2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

涙の太陽

ギラギラの太陽 は
もはや私の味方ではないのか…。

などと、逆恨みしたくなるような最近の夏。


地球温暖化という言葉もなく、
紫外線対策も声高に叫ばれなかった昭和の時代。


若かった事もあるのでしょうが、
ギラギラの太陽私の味方でした。



そんな昭和48年(1973年)
安西マリアさんの「涙の太陽」が発売されました。

マリア登場/涙の太陽


日本人離れした顔立ちの、
スタイル抜群の彼女が 抜群は死語?(苦笑)

♪ギ~ラギ~ラ太陽が
 燃えるように~


と、歌いながら掌を小刻みに揺らすギラギラ光線に、
青年ゆうやはメロメロになりました。
               「涙の太陽」の歌詞はこちら…


後年の安西マリアさんですが…
安西マリア = 涙の太陽 安西マリアさん「涙の太陽」

当時の安西マリアさんです。この曲もヒットしました。
Maria Anzai - Sayonara Harbor Light 安西マリアさん「サヨナラ・ハーバーライト」



湯川れい子さん作詞、中島安敏さん作曲のこの楽曲は、
昭和40年(1965年)にエミー・ジャクソンさんが歌い、
ヒットさせていたそうですので、
私の聞いた安西マリアさんの歌は日本語カバーバージョン


エミー・ジャクソンさんが歌った英語の歌詞は覚えていなくても、
そのメロディが脳裏に残っていたからでしょうか、
初聴で見事にハマッタ私でした。

 Japan 1960-1970 Pt.1 涙の太陽 エミー・ジャクソンさんの歌声



あの時代、
確かにギラギラの太陽私の味方でした。


ブルース・リーさんが急死され、
オイルショックによるトイレットペーパーパニックが起こり、
小松左京さんの日本沈没が売れた年でしたが、


そんな失望や不安を、
さほどの現実感もなく、
天地真理さんの恋する夏の日を謳歌していられた、
ゆるくて平和な学生時代でした。

それ故に太陽は私の味方だったのでしょう。


もちろん、
そんな現実感の無さを肯定するつもりはありませんが、
いづれ直面する生きていく本当の苦労は、
少なくとも義務教育期間には現実味の無いものとして、
ギラギラの太陽を味方に動き回る、
しなやかな時代であって欲しいと思います。


その後「涙の太陽」は、
田中美奈子さんやメロン記念日さんらにカバーされています。
いつの時代でも受け入れられる名曲なのですね。


そう言えば当時…

♪知っているのにしらんふり
 な~ぜ な~ぜ なの~


の部分がやたらコントに取り入れられていたようで、
よく子供が真似をしていた記憶があります。
あれって私の思い違いなのかしらん…


さて、
ギラギラの太陽再び味方にする日を夢見て、
今宵はそろそろ眠りにつきます。


…おっと、クーラーのタイマーを…。


マリア登場/涙の太陽マリア登場/涙の太陽
安西マリア

曲名リスト
1. 涙の太陽
2. 砂に消えた涙
3. マイ・ボニー
4. アイドルを探せ
5. ビー・マイ・ベイビー
6. 恋の日記
7. 涙は春に
8. ジョージ・ガール
9. ボーイ・ハント
10. ゴーカート・ツイスト
11. 雨の御堂筋
12. 悲しき片想い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



歌う明星(1)赤盤歌う明星(1)赤盤
オムニバス

曲名リスト
1. 美しい十代 / 三田 明
2. ウエディング・ドレス / 九重佑三子
3. 新聞少年 / 山田太郎
4. こまっちゃうナ / 山本リンダ
5. 逢いたくて逢いたくて / 園 まり
6. 二人の銀座 / 山内 賢・和泉雅子
7. 霧の摩周湖 / 布施 明
8. 恋のハレルヤ / 黛 ジュン
9. 星のフラメンコ / 西郷輝彦
10. ゆうべの秘密 / 小川知子
11. オリビアの調べ / フォーリーブス
12. 恋泥棒 / 奥村チヨ
13. 京都の恋 / 渚ゆう子
14. 手紙 / 由紀さおり
15. 夜汽車 / 欧陽菲菲
16. ひなげしの花 / アグネス・チャン
17. 涙の太陽 / 安西マリア
18. てんとう虫のサンバ / チェリッシュ
19. みずいろの手紙 / あべ静江
20. あこがれ / 大場久美子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ついでなので…

