2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キャンディーズ、復活。

DREAM PRICE 1000 キャンディーズ 年下の男の子



今から30年前の今日、4月4日
キャンディーズは解散し、そして伝説となりました。



CANDIES キャンディーズ 解散宣言 「普通の女の子に戻りたい」
                 1977年7月17日 日比谷野外音楽堂 解散宣言



日中平和友好条約調印がなされ、
「スター・ウォーズ」の封切りや、
江川卓投手の「空白の1日」問題が起こった年。

そうそう「ナンチャッテおじさん」が現れたのもこの年でした。


堀内孝雄さんの「君のひとみは10000ボルト」
山口百恵さんの「プレイバックPart2」
サーカスの「Mr.サマータイム」
などが街に流れていた年。


ライバルと呼ばれていたピンクレディ
「サウスポー」「モンスター」のヒットを飛ばした昭和53年



彼女らのラストシングル
「微笑がえし」が初めてオリコンで1位になり、
後楽園球場に5万人を集めた伝説の解散コンサートへと
疾走していきました。


CANDIES キャンディーズ ファイナルカーニバル

キャンディーズつばさ「私たちは幸せでした!」感動のラストシーン 「私たちは幸せでした!」ラストソング



あの日から今日で30年です。



学生運動も下火になっていた1970年代の後半、
そんなパワーを受け継ぐが如く、
大学生が中心となった全国キャンディーズ連盟が発足。
アイドル親衛隊の走りのような組織でした。


彼らも私も、30年経てばよれた背広のおっさんです。
そして、酸いも甘いも咬み分けられるおばさんです。


しかし、外見に惑わされてはいけません。
内なる熱い想いは当時さえしのぐ場合もあるようで…。


 
本日、全国キャンディーズ連盟の有志の方が尽力され、
30年ぶりにキャンディーズが復活します。
(彼女たちが集う訳ではなく、フィルムコンサートですが…)



当時の大人に扱われてしまうままでなく、
自分の意思を貫いた彼女たち。



音楽的才能も高く、
バラエティーまでも完璧にこなし、
時間を止めたままで消えたキャンディーズ。


ヤングおー おーキャンディーズ・バイバイ・パーティ  「ヤングオーオー」
               キャンディーズ バイバイ・パーティ


Migoro tabegoro

キャンディーズ   ラン助、スー吉、ミキ子 「みごろ!たべごろ!笑いごろ! 」
               悪ガキ一家と鬼かあちゃん


Candies キャンディーズ 童謡大全集 「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」 童謡大全集

 キャンディーズ 見ごろのテーマソング 「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」のテーマ曲


 キャンディーズ あたしのぅお~したらいいのぉ~っ 「8時だョ!全員集合」 少年少女合唱隊



不世出の女性ユニットでした。



さて、五十路のはっぴが舞うのでしょうか?
五色のテープが乱れ飛ぶのでしょうか?



私はその場に参集いたしませんが、
その様子など分かりましたらここに追稿し、
昭和のキャンディーズ完結したいと思います。



今日の同窓会に行かれない皆様。
Pcの前で歌っちゃいましょう!
あなたはどの曲に思い出を重ねてますか?


Candies – ANATANI MUCYU あなたに夢中


キャンディーズそよ風のくちづけ そよ風のくちづけ


キャンディーズ 危ない土曜日 危ない土曜日


キャンディーズ      年下の男の子 年下の男の子


キャンディーズ内気なあいつ 内気なあいつ


キャンディーズ・その気にさせないで その気にさせないで


キャンディーズ ハートのエースが出てこない ハートのエースが出てこない


キャンディーズ  春一番 春一番


キャンディーズ 夏が来た! 夏が来た!


