした。


傷口と共に心にも沁みた、昭和の薬たち。
あの懐かしい魔法の薬でさえ、
今では見かけなくなりましたね。

何でも水銀の関係から、
もう作られていないのだとか…。


子供の生傷は随分と減りましたが、
心の傷がその分増えているように感じます。


心の赤チン。


処方できる大人でありたいと、
赤チン世代は思うのです。


スポンサーサイト

[ 2008/09/05 02:07 ] 昭和の風景 | TB(0) | CM(38)
 悪いことをすると、「チン○」に赤チンぬるよ!と言われてた。とても「そんな」勇気などなかったが、本当に付けた人がいたらしい。(相当、沁みたらしいが・・・)オキシドールは、さすがにいないと思うが、ヨーチンも聞いたこと無いな~。60年代は、中身が「どんなものなのか」わからない商品がおおかったように記憶している。
(だから、チクロだとか、粉末ジュースだとか、不思議なものが横行してたんだろうけど)でも、郷愁をそそるものは、みんな「消えていったもの」たちだな~。
[ 2008/09/05 17:50 ] 吉岡冨美雄 [ 編集 ]
そうそう・・・チン懐かしい響きです。
今もあるのかしら?
私のこどものころは、
子供たちは結構ひざにマークのようにつけていたものです。
色が薄くなってきた頃にかさぶたができて。。
またそれを剥いて血がでるんですよね・・(笑)
みんなよく転んでたということでしょうかね・・
オキシドールもちょっとした恐怖でした(笑)
[ 2008/09/05 20:53 ] ROSEBELL [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

「チン○」赤チン塗った猛者の話。
私も聞いたことがあります。(笑)

あれって思い返せば都市伝説のようなものですよね。
だって赤い「チン○」なんてビジュアル的にも恐ろしい。(笑)

あの時代の「食」はパワフルそのもの。
賞味期限、消費期限、産地明記などの表記ってありましたか?
ま、大らかな時代ということで…。
[ 2008/09/06 03:12 ] ゆうや [ 編集 ]
ROSEBELLさま
お晩です。

かさぶたを最後まで待ちきれず、
必ず中途半端にめくった私です。(笑)

かさぶたの箇所は治りかけ時に痒くなりましたよね。
あれが我慢の壁を突き崩す要因だったと思います。

要因は兎も角として、
根本的に辛抱の足らないお子ちゃまであったことは、
紛れも無い事実。(笑)

一度でいいから、
つるんとした肌を、
かさぶたを取った下で見たかったものです。(笑)
[ 2008/09/06 03:33 ] ゆうや [ 編集 ]
赤チンなんてつけたら、イヤだ!
って言うでしょうね。
恥ずかしくて。。。

あの頃は、当然のようにつけていたわね。
不思議に効果抜群!?
あっ、薬に不思議は失礼ですわね(汗)
効くのが当たり前ですもの。
[ 2008/09/06 17:01 ] wakazukuri [ 編集 ]
赤チン、懐かしい・・・v-278
小学生までしかつけませんでした。
色が派手すぎて、お年頃の娘さんには酷な薬ですわ。

オキシドールは最近まで薬箱にありましたが、
子供うけが悪くて、悪くて・・・(当たり前か)。
ショワショワ泡が出るのが楽しくて、
子供たちの傷口に塗りまくってたら、
蹴飛ばされて、こぼれて、無くなってしまいましたv-406
まだ、薬局に売っていると思うのですが。
買ってこようっと。