歌う明星(2)青盤歌う明星(2)青盤
オムニバス

曲名リスト
1. 霧の中の少女 / 久保 浩
2. 回転禁止の青春さ / 美樹克彦
3. 虹色の湖 / 中村晃子
4. 恋の季節 / ピンキーとキラーズ
5. 夕月 / 黛 ジュン
6. 初恋のひと / 小川知子
7. 夜明けのスキャット / 由紀さおり
8. 恋の奴隷 / 奥村チヨ
9. 黄色いサクランボ / ゴールデン・ハーフ
10. 空に太陽がある限り / にしきのあきら
11. さらば涙と言おう / 森田健作
12. 青いリンゴ / 野口五郎
13. 恋の追跡(ラヴ・チェイス) / 欧陽菲菲
14. 初恋のメロディー / 小林麻美
15. 私は忘れない / 岡崎友紀
16. わたしの彼は左きき / 麻丘めぐみ
17. 情熱の嵐 / 西城秀樹
18. イルカにのった少年 / 城 みちる
19. 木枯しの二人 / 伊藤咲子
20. ハロー・グッバイ / 柏原芳恵

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

[ 2008/07/22 02:16 ] 昭和の名曲 | TB(0) | CM(28)
♪知っているのにしらんふり
 な~ぜ な~ぜ なの~
確かに小松政夫がパロってましたね。
そしてブルース・リーが亡くなり映画が大ヒット。また、レインボーマンだったか?オイルショックでトイレットペーパーの買い占めシーンがその当時の世相を描き出していました。
子供心に紙が無くなったらトイレが…と心配した記憶も(苦笑)
当時、安西マリアや夏木マリなど小学生の私には刺激の強いアイドルでした…はい。
[ 2008/07/22 21:19 ] 爺龍 [ 編集 ]
安西マリアさんが♪ギラギラ太陽が~と歌うときの、手を顔の横で振る振り付けがとても印象的でしたね。すごくお綺麗な方ですよね。

それにしても、こちらの「歌う明星」赤版、青版、曲名をみ手いるだけで胸がときめきますね~。欲しいです~。
[ 2008/07/22 21:19 ] みどり [ 編集 ]
ご無沙汰してました。
愛知県の暑さは堪りませんね・・・
すでに夏バテ状態ですよ。
「ギラギラ太陽」歌は好きですが
本物太陽は私には眩しすぎます(苦笑)
そういえば「明星」「平凡」雑誌よく
買いましたよ。
おまけのポスターが嬉しくてね♪
[ 2008/07/22 23:40 ] こゆ母 [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です。

そうでした!そうでした!
小松の親分さんが使ってましたね、このフレーズ!

夏木マリさんの「絹の靴下」もこの年でしたね。
少年を誘う込むようなフィンガーアクションには、
これまたヘロヘロになったゆうやでした。(笑)
[ 2008/07/23 01:08 ] ゆうや [ 編集 ]
みどりさま
お晩です。

そうなんです。
私は安西マリアさんのギラギラアクションに負けたのです。(笑)

で、何だか良いでしょ。
この赤版青版。(笑)

ちなみに私は今、
YouTubeで渚ゆう子さんの「京都の恋」を聞きながら、
これを書いてます。

はかどるような、そうでないような…(笑)

[ 2008/07/23 01:33 ] ゆうや [ 編集 ]
こゆ母さま
お晩です。

う、う、う、う、う。(涙)
こゆ母さまお久しゅうございます。(泣)

こんな不定期更新の軟弱ゆうやをお見捨てにならず、
ご訪問いただき、更にコメントまで…。

ゆうや感激!!
(ヒデキではありません、ゆうやです)