キャンディーズハート泥坊(衣装3パターン) ハート泥棒


キャンディーズ 哀愁のシンフォニー 哀愁のシンフォニー


キャンディーズ・やさしい悪魔 やさしい悪魔


キャンディーズ・暑中お見舞い申し上げます 暑中お見舞い申し上げます


キャンディーズ・アン・ドゥ・トロワ アン・ドゥ・トロワ


キャンディーズ わな わな


キャンディーズ・微笑がえし 微笑がえし




最後に今回のコンサートにあたり
全国キャンディーズ連盟2008
公式ウェブサイトに流れたコピーを引用します。


当時の学生の檄文を彷彿させる銘文でした。



キャンディーズを愛する友たちへ


1978年4月4日 君はどこで何をしていたか…。
この日、キャンディーズは解散した…。

僕たちはキャンディーズの真実を知っている。

わがままで解散したのではない。
不満があって解散したのではない。
目的があって解散したのではない。

時代を共有したすべての仲間たちの、
夢を夢のまま終わらせるために、3人は消えた。

僕たちは解散を支持した。
そして、いつのまにか、時が過ぎた。

仕事に没頭する友がいる。
生きる意味を探し続ける友がいる。
死んでしまった友もいる…。

僕たちはまだここにいる。
キャンディーズと一緒に今を生きている。

1978年4月4日
後楽園球場 キャンディーズファイナルカーニバル フォーフリーダム
キャンディーズが解散したあの日、僕たちは新しい旅に出た。



2008年4月4日
30年の時を超え、僕たちはまた、後楽園に結集する。


全国キャンディーズ連盟2008 有志一同

全国キャンディーズ連盟2008・公式ウェブサイトより


昭和復刻舎関連記事「春一番」はこちら


キャンディーズ1676日キャンディーズ1676日
キャンディーズ 竜真知子 林春生

曲名リスト
1. キャンディーズ
2. あなたに夢中
3. はぐれた小鳩
4. なみだ草
5. 危い土曜日
6. なみだの季節
7. 年下の男の子
8. 私だけの悲しみ
9. 悲しきためいき
10. くちづけのあと
11. 愛の瞬間
12. 内気なあいつ
13. そよ風のくちづけ

1. その気にさせないで
2. バイ・バイ・センチメンタル
3. どれがいいかしら
4. 片想いの午後
5. 秋のスケッチ
6. 二人のラブトレイン
7. 春一番
8. さよならバイバイ
9. 恋のあやつり人形
10. 夏が来た!
11. 帰れない夜
12. ハートのエースが出てこない

1. やさしい悪魔
2. あなたのイエスタデイ
3. SAMBA NATSU SAMBA
4. ハート泥棒
5. オレンジの海
6. 哀愁のシンフォニー
7. 暑中お見舞い申し上げます
8. ミッドナイト・ハイウェイ
9. 今日から私は
10. 素敵な魔法使い
11. アン・ドゥ・トロワ
12. HELLO!CANDIES
13. わな
14. 微笑みがえし

1. ISABELLE
2. LET IT SHINE
3. SUGAR CANDY KISSES
4. IT’S GONNA BE A COLD COLD CHRISTMAS
5. ALL YOU GET FROMLOVE IS A LOVE SONG
6. SE PIANGI,SE RIDI
7. DANCE,DANCE,DANCE
8. MIDNIGHT LOVE AFFAIR
9. LOVE FEVER
10. MUSCULIN SINGULIER
11. STEEL WILLIE
12. INSIDE A BROKEN DREAM

1. 銀河系まで飛んで行け!
2. 恋のタッチダウン
3. ふたりぼっちの夜間飛行
4. 愛の回転木馬~あなたは誰?
5. 私を憶い出して
6. 銀河空港
7. めざせ
8. アン・ドゥ・トロワ パート2
9. エトセトラ
10. キャンディーズ1676日
11. つばさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ライヴライヴ
キャンディーズ

曲名リスト
1. プラウド・メアリー
2. あなたに夢中
3. DO YOU LOVE ME
4. 危ない土曜日
5. 恋のあやつり人形
6. THE HOUSE OF THE RISING SUN
7. NEVER MY LOVE
8. 夜空の星
9. 想い出の渚
10. (THEY LONG TO BE)CLOSE TO YOU
11. SIR DUKE
12. 春一番
13. 夏が来た!
14. ハート泥棒
15. その気にさせないで
16. ダンシング・ジャンピング・ラヴ
17. めざめ
18. さよならのないカーニヴァル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