あ!懐かし薬といえば「キンカン」。
現在も販売しておりますが、
私は蓋と、薬を患部に塗るスポンヂが一体型タイプが懐かしくて仕方ありません。
どなたかまだ持ってらっしゃらないですかねぇ?
20年位前は販売してたと思うんですけど(・・・昔杉)
[ 2008/09/06 17:36 ] kaori [ 編集 ]
こんばんわ!私、膝っ小僧に今でもわかる傷跡があって、よく転んだのでしょう。
傷は浅くなくっても赤チン!我慢して痛いの飛んで行け~でした。
そうそう、田んぼの側溝に『真っ赤チン』がゆうゆうと泳いでいました、こちらではアメリカザリガニのことをこんな風に言ってますわ、なんか浮かびましたので・・・
[ 2008/09/06 20:16 ] ウサコ [ 編集 ]
ゆうやさま、こんばんは♪

両膝の赤い色は、子供たちの勲章のようでもありましたね。
そして治りかけの「かさぶた」・・・これが取れそうで取れない時のまどろっこしさといったら・・!
えいっ!と取ってしまう勇気が、私にはありませんでした。
寝ているうちに、いつしかパジャマやタオルケットに引っかかり、朝起きてみると・・無い!
赤チンから始まった傷の煩わしさから、やっと開放された瞬間でもありました。
そうそう、オキシドールの白い泡の恐怖は、私も忘れられません。

それにしても、あんなに傷を作りつつも、次の瞬間には痛さを忘れて
懲りずに外を駆け回ったおおらかな子供時代が懐かしく思い出されます。
[ 2008/09/06 23:16 ] 水無月 [ 編集 ]
wakazukuriさま
お晩です。

いやいや、おっしゃる通り。
薬でありながら不思議に効果抜群でした。(笑)

今では色も付かずに沁みないマキロンがありますが、
赤い色であるとか、
白い泡が出るとかといった、
視覚に訴えてくれないと安心出来ない自分がいます。

全く古い人間になってしまったものです。はい。(笑)
[ 2008/09/07 00:30 ] ゆうや [ 編集 ]
kaoriさま
お晩です。

オキシドールによる虐待(?)ですね。(笑)
お気持ち分かります。
あれって見てると楽しいですから…(あくまで治療する側)
それに治療ですもの、正義の味方です。(キッパリ!)

♪キンカンぬって またぬって
 元気に陽気に キンカンコン


懐かしいCMのフレーズが甦りました。
あれは何にでも効く万能薬でしたね。
虫さされ肩こりに共用出来る効能がスバラシイ。(笑)

その懐かしボトル
私も記憶にありました。
もう無いでしょうね。(残念)
[ 2008/09/07 00:59 ] ゆうや [ 編集 ]
ウサコさま
お晩です。

『真っ赤チン』!!!

この歳になって初めて聞きました。
同世代ですが…笑)
なかなか正面きって言い辛いような呼称ですが、
視覚から直脳で翻訳されたような名称、
子供が言い易くて分かりやすいです。

田んぼの側溝で見つけた時に
「アメリカザリガニ!!」
なんて舌を噛みそうですものね。(笑)

外来種として繁栄する真っ赤チン
公害問題が引き金となり衰退した赤チン
悲喜こもごもな関係ですね。
[ 2008/09/07 01:14 ] ゆうや [ 編集 ]
水無月さま
お晩です。

唐突ではありますが…
子供時代の価値観って特殊なものがありますよね。

実は水無月さん。
ここだけのお話なのですが、
子供時代の仲間にK君というオトナシ系の子がおりまして、
シュチュエーションは忘れましたが、
皆で車座になり談笑していた時の事でした。
何を思ったかK君は、
膝小僧にあったかさぶたをめくり、
パクッ』と食べて見せました。

変な行動だったのですが、
皆一様に『おおお~』となって、
それがきっかけとなり、
彼の仲間内での位置関係が上昇した事がありました。

子供の世界っていうのは、
常識では計り知れないものです。

何故かそんなことを思い出しました。(笑)
[ 2008/09/07 01:29 ] ゆうや [ 編集 ]
塗ってる子、見かけないですよね。
少々の傷は、それを塗って治って
たものです。
特に膝小僧にね~。