私も付録の歌本欲しさに「明星」「平凡」よ~く買いました。

内緒ですが…
五十嵐じゅんさんのポスター貼ってました。(笑)
[ 2008/07/23 02:09 ] ゆうや [ 編集 ]
 かれこれ、35年前ですか・・・。いや~、当時中学3年生。フシダラナ「甘い誘惑」?に弱い年齢。(そりゃ、お前だけだろ、みんなもっと「善良」だよな)「お色気」に完全に「ノックアウト」してた気がする。金井克子の「他人のふたり」(あの、手旗信号のような振り付けの歌)とか、今思えば
「大人の歌」が流行ってたかと思うけど、ご存知「中三トリオ」とか、フィンガー5の全盛期で、いろんなジャンルの人たちが、競い合ってた「面白い時代」だったかな?とも感じる。その後、「キャンデーズ」や「ピンクレディー」の時代になることを考えると、
「ミクスチャー」な雰囲気を漂わせていた「時期」じゃないかと思います。
[ 2008/07/23 18:22 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
こやけゆうや様、こんばんは。
諸先輩方より若干追っかけ気味の私。
でも覚えてますよ。
安西マリアさん。
なんだか幼かった私にイケナイ事を
沢山教えてくれそうで。(笑)
それだけでも胸一杯の感だったのですが
諸先輩方より「絹の靴下」及び
「金井克子さん」まで登場すると、
恥ずかしい過去を暴露せずにはおれません。
「何故、大きくなっちゃうんだろう?」
失礼しました。
話をすりかえて、明星・平凡。
列記された曲名を眺めるだけで、
なぜか幸せな気分になるのはどうして
なのかなぁ?
最期になりますが、ゆうや様。
くれぐれもクーラーのタイマー。
忘れないでくださいね。
風邪ひいちゃうから。(笑)
[ 2008/07/23 19:50 ] moukun [ 編集 ]
今晩は!!

昔は日焼けした肌は健康の象徴だったのですが、女性は勿論の事、日焼けした男性も余り見なくなりました。
日焼けは皮膚ガンの原因になるとか・・昔、読んだSFに未来は宇宙服のような物を着ていると言うのがありましたが、最早、そんな時代に近づきつつあるのかも知れません。

ギラギラの太陽は近い将来バーチャルでしか楽しめなくなるかも知れません・・
[ 2008/07/23 20:19 ] 親こあら [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

ミクスチャー」な時代。
まさにその通りの音楽ごった煮時代!?(笑)

振り返ると本当にいい時代であったと感慨深いです。

昭和48年に中学3年生ということは…
吉岡さんと私とは同級生?かな。(笑)

『愛染かつら』の主題歌、
旅の夜風」を妙に覚えていたり、
『てなもんや三度笠』を見ながら、
前田のクラッカー」を食べたり、
小学生のブンザイで、
森山加代子さんの「白い蝶のサンバ」を歌ってませんでしたか?(笑)

私は時折そっとこれを見て、PCの前で歌ってます。(笑)
   ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=pMf-NwJE5fQ
[ 2008/07/24 02:24 ] ゆうや [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

いや~んv-238
諸先輩方なんて若いふりしちゃって。
40過ぎたら皆同じなの、年なんて取らないのっ!(笑)

で、なになに?
大きくなっちゃったの?(ニヤリ)
ばかねぇ~夏木さんよ!
マリさんにかかったらみんなそうなるのっ。
それを男の定石っていうの。
覚えといてね。(笑)

でね、それは幾つになっても定石のままなのよ。(笑)
   ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=DDEkA5QFdLY

話をスリカエられて明星の赤盤
話を戻すように園まりさんの逢いたくて逢いたくて
   ↓ 
http://jp.youtube.com/watch?v=UK9ld3g2MD4
いったいこの時いくつだったのかしら?
女性は魔物のようでしょっ。(笑)

PS.風邪は大丈夫だったけど、蚊にさされちゃいました(汗) 
[ 2008/07/24 03:04 ] ゆうや [ 編集 ]
親こあらさん
お晩です。

最近耳にしたのですが、
日傘をさす女子校生が出現しているとか。

非常に微妙な感じがします。

親こあらさんがおっしゃるように、
夏休みに真っ黒になって遊ぶ子供達を見かけなくなりました。
我々が子供の頃と今では、
太陽のギラギラもかなり変わっているようですね。