キャンディーズ・トレジャー
キャンディーズ・トレジャー
キャンディーズ

関連商品
CANDIES FOREVER CANDIES PREMIUM~CANDIES ALL SONGS CD BOX~ GOLDEN☆BEST/キャンディーズ みごろ ! たべごろ ! 笑いごろ !! みごろ ! BOX (初回限定版) キャンディーズ・ビーツ
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. ハートのエースが出てこない
2. どれがいいかしら
3. はぐれた小鳩
4. 桜草のかなしみ
5. 卒業
6. 二人のラブトレイン
7. まぬけなキューピット
8. バス・ストップ
9. キャンディ・ツイスト
10. アン・ドゥ・トロワ

1. LOVE FEVER
2. みごろ!たべごろ!笑いごろ!!のテーマ Ⅱ
3. キャンディ・ツイスト
4. DANCE,DANCE,DANCE
5. 恋のバカンス
6. ふりむかないで
7. 恋のフーガ
8. 愛のフィナーレ
9. ハートのエースが出てこない
10. 危い土曜日
11. アン・ドゥ・トロワ
12. 哀愁のシンフォニー
13. 悲しきためいき
14. わな
15. 年下の男の子
16. やさしい悪魔
17. 暑中お見舞い申し上げます
18. 春一番
19. ダンシイング・ジャンピング・ラブ
20. つばさ
21. その気にさせないで

1. ハートのエースが出てこない
2. その気にさせないで
3. わな
4. どれがいいかしら
5. 恋のあやつり人形
6. 微笑がえし
7. STEEL WILLIE
8. キャンディ・ツイスト
9. 危い土曜日
10. 哀愁のシンフォニー
11. 微笑がえし
12. 年下の男の子
13. ダンシイング・ジャンピング・ラブ
14. 春一番

1. あなたに夢中
2. そよ風のくちづけ
3. 危い土曜日
4. なみだの季節
5. 年下の男の子
6. 内気なあいつ
7. その気にさせないで
8. ハートのエースが出てこない
9. 春一番
10. 夏が来た!
11. ハート泥棒
12. 哀愁のシンフォニー
13. やさしい悪魔
14. 暑中お見舞い申し上げます
15. アン・ドゥ・トロワ
16. わな


スポンサーサイト

[ 2008/04/04 19:17 ] 昭和の流行 | TB(0) | CM(36)
4月4日キャンディーズは
解散しました。

わたしは
母や弟とテレビで
解散ライブを観ていました。
ビデオがない時代なのでテープに音声をとりました。

いまでも
一音一音
三人のエーンエーンという泣き声まで
鮮明に覚えています。

キャンディーズの
夏の歌が大好きですが
どの歌もみーんな好きです!

キャンディーズ少女のわたしも
EXILEやコブクロ、
ゴスペラーズに心酔するミセスになりました。
キャンディーズ以来
心酔できる
女性シンガーはあまりいないかも…。
ずっとファンの
森口博子ちゃんが
唯一キャンディーズ三人分の実力かな?
[ 2008/04/04 22:39 ] たあひめ [ 編集 ]
本日、ワイドショーを見ていて〝おぉっ!〟と思わず声が漏れてしまいました。
キャンディーズ復活!
といっても復活したのは78年当時の彼女たち…
しかし、30年の歳月が流れてもキャンディーズファン健在に笑みがこぼれます。
どの曲にも青春の一コマが映し出されます。
[ 2008/04/05 00:13 ] 爺龍 [ 編集 ]
たあひめさま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

たあひめさんは中1だったのですね。
私は大学…生、でした。(泣)

そうでしたねぇ。
当時の家庭にはビデオなんてなかったですね。
まさにカセットテープ全盛期でした。
あの頃のテープ、何処にいったのやら…。

キャンディーズ以降の女性グループでは、
プリプリぐらいでしたね、
私がのめり込めたのは。

でもキャンディーズが一番なのですが…(笑)