[ 2008/09/07 01:29 ] あみ・もと [ 編集 ]
あみ・もとさま
お晩です。

昔の傷って暗黙の治療順序がありましたね。

先ずは「つば」
次に「赤チン」
そして「オキシドール経由の赤チン」
ラストは「ヨーチン」

なんかそんな順番だったと記憶しています。

もし今、
赤チンを半ズボンから出た膝小僧に塗ってる子を見かけたら…。

きっと飛びついて抱きしめちゃう気がします。(笑)
[ 2008/09/07 01:40 ] ゆうや [ 編集 ]
お早う御座います。

赤チン、ヨーチン、オキシドール・・確かに薬局へ行っても見掛けなくなくなりました。妻は赤チンでないと効かないと思っているらしく、探したのですが近所では置いている所はありませんでした。

確かにバンソーコをしている子供も殆ど見掛けなくなりました。小さな頃から、外傷を負う事も少なくなったのが、心にも影響しているのでしょうかね。。。

心の傷に効く赤チン必要なのかも知れません。
[ 2008/09/07 09:43 ] 親こあら [ 編集 ]
解説を読みまして初めて
赤チンやオキシドールなどの違いを認識させていただきました。
赤チンは小さい頃に何度かヒザに塗ってもらったと思うのですが、鮮明な記憶がなく・・・。子どもとして、野性味が足りなかったのかもしれませんが。
オキシドールは高校の頃、友達に聞いて前髪の脱色に使っていたことをふと思い出しました。^_^;
[ 2008/09/07 09:51 ] つぼみ [ 編集 ]
親こあらさま
お晩です。

おやおや、奥様も赤チン最強論者なのですね。
まるで同士を見つけた気になりました。(笑)

絆創膏…これはかなり昔からあった覚えがあります。
様々なサイズがあって、
絆創膏のサイズに合う傷の時は、
少し嬉しかったな。(笑)

『心の傷に効く赤チン』
よ~く考えてみれば、必要なのは子供ばかりではありませんね。
[ 2008/09/08 01:03 ] ゆうや [ 編集 ]
つぼみさま
お晩です。

女の子ですもの、
野性味に溢れてなくて何よりです。(笑)

私の場合は男の子でしたので、
つぼみさんとは思い出の視点が逆のようで、
オキシドールでの脱色のお話は知りませんでした。

調べてみたら、
オキシドールって殺菌剤&漂白剤なんですね。
同じオキシドールに対する思い出も、
性別や時代によって差があり面白いです。(笑)
[ 2008/09/08 01:13 ] ゆうや [ 編集 ]
赤チンにヨーチン、よく塗って貰った小学校の保健室。
『また、アンタかいな~!少しはおとなしぃしとき!』と先生のお言葉を頂き手当てして貰っておりました。

家では『そんな擦り傷は唾でもつけてたらすぐに治る』なんて言われつつ逞しく成長する私でした…はい。

[ 2008/09/08 21:46 ] 爺龍 [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です

学校の保健室…そして若い保健の先生v-344
というのはやはり妄想でしかなく、
かなりパワフルなおばちゃん先生。
そんな感じが現実でしたね。(笑)

もし、若い女の先生だったらヨーチンだって我慢できたはず。(笑)

そして大半の傷は唾で治した、
爺龍さんや私は悲して逞しいに決まってます。(笑)
[ 2008/09/09 02:01 ] ゆうや [ 編集 ]
こやけゆうや様、おはようございます。
「心の赤チン」のフレーズが胸にきます。
赤チンと聞けば、それはもう。
様々な思い出が蘇ります。
そうですよね。
保健室に若い保健の先生というのは
学園ドラマの中だけのこと。
蟹江敬三みたいな女性だった記憶が
あります。(笑)

仲間が派手に赤チンを塗っていると
なぜか先を越されたような気分。
もっとも片田舎で育った私が愛用
していたのはヨモギにつばを混ぜた
即席の止血剤でした。
きっと兄貴分より伝授されて、いつの
まにか習得していたのでしょう。