昔の夏は今ほどイヤな暑さではなかったと思います。

我々の子供の頃の環境をとするなら今は
可哀相なのは今の子供達の方でしょう。

環境が変わっていくのを
子供達より感じることが出来る我々です。
率先して環境を守りたいと思います。

それにしても日傘とは…(苦笑)
[ 2008/07/24 03:18 ] ゆうや [ 編集 ]
 何だか、「1973年」のことを思い出したら、いろいろな「情景」が浮かんできました。あの頃の「夏」って、確かに「気持ちいい」暑さだったと思います。(それは「少年」だったせいかもしれませんけど。)海辺に行くと、素敵な女の子に出会ったり(スケベ?だよな)、暑いところにいても、あまり気にならなかったと思う。それはなんでかな~と考えると、「いつもワクワクしながら生活してた」からだと思うんだけど。「ワクワク」「ドキドキ」していると、「周りの些細なこと」なんか「気にならない」んだよね。「思い出の夏」をまた「経験」したいと思うのは、「オヤジの幻想」なのか?(まっ、今時「ベルボトムジーンズ」はいて、色つきの「ランニング・シャツ」着るっつうのも、流行らないか・・・)
[ 2008/07/24 18:08 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
吉岡さま
再びお晩です。

ベルボトムジーンズ」に「ランニングシャツ」ですか!
それもの。(笑)

決して今でも変じゃないと思うのですが、
如何せんこのが、が…はぁ~らぁ~がぁぁぁあああ!
当時とめっきり変ってしまったのは、
環境よりもこの体…(泣)

そんなゆるい身体を愛嬌でごまかし、海にでも行ってみれば、
きっと昔のように「ワクワク」「ドキドキ」するのでしょうが、
周りの些細なことが気になるようになった己に気付き、
じわり、と肌に染み込む暑さがスケベ心を萎えさせる。
そんな年輪を感じるに違いありません。(笑)

あ~あ、それでも「あの夏」を求めてしまいますね。



[ 2008/07/25 00:38 ] ゆうや [ 編集 ]
好きでしたね。
歌も彼女も。
でも、夏は苦手な私です。
彼女みたいにスタイルはよくないのに、超ミニで。。。
あ~思い出しただけで恥ずかしいわ(汗)
あはっ、若気の至りで。。。

急に涼しくなりました!?
ぞっ!
[ 2008/07/25 00:39 ] wakazukuri [ 編集 ]
wakazukuriさま
お晩です。

v-238v-238v-10

おっと、
wakaさまが超ミニブイブイいわしてた頃を想像して…(笑)

何と言っても「若気の至り」っていいものですよね。
だって若いから至っちゃうわけで、
その直線的なパワーで全てを圧倒する様は、
気持ちのいいもの(?)です。(笑)

しかし、私のようにそれに甘えきって過ごしていると、
知らず知らずの内に「薄毛に至り」っとなる訳で…(焦)

そんな行き過ぎた私の「若気」はカーリーにした髪でした。(笑)
[ 2008/07/25 01:46 ] ゆうや [ 編集 ]
歌いました、踊りました。
「ら」の感じがちょっとくるっとした甘ったるい感じの発音で。
かっこよかったですよね~。

ゆうやさん、ああいうタイプがお好みでいらしたのですね。(#^.^#)

明星、平凡、毎月買っていた気がします。あの頃の歌はほとんど歌えますね、今でも。なぜあんなに覚えられたのか不思議です。

小学生のくせして、「水色の手紙」まねしていたこと、ふと思い出しました。^_^;
[ 2008/07/27 20:55 ] つぼみ [ 編集 ]
('-'*)おひさっ♪でした。
内地・・・死語・・・方言・・・
は凄く暑いようですが・・・
私の市は冷夏ですよ~半袖昼間しか
着れません~ギラギラ太陽が~
顔出しませんねv-12

この人美人でしたよね?
ハーフだったのかしら?
覚えやすい曲でよく歌ったものです。
懐かしいわ~
[ 2008/07/28 16:00 ] かあちゃん [ 編集 ]
つぼみさま
お晩です。

実は私。
好みの女性に対するウィングが広くて広くて…(笑)

つぼみさん角川3人娘ってご存知ですか?

当時一世を風靡した、
薬師丸ひろ子さん、原田知世さん、渡辺典子さんの3人です。

当時はの原田知世さんファン
それから渡辺典子さんが気になって心の順位逆転
5年ほど前から原田知世さんファンに戻り
最近では薬師丸ひろ子さんがお気に入りです。(笑)

これって浮気症???(笑)

ま、私も当時の歌は完璧に歌えますので、
それに免じてご勘弁を…。(笑)
[ 2008/07/29 00:32 ] ゆうや [ 編集 ]
北の大地のかあちゃんさま
お晩です。

えっ!?
半袖が着れないほど涼しいのですか?