私のキャンディーズベスト3は、
「やさしい悪魔」
「春一番」
「アン・ドゥ・トロワ」
です。

でも全部歌えます。
もちろん「振り」無しで、ですが…(笑)
[ 2008/04/05 01:02 ] ゆうや [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

おっしゃる通りです。
30年の時を超えたファンの健在ぶりには、
思わず微笑かえしてしまいます。(笑)

私も例外ではないようで、
この記事を書くために飛んでいった「YouTube」から戻れないこと数日。(汗)

まったくタイムマシンのような世界を彷徨ってしまいました。(笑)

尽きてしまうのが体力なら、
尽きることのないものが「思い出」と知りました。
[ 2008/04/05 01:15 ] ゆうや [ 編集 ]
こやけゆうや様、おひさしぶりです。

御多忙なトンネル脱出の模様。
お疲れ様でした。

よれた背広をハンガーに託し、早速
キャンディーズにどっぷりと。(笑)

どの画像も懐かしいものばかりで、
当時の自分と照らし合わせておりました。
どうやら私もたあひめ様と同じ頃を過ごしておったようです。

そうそう。
ちょうどピンクレディーが台頭してきて、熱烈なファンだったクラスメイトに
引っ張られて「かぶりつき」で眺めた記憶があります。

キャンディーズの正統派路線と一線を画したお色気路線に傾いた軟派な男です。
どうぞ笑ってやってください。(笑)
[ 2008/04/05 16:02 ] moukun [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

私ってその頃から感受性が老いていたのでしょうか。

当時確かにピンクレディーはお色気路線、
キャンディーズは正統派アイドル路線のような節がありましたが、
私はピンクレディーにそれを感じることが出来ないまま今日に至り、
それはそれで悲しい現実だと思っています。

ではキャンディーズに対してはどうか?と自問自答すれば、

「…v-238

と小声でつぶやく自分がいます。(笑)

ま、単なる趣向の問題だけなのですが、
こうして長々と書くことにより、
それ奥深さを分かっていただきたいという、
男ならではのこだわりでして…。(笑)
[ 2008/04/06 01:20 ] ゆうや [ 編集 ]
初めまして。
キャンディーズ、特にランちゃんが大好きでした。
今でも、ランちゃんがテレビに出ていると見入ってしまいます。今もファンなんですね。

キャンディーズ現役時代は、僕は小学校低学年。解散時は小4だったと思います。
小学校低学年ではレコードも買えずコンサートにも行けず、ただただテレビを見るだけでしたが…。
以来、数人の女性芸能人を好きになりましたが、「夢中になるほど好きだった」というのはランちゃんだけです。
まあ今でも好きなんですが。

今はネットで昔の映像が多々見れるので、嬉しいです。今見てもクオリティーの高いアイドルでしたよね。

[ 2008/04/06 05:00 ] はるお [ 編集 ]
月日のたつのはやいですね、
キャンディーズ、微笑がえしや春一番
あの若かりし日の記憶がよみがえり
ます。自分がいい歳になったんで特に
懐かしいのかなぁ、、。
[ 2008/04/06 16:09 ] あみもと [ 編集 ]
ほんとに本人達で復活かと思いましたわ。
残念!
ランちゃんとスーちゃんは、女優で会えるけれど、ミキちゃんに会いたいな。。。
3人の現在のハーモニーを聴きたいな。。。♪
[ 2008/04/06 16:25 ] wakazukuri [ 編集 ]
今晩は!!