赤チン。
なつかしいです。
今は…腐ったモモみたいな色です。
あ。すぐに脱線する。(笑)
[ 2008/09/09 08:30 ] moukun [ 編集 ]
こんにちは♪

赤チン、懐かしいです。
あれ、膝が真っ赤になっちゃうんですよね。
子供の頃って、何であんなに転ぶんでしょうか?・笑

それにしても、心の傷の赤チン、今の子供たちには本当に必要ですね。

>心の赤チンを処方できる大人でありたい。

ゆうやさんの言葉に、ぐっときてしまいました。

[ 2008/09/09 17:53 ] みどり [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

ところかまわず脱線するその妙技
いつもながら師匠のには感服いたします。(笑)

己の土俵へと知らぬ間に引き込んでいく魔術は、
古の祖は甲賀者であったことの証です。

兄貴分から伝授されたという『ヨモギ止血の術』にも、
その忍びの血の一端が見え隠れしてみえますね。

そうか!きっと直系の祖先の方は、
くノ一にうつつを抜かしておられたな(笑)
[ 2008/09/09 23:48 ] ゆうや [ 編集 ]
みどりさま
お晩です。

みどりさんのような方にそのように言って戴くと、
「てへっ」っとなる私です。(笑)

でもね。
言葉と行動がシンクロしない己もよく知っています。
そんな政治家のような私自身を大人の目で肯定した時、
信義が霞んでしまうことも分かってきた今日この頃です。

子供の心に赤チンならば、
大人の心にはヨーチンが必要です。
自らの手でオキシドールを注ぎ込む勇気がある?

だんだん小さくなるゆうやでした。
[ 2008/09/10 00:20 ] ゆうや [ 編集 ]
ほら~私達が子供の頃って
なんでも 赤チン でしたよね?

だから自分の娘が転んですり傷
作っても当然 赤チン付けたんです。

そうしたら~次の日 体中に
でかい 蕁麻疹が出て
慌てて皮膚科へ・・・

何が原因か、解らず先生に質問され
この膝が1番腫れてるから
何か薬付けませんでしたか?と
聞かれ~あああ~赤チンつけました!

と思い出したのよ~赤チンには
水銀が含まれてるので
お子さんは、水銀アレルギーですと言われ
びっくりです。

この点滴で腫れが引かなかったら
入院ですと言われ・・・

たまたま点滴が効いて助かりましたが
2度と赤チンは使いませんでした。

私が子供の頃は平気だったのに~
でも・・・私達の身体にも
微量でも水銀が入ったって事ですよね? こわ~~v-12
[ 2008/09/18 20:41 ] 北の大地の かあちゃん [ 編集 ]
北の大地のかあちゃんさま
お晩です。

我々は互いに微量の水銀持ちです。(笑)

しかし娘さん、水銀アレルギーとは!
何はともあれ無事でよかったですね。

全く人の身体は見た目では判断つかないも、
私の弟は蕎麦アレルギーで、
それが分かるまでは時間がかかりました。
遠い親戚を含めても一人も同様のアレルギー体質はおらず、
不思議がったものです。

そう言えば昔のお菓子も危なっかしい物が多かったですね。
合成着色料なんて当たり前でした。

でも、それがまた美味しくて…。(笑)

少量の有害な物に魅力を感じてしまうのは、
そんな子供時代が原因なのでしょうか?(笑)
[ 2008/09/19 01:32 ] ゆうや [ 編集 ]
じつは害がある という理由で薬局からも我が家からもいつしか消えました。
ちちんぷいぷいビビデバビデブー の赤チンマンは、わたしの子供時代と共に消えちゃった…。

今やマキロンの時代ですが
黄色いリバガーゼと油紙も子供時代の香りです(//▽//)
[ 2008/09/21 01:01 ] たあひめ [ 編集 ]
たあひめさま
お晩です。

