2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニッポン無責任時代

1962年7月に封切られた
東宝クレージー映画の記念すべき第1作です。

脚本は「若大将シリーズ」でお馴染みの田波靖男さんと
「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」などの松木ひろしさんの共著。
監督は「日本一のホラ吹き男」「海の若大将」などを撮った古澤憲吾さんです。

とにかく植木等さん演じる平均(ヘイキンと書いてタイラヒトシと読ませるあたりもトコトン行っちゃってます)のたくましさが凄い!のです。

無責任で要領がよく、口八丁で物怖じしないキャラクターですが、
黄色いスーツに蝶ネクタイの植木等さんが豪快に演じきっているため、
まったく嫌味のないナイスガイとして心に残ります。

それどころか見終わった後には「よし!何とかなるサ!」
と言う根拠のない自信に満ちた自分がいるから不思議です。

そのがぶり寄りのような力強さはポスターのキャッチにも見て取れます。

ドンと行こうぜお姐ちゃん!
気楽に儲けてスイスイ出世!
地上最大の無責任映画登場!


仕事はハッタリ
浮気はオトボケ
恋だけ純情?


クレージーの妙味と
お姐ちゃんの魅力を
タップリ盛り込んだ
ゴキゲンの大型喜劇


メガトン級の狂騒曲!
スーダラ社員とお姐ちゃん!


どうですか?この強引なキャッチコピー
地上最大の無責任映画って言い切るあたりの潔さに脱帽です。
しかし、「お姐ちゃん」や「ゴキゲン」などの昭和言葉は懐かしいですね。
ポスターには「」ともありました。
これも今や当然のように死語です。

また、映画の中の挿入歌も見逃せません。
すべてクレイジーキャッツを代表するナンバーばかりが、
これでもかと惜しげもなく楽しめます。

「無責任一代男」
「ハイ、それまでヨ」
「スーダラ節」
「ドント節」
「五万節」
「やせがまん節」

(すべて作詞青島幸男さん作曲荻原哲昌さん)

私は無責任一代男の
♪ガキの頃から調子よく 楽して儲けるスタイル!
のフレーズにはまっています。

軽薄で調子のいい人を指す意味の
C調って言葉はこのあたりから使われたようです。

どうもジャズマンを中心とする
ミュージシャンの楽屋言葉として使われ始めたようです。

私自身はサザンの「C調言葉に御用心」で知ったのですが、
いかにもクレイジーキャッツらしいと思いました。

彼らがジャズバンドであったことを忘れてはいけませんね。

ハナ肇さん(ドラムス)
植木等さん(ボーカル&ギター)
谷啓さん(トロンボーン)
犬塚弘さん(ベース)
安田伸さん(テナーサックス)
石橋エータローさん(ピアノ)
桜井センリさん(ピアノ)

しかし、このメンバーの内5人が他界され、
谷啓さん、犬塚弘さん、桜井センリさんしかご存命でないことが残念でたまりません。


昭和の高度成長期から生まれ出たこのキャラクターが、
もし今の世に舞い戻ったとしたら、
もう少し明るい世の中にしてくれそうな気がしませんか?

以前にも2回ほど見た映画でしたが、
今年の3月27日に植木等さんが天国へ旅立たれことにより、
是非ともまた見てみたいとの欲求が大きくなり…

本日それを叶えました。

…ちょっとデータ…
映画の中で平均が同僚の佐野さんとビールを飲むシーンがありますが、ビール2杯とピーナッツで240円とのこと。
調べてみると昭和34年にはビール1本(633ml)125円ほどでした

ニッポン無責任時代
ニッポン無責任時代クレージー・キャッツ 古澤憲吾 重山規子


おすすめ平均 star
star植木等さんがなくなりましたが、この映画が僕は最高傑作と、推薦します!
star実はスーパーサラリーマンの物語だった!
starこのDVDを見て元気になろう
star「あたりまえのことをあたりまえにせよ」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クレージーキャッツ 無責任ボックス (初回限定生産)
B0009Y2942クレージーキャッツ

東宝 2005-09-30
売り上げランキング : 18034

おすすめ平均star
star戦後ニッポンのヒーロー平等
starバッチリいきてえなア
starいろいろあるけど・・・・・星5つ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト

[ 2007/07/11 03:10 ] 昭和の名画座 | TB(0) | CM(2)
 はじめまして。私「吉岡富美雄」と申します。「思い出の昭和」や「少年ファンタジー」さんのブログに時折「お邪魔虫」している48歳の「おっちゃん」です。貴兄のブログを拝見し、お便りしたいと思いました。かれこれ20有余年前、よく「オールナイト」で「無責任シリーズ」を見ていました。(あの当時、まだビデオソフトは高く、1本2万円ぐらいしてましたしね)高度経済成長を「リアルタイム」で感じることの出来る「貴重な」シリーズのひとつだと思います。私には昭和31年生まれの兄がいますが、兄いわく「サラリーマンって、ほんとに映画の中のように、気楽なもんだと思ってた」と言ってましたが、「映画」って、本当に「影響力」のあるものだったんだなとあらためて感じました。
私の年代だと、どちらかというと「テレビ」だと思うのですが、たまに見た「怪獣映画(当時は、特撮なんて言わなかったな~)には、いまでも「心ひかれる」ものがあります。思えば「植木等」さんのような「個性派」俳優さんは、昭和40年代ぐらいまでのように思いますが。
[ 2007/10/31 17:54 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
吉岡富美雄さま
お晩です。

ご訪問いただき心より感謝いたします。
私は昭和32年生まれですので、
ちょうど吉岡さんとお兄様の間の世代です。
たぶん吉岡さんと同じくテレビ世代だと思われます。
やはり子供時代の映画は「怪獣映画」で、モスラをこよなく愛してます。
クレイジー映画はリアルタイムではなく、再演やDVD。
きっと吉岡さんと同じような感じであったと思います。(笑)

おっしゃるように昔のスターは文字通りスターでしたね。
当時のヒット曲と同じように、
日本中の老若女男に幅広く支持されていました。

最近の缶コーヒー「ワンダ」のCM。
桑田佳祐さんとの競演が素敵な植木等さんですが、
やはり今でも存在感は抜群ですね。(笑)

「思い出の昭和」さんにはとてもお世話になっておりますが、
「少年ファンタジー」さんの所は存知あげておりませんでした。
今度おじゃまさせてもらいます。

拙いブログですが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[ 2007/10/31 20:36 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。