4月4日にそんなイベントがあったのですね。1978年4月4日、私は高校入学を控えて、自宅で入学前に出された宿題をしていたと思います。

私と同年代のファンの方も沢山居られましたが、年代的に行けたのは、首都圏とその周りに在住されていたファンの方だったのではないでしょうか。

後楽園が東京ドームに変わってもその日だけは皆さん30年前に戻られていたのでしょうね。
[ 2008/04/06 20:28 ] 親こあら [ 編集 ]
小学校6年生でした。キャンディーズに深い思い入れがある世代からは
ちょっと後になりますが、社会現象でもあったのでよく覚えています。
シングルカットされた曲は、すべて歌詞カード無しで歌えるので、
少年にとってもそれだけ大きな存在だったわけですね。

ゆうやさまの熱い記事に感銘を受けてまた勝手に我が拙きブログで
紹介してしまいましたので問題があれば、御手数ですが御連絡下さい。

いやあ、もう30年にもなるんですね。
[ 2008/04/06 22:35 ] dawase86 [ 編集 ]
はるおさま
はじめまして、
そして、お晩です。

ようこそお越しくださいました。
心より感謝いたします。

ランちゃん一筋なのですね。
それも筋金入りの。(笑)

キャンディーズの成功は、
彼女らのクオリティーの高さにあると思います。
でも才能だけで伝説にまではなれません。
彼女らのターニングポイントは、
お姉さん的魅力ランちゃんがセンターに移った事が要因でしたね。
その意味からしてもランちゃんの魅力が傑出していたことは、
時が証明しています。

バラエティの中においてのボケ役や、
インタビューでの受け答え、
何をとっても完璧であったと思います。

私もこの記事を書くにあたり、
数日間帰ってこれないほどのYou Tubeの旅に出たのですが、(笑)
決して肩入れすることなく、
総合力で彼女たちを超える女性ユニットは表れないと確信しました。

最近のランちゃんは女優業に専念されているようですね。
あの歌声も聞きたいのですが…。(涙)

はるおさま、
また遊びにいらしてくださいね。(笑)
[ 2008/04/07 00:30 ] ゆうや [ 編集 ]
あみもとさま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

あみもとさん、
そりゃー30年も経てば年もとりますって。(笑)

でもね。
年々昔のことを愛おしく思えるようになったのも事実です。

何なのでしょうね、年を重ねるってことは。
私なんか若い頃は花なんかに全く興味がなかったのに、
最近では買い物にいっても園芸店ばかりに目がいって…。(笑)

さらに昨今は通勤の車中で、

ゆきっがぁとけて
 かわっにぃなって
 ながれてゆきます~


と声を張り上げるしまつ…。

何だかだんだん幼くもなっているようで…。(笑)
[ 2008/04/07 00:46 ] ゆうや [ 編集 ]
wakazukuriさま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

ミキちゃんはあの日以来完全に引退してしまいましたね。
3人が揃ってステージにたつことはありえ無いことなのでしょう。

私もwaka様と同じで、
あの3人のユニゾンハーモニーよもう一度…、
と願ってはいるものの、
やはり「夢」を残したままの伝説がふさわしいと思います。

ピンクレディが再結成したり、
石野真子さんがイキイキと歌ってみせたりする様を、
テレビで拝見するたびに、
微笑ましく思う反面、キャンディーズ潔さを感じます。

もう、こうなりゃ自分で歌うしかないですね。(笑)

あ、wakaさま歌ってくださいよ。(笑)
[ 2008/04/07 01:09 ] ゆうや [ 編集 ]
親こあらさま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

様々な情報によると…、
人間、30年前に戻ることが可能なようです。(笑)

50歳前後のおっさんが、
スクリーンに向かって紙テープを投げるなんざ、
決してまともな神経では出来ません。
完璧にタイムスリップしたものだと…。(笑)

でも、すっごく幸せなことだと思います。

そんな風化しない情熱を維持させるキャンディーズ
本物の中の本物ですね。(笑)
[ 2008/04/07 01:29 ] ゆうや [ 編集 ]
dawase86さま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

また貴ブログにご紹介いただき、
深く、深く、ふか~くお礼申し上げます。(感謝
dawase86さんのような洞察鋭い方に認められ、照れております。(笑)

そうなんです。
もう30年なんです。
光陰矢のごとしを実体験してしまいました。(汗)