正直羨ましいです。
こちらは息をするのもうっとおしい程の暑さ…。(汗)

全く日本の広さを思い知りました。

でもそちらは内地には無い冬の寒さがありますから、
きっとですね。(笑)

安西マリアさんはクウォーターとのこと。
どおりで彫りの深い美人でしたね。

昔の歌ってシンプルだったのでしょうか。
本当に歌い易く出来ていたと思います。
それとも年とったのかなぁ?(笑)
[ 2008/07/29 00:49 ] ゆうや [ 編集 ]
こやけゆうやさん
お久しぶりです。以前如月はじめのHNで時々お邪魔してました。おぼえておられますか?
あれから一旦ブログを止めていたのですがこちらにはひそかにお邪魔し読ませていただいてました。
今度はROSEBELLのHNでまたブログを再開しました。
よければまた遊びに来てください。
懐かしい昭和のお話も以前のものにプラスしてまた書き始めましたのでブログ村の昭和レトロにも登録しました。
またよろしくおねがいします♪
[ 2008/07/30 20:58 ] ROSEBELL [ 編集 ]
ROSEBELL(旧姓如月はじめ)さま
お晩です。

お久しゅうございます。(涙)

もちろん覚えておりますよ。
「想いではセピア色」でしたよね。

『三丁目の夕日』のことで盛り上がってましたね。
諸事情によりブログ休止されたようで、
お友達が去ってしまい、ゆうやは悲しゅうございました。(泣)

ま、私のブログも年中休止状態なので…(笑)

ご訪問いただき嬉しかったです。
そちらへも遊びに伺いますね。

これからもよろしくお願いします。
お互いのんびりやりましょう。(笑)
[ 2008/08/01 00:07 ] ゆうや [ 編集 ]
こんにちわ!先日は私のブログに来ていただきましてありがとうございました。実はゆうやさんのブログをブックマークにいれさせていただきました。
事後報告になってしまいましたが、ご迷惑でしたらいつでもおっしゃってください。よろしくおねがいします。
[ 2008/08/04 20:38 ] ROSEBELL [ 編集 ]
ROSEBELLさま
お晩です。

ブックマーク光栄に賜り感謝です。

が、がんばって更新します。(笑)
[ 2008/08/05 01:27 ] ゆうや [ 編集 ]
ご無沙汰しています。
お元気そうで何より(^O^)
マリアさん 子供心に憧れた理想のカッコいいお姉さんでした。
山本リンダさんは今のほうが素敵だな(=^▽^=)
なんて
昔からファンの女性シンガーはなぜか名前がカタカナ(・_・;)
今は松下奈緒さんが
理想の女性像です。
わたしは
生徒からヤンクミ!と言われつつ(-_☆)
夏休みも仕事と家庭に振り回され、昼寝しています(^_^;)
[ 2008/08/14 21:59 ] たあひめ [ 編集 ]
たあひめさま
お晩です。

よっ。ヤンクミ
一気にたあひめさんのイメージが膨らんだゆうやです。(笑)

>昔からファンの女性シンガーはなぜか名前がカタカナ

と言うことは…

山崎ハコ…?
宇多田ヒカル…?
木の実ナナ…?
研ナオコ…?
辺見マリ…?
夏木マリ…?

って方々に惹かれるのですね。
まぁ揃いも揃って個性派です。(笑)

で、松下奈緒さん。
彼女の本当の正体は何なのでしょうか?(笑)
多才で美人でスタイルも抜群。
  ・
  ・
  ・
がんばれ!ヤンクミ!!!!(笑)
[ 2008/08/16 01:04 ] ゆうや [ 編集 ]
湯川れいこさんと言えば、
アメリカントップ・フォーティー。
ラジオ関東?でしたっけ、
しかし、いつ来てもこのページは
いいですね。
ありがとうございました。
[ 2008/08/19 23:00 ] やす [ 編集 ]
やすさま
お晩です。

実はこの私、
湯川れいこさんの事は全く知りませんでした。(汗)

調べてみたら、やすさんのおっしゃってみえた通り、
DJもおやりになっていたようですね。
世の中には多才の方がみえるのですね。(笑)

そろそろ北京オリンピックも終盤。
やすさんはまだ中国に滞在していらっしゃるのでしょうか?

私の分まで生の応援を日本選手に送ってくださいね。

がんばれ!ニッポン!(笑)
[ 2008/08/20 02:42 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。