お返事遅くなりすみません。(汗)
ちょっと心に赤チン塗りに行ってたもので…。(反省)

で、油紙
何故か分かりませんが、
私、あの匂いに非常に惹かれる体質のようです。(笑)
そう思えばかなり薬品の匂いも好きな自分に気付きました。
私って病院匂いフェチなのでしょうか?(爆)

それにしてもあの油紙って、
ものすごく治癒への説得力があると思いませんか?
あの油紙に安心感を持つなんて、
やっぱり私って、?なのでしょうか?(笑)
[ 2008/09/23 23:58 ] ゆうや [ 編集 ]
こんにちは はじめまして
おもしろいv-411
じつに面白い。
そういえば
まったく赤チンて
見なくなりましたね。
なんか、子供の頃を思い出し
なつかしかったり、
ほのぼのだったり、、、
時代がのどかだったなー。

又来ますv-411v-222
[ 2008/10/26 09:14 ] 革職人 [ 編集 ]
革職人さま
はじめまして&お晩です。

せっかく来ていただいたのに、
開店休業状態ですみません。(汗)

私、悲しいくらいに更新ののろいのろまな亀なんです。(笑)

そして、
あの時代のように「のんびりと…」などと言い訳も上手なグウタラ者。

でも、心は純真です。(笑)
革職人さんのご訪問、心から嬉しく思います。

今後ともよろしくお願い致します。
[ 2008/10/28 01:04 ] ゆうや [ 編集 ]
 赤チンとはまた懐かしいですね。私も膝に何度か塗ってもらいました。オキシドールの泡は何だか面白くて好きでしたよ。女の子だから大した怪我をしなかったのか、痛みの記憶がありません。
 ところで昨日まで四日間、法事で帰省しておりました。懐かしい昭和の思い出めぐりもしましたよ。写真を一杯撮りましたがブログは相変わらずお休みしております・・・。再開は年を越えそうです。
[ 2008/10/28 02:48 ] Ivoryboat [ 編集 ]
Ivoryboatさま
お晩です。

う、う、うっ。
更新を怠けて、スポンサー記事を埋め込まれたページですみません。

せっかくIvoryboatさんにおいでいただいたのに…。(汗)

それにしても昭和の思い出めぐりの帰郷。
(あっ、法事でしたね。すみません)
ちょっぴり羨ましいです。

ご休憩なさっているブログの方も、
何やら来年には復活とのこと。
楽しみにしています。

で、復活は『小花倶楽部』なのでしょうか?
またお知らせくださいませ。
[ 2008/10/28 23:56 ] ゆうや [ 編集 ]
 お早うございます。再開するときにはきっとご挨拶に参ります。多分別の名前で新たに立ち上げると思います。
 父の七回忌でしたが、母の齢を考えるとこれが最後のチャンスかもと思い、あちらこちらを訪ねました。
 色々と幸せな偶然もあったりして充実した帰省でした。
[ 2008/10/29 06:40 ] Ivoryboat [ 編集 ]
Ivoryboatさま
再びお晩です。

良い親孝行が出来たようですね。
お母様のお喜びが見えるようです。

別の名前での新たな再開
心よりお待ち申し上げております。
必ずご連絡下さいね。

その日までには少しは更新する意気込みです。(笑)

[ 2008/10/30 01:55 ] ゆうや [ 編集 ]
ありがと。
[ 2008/12/07 11:38 ] moukun [ 編集 ]
コメント有難うございました!
気長~に、更新待って
ますからね☆
[ 2008/12/16 20:56 ] あみ・もと [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

こちらこそ。(笑)

お返事遅れてすみません。
[ 2009/01/01 01:16 ] ゆうや [ 編集 ]
あみ・もとさま
お晩です。

すみません。
お返事さえも遅れて…(反省)

なが~く寛大に待っててください。
でも、見捨てないでね。(笑)
[ 2009/01/01 01:19 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。