「わな」アンニュイな雰囲気がお気に入りとか…。
人生にしくじってばかりの私には、
辛いフレーズが耳に残る名曲です。(笑)
[ 2008/04/07 01:46 ] ゆうや [ 編集 ]
ゆうやさん、お久しぶりです。o(*^^*)o
今日はとても懐かしい気持ちになってしまいました。
中学生の頃の文化祭で、クラスの女の子3人でキャンディーズメドレーをやったのですよ。(それも全校生徒の前で・・今、振り返ると恥ずかしいですが・・。←怖いですね・・私って・・。)(^^;
だけど、教室に夕陽が射し込んでくるまで友達と振り付けの練習していたこと・・・なんだか昨日のことみたい(いえ、もうウン十年前ですね。)(爆)
キャンディーズは私にとっても青春の1ページでした。(*'‐'*)♪
[ 2008/04/07 08:51 ] sara [ 編集 ]
 テレビのニュース番組で、「キャンディーズ復活祭」を見ました。ファンの皆さん、元気ですね~。とうに40歳は過ぎてらっしゃるのに(失礼!)私も「幻影」(あえて、そう言いますが)を求めている一人ですが。(百恵さんですけど…)「熱中」できるものがあるのは、「素晴らしい」ことです。(ですんで、「冬ソナ」ファンの方々をどうのこうの言えませんな~)この「エネルギー」を今の生活に「活かしたい」と常々思うのですが、中々上手く「活きません」いつか、自分で「消化」できる日が、来ると思っている日々ですが、皆さん、如何されてるんでしょうか?「ヒント」が知りたい
「毎日」です。
[ 2008/04/07 17:29 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
こんばんは♪
ゆうやさま、ブログ復活、お帰りなさいませ。

3月3日は桃の節句、5月5日は端午の節句、そして4月4日はキャンディーズ復活の日なのですね。(一部、違った意見もあるようですが・・・^^;)
私は、どちらかと言うとピンクレディー世代なのですが、
もちろんキャンディーズだって、しっかりと歌えます♪

今、改めて聴くと、彼女たちの歌唱力、安定したハーモニー・・・
本当にクオリティーが高いですね!
私は、ちょっぴりドキッとしてしまう衣装の「優しい悪魔」が好きです。
それまでのキャンディーズの路線からは、これはかなり
大胆な衣装だったのではないでしょうか?
50歳代の親衛隊の皆さん、この先は何十周年で集うのでしょう?
皆さん、いつまでもキャンディーズの思い出と共に元気で頑張って欲しいですね!
[ 2008/04/07 23:41 ] 水無月 [ 編集 ]
saraさま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

saraさんの文化祭でのキャンディーズ。
出来ることなら見たかったです。(笑)
何せキャンディーズメドレーですから、
そりゃあ盛り上がったことでしょう。
そして可愛かったのでしょうね。(笑)

で、saraさんは誰の役だったんですか?
そして何を歌われたのでしょうか?
かなり気になります。(笑)

saraさんのブログにもお邪魔はしてるのですが、
専門性が高くてコメント入れれずにいます。
すみません。(汗)

また遊びに来てくださいね。(笑)


[ 2008/04/08 01:51 ] ゆうや [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

吉岡さんの「幻影」百恵ちゃんなのですね。

キャンディーズとの共通項は「潔さ」です。
そして再び見ることは出来ない存在であるが故、
その「潔さ」が美しく心に響くのでしょう。

そんなエネルギーの転化論についてですが、
私の場合は全くダメっ子のようです。

何かエネルギーの質が異なるようで、
シンクロ出来ない自分がいて、
吉岡さんと同じく、悩める日々が続いております。(笑)

最近ではエネルギーの質の違いを認めて、
エネルギー転化から、
エネルギー配分の見直しに逃げている軟弱者です。(笑)
[ 2008/04/08 02:07 ] ゆうや [ 編集 ]
水無月さま
お晩です。

年度末の慌しさにかまけ、
ブログ更新をしておりませんでしたが、
キャンディーズと供に私も復活です。(笑)

私はピンクレディーさんには興味が薄いほうでした。(すみません)

同時期に活躍された2組でしたが、
そのファン層には違いがあったようです。
どちらかと言えば小学生に人気の高かったピンクレディーと、
大学生に人気のあったキャンディーズでした。

つまりキャンディーズファンの方がお年寄りなのです。(笑)

「やさしい悪魔」嬉しいです。
私の中でもこの楽曲がベスト
大胆衣装もグーです。(笑)

会社、引いては社会の中でも要職を占めるであろう親衛隊の方々、
きっと彼らもこれで卒業の筈です。

昭和のキャンディーズは皆の中で完結した気がしています。
[ 2008/04/08 02:23 ] ゆうや [ 編集 ]
ゆうやさん、こんばんは

私のブログへのコメントは気になさらないでくださいね。o(*^^*)o
本当に・・・。気にされてしまうと、お邪魔できなくなってしまいますので・・。(*'‐'*)♪
落ち着いたら、また遊びにきますね。☆彡  
(こっそり・・ランちゃんです~・・。)
[ 2008/04/08 20:58 ] sara [ 編集 ]
こんばんは、ゆうやさん。

キャンディーズその他のアイドル系はあまり興味を示さなかった私ですが
仕事中につい、口ずさむフレーズがあります

v-341
運び出された荷物の跡は
畳の色がそこだけ若いは


畳職人ですから

でも、いつも音程がはずれてるんですよ。
[ 2008/04/09 01:36 ] 酋長 [ 編集 ]
saraさま
お晩です。

やっぱりランちゃんでしたか。(笑)
いわゆるセンターですね。
何やら中学時代のsaraさんが目に浮かぶようです。(笑)

ええ、とっても可愛く映っておりますです。はい。(笑)
[ 2008/04/09 02:47 ] ゆうや [ 編集 ]
酋長さま
お晩です。

何てタイムリーなお仕事でしょうか。(笑)

それに酋長さんの男っぽいお姿からは、
全く想像出来ないキャンディーズのメロディ。
音程をはずすことで、そのギャップを埋めようとなさる、
酋長さんの努力が垣間見えました。(笑)

今度「和太鼓演奏」の時、
キャンディーズやってくださいよ。
絶対カッコイイと思います。(笑)
[ 2008/04/09 02:54 ] ゆうや [ 編集 ]
大変ご無沙汰しております。このニュースにちょっとびっくりしつつもほほえましく・・・
私はその頃就職したばかりで同僚と遊ぶのが楽しい頃でした。ほぼ毎日飲み会に誘われて忙しかったのを思い出しました。「きみの瞳・・・」や「Mrサマータイム」はテレビCMで流れていたものを聞く程度でしたが好きなメロディーでした。そういえば同僚と「スターウォーズ」を見に行きましたよ。グループの中からカップルが生まれましたがその直前の微妙で心躍るグループ交際の日々でした。
[ 2008/04/09 07:56 ] Ivoryboat [ 編集 ]
Ivoryboatさま
お晩です。

いいですねぇ、グループ交際
昔はそんな感じの交流が盛んでしたね。
悲喜こもごもの人間模様に、
熱くなったものでした。(笑)

その当時の歌をやけに覚えているのは、
歌の力もあったのでしょうが、
人間的にも燃え盛っていたからかも知れません。(笑)

ちなみにこと昭和53年には、

渡辺真知子さんの「迷い道」
ツイストさんの「宿無し」
山口百恵さんの「プレイバックPart2 」
庄野真代さんの「飛んでイスタンブール 」
研ナオコさんの「かもめはかもめ」
中原理恵さんの「東京ららばい」

等などがヒットしてました。
悲しいくらいに全部歌えちゃうんです。(笑)
きっとIvoryboatもそうではないかと…。(笑)
[ 2008/04/10 01:57 ] ゆうや [ 編集 ]
キャンディーズ復活ワイドショーで
知りました。
月日は流れましたが行かれたファンの
皆さんはあの頃に戻られたでしょうね。
曲聞くだけで私も学生時代に戻ります(笑)
出来るならあの頃からもう一度人生過ごしてみたいと
思いますけどね。
学生&青春時代に口ずさんだ曲はいつ聴いても
いいもんですね♪
[ 2008/04/10 22:53 ] こゆ母 [ 編集 ]
こゆ母さま
お晩です。

容姿は変貌しても、心はキャンディーズv-238
そんなファンの方々ばかりであったようです。(笑)

人生をやり直せるとしたら…。
時折そんな話題が出ることがあります。

いつからにする?

などと不可能な問いにも、
真剣に考え込むことってありますよね。(笑)
それだけリトライの願望が強いのでしょう。
私なんか必死に考え込むタイプです。(笑)

音楽(特に流行歌)の持つ力は想像以上です。
脳裏に刻み込まれたメロディが、
一気にあの頃に誘います。
あの現象はどうしておこるのでしょうねぇ。
人間の記憶能力には底知れない何かがあるようです。


私の場合、
その能力を少しでも他方向に向けていれば…。
と悲しい反省に捕らわれる昨今です。(笑)
[ 2008/04/11 00:50 ] ゆうや [ 編集 ]
新聞の全面広告でこのコンサートのことを見たとき、??とびっくりしましたが、
その後も何度も報道されて、このイベントに興味をもっていたところでした。
以前の記事でもコメントしましたが
キャンディーズ、たぶん全部歌えます!!
最近の歌は全然覚えられないのに、
どうしてあの頃のうたは歌えるんでしょうね。
懐かしいな。
[ 2008/04/12 09:51 ] つぼみ [ 編集 ]
つぼみさま
お晩です。

そうなんです。
何で最近の歌が覚えられないのでしょうか?
決して老化現象ではないと、
心から思っている頑なさに問題があるのでしょうか。(笑)
それとも英語に弱いことが原因なのでしょうか。(笑)

余談ですが…
最近は歌手名がそもそも読めません。(汗)

実は私。
このキャンディーズが流行っていた頃からの月日と、
このイベントに参集した方々の映像を見て、
初めて自分の歳を意識しました。(笑)
懐かしがっても不思議ではない自分がそこにいたのです。

よし!明日からEXILEを覚えよう!(爆)
[ 2008/04/13 02:19 ] ゆうや [ 編集 ]
初めまして。

先日の大同窓会に行って来ました。

感想など取り上げておりますので、
宜しかったら一度ご訪問下さいませ。
[ 2008/04/14 17:32 ] DROPS [ 編集 ]
DROPSさま
お晩です。

ご訪問いただき感謝いたしております。
お返事が遅くなり申し訳ございませんでした。

大同窓会のオープニングが「つばさ」であったこと、
DROPSさんのブログで知りました。
このコンサートの意味合いが見て取れる選曲に、
思わず膝を打った私でした。(笑)

それのしてもDROPSさんのところは、
キャンディーズファンにはタマラナイ楽園です。
またじっくりとお邪魔させて頂きます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
[ 2008/04/15 23:03 ] ゆうや [ 編集 ]
高校2年生、野球部の仲間3人で
後楽園のサヨナラコンサートに
行きました。

掟破りの生ビールを飲んで、
紙コップの裏をくり抜いて
メガフォンにして叫びました。

「僕たちも卒業しま~す!!」
帰り道に3人で食べた吉野家の牛丼が
忘れられません。
[ 2008/05/14 01:44 ] やす [ 編集 ]
やすさま、
お晩です。

お返事遅れてすみませんでした。

素敵な思い出をお持ちですね。
心から羨ましいです。(笑)

人生には様々な卒業式があります。
きっと、その数が多ければ多いほど、
深みある人生と言えるのでしょうね。

違う意味での深みにはまりそうな人生を歩んでおります私。
こんな現実から卒業したいと思う時もありますが、
ここが私の生きる道と心得てもおります。

掟を破らなくても生ビールを頂けるお年頃、
メガフォンで応援する相手は、きっと己なのでしょう。(笑)
[ 2008/05/18 01:42 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。