2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昭和日常博物館(その4)


愛知県北名古屋市(旧師勝町)にある、
昭和日常博物館」(北名古屋市歴史民資料館)のご紹介です。
今回で4回目となりました。


今回見学してきた企画展は
『諸説・昭和大流行』

昭和日常博物館ポスター

サブタイトルには
~昭和レトロブーム解析と展望-昭和日常博物館の10年展を添えて~
とありました。


昭和大流行


近年の昭和ブーム。
昭和と言っても主に昭和30年代がメインとなっています。
あくまで戦後の昭和であるところにブームの理由はあるようです。


昭和日常博物館変遷 昭和関連本
過去の展示会の歴史や現在のブームの一端がずらり



時代、世代、世相などの背景から
様々な根拠となるべき理由はあるのでしょうが、
それら複合的な回帰心の結集がパワーとなっえいるようですね。


アース看板 昭和日常博物館ポスト
懐かしの看板や昭和の商店の軒先…

昭和の居間 昭和電化製品
当時の居間の再現や、出た!三種の神器



ここ昭和日常博物館は
その火付け役の一端を担ってきました。

昭和の食卓 昭和のアイスクリーム
ちゃぶ台にアイスクリーム



1993年(平成5年)に
屋根裏の蜜柑箱は宝箱」と銘打った企画展を催され、
昭和時代の資料収集を始められて以降、
昭和日常博物館としてその名を広めてこられました。


味の素 ビスコ
「味の素」やら「ビスコ」やら…

サイダー カルピス
サイダーにカルピス。黄金のコンビでした。

昭和の人形1 昭和の人形2
こんな人形、皆さまのご家庭にもありませんでしたか?

粉末ジュース 置き薬
「粉末ジュース」に「置き薬」…時代を造りましたね。



大ヒット映画「ALWYS三丁目の夕日」や
他の博物館等への展示会協力。
街並み再生事業への協力など、
現在でもそれらの核の一翼を担っておられるようです。


大阪万博ビール1 大阪万博ビール2 大阪万博ビール3
大阪万博記念缶ビール(当時は子供で飲めませんでした)

昭和の酒価格  siccarul
当時のお酒の価格が…そして何とシッカロールです。



そんな昭和日常博物館の歴史と
昭和ブームの解析、そして展望。
見ごたえのある企画展でした。


ウルトラマン 東芝キッド
ウルトラマンに東芝のキャラ(名前が…)

鉄道関連 昭和の店先
鉄道は人類の発展とともに…こんなレジありましたね。



皆さまもお近くにおいでの際には、
是非、昭和の香りに触れられては…
もちろん入場無料です。(ありがとう!昭和日常博物館)


昭和日常博物館:過去記事はこちら…
昭和日常博物館(その3)
昭和日常博物館(その2)
昭和日常博物館


shikatu1
昭和日常博物館

スポンサーサイト

[ 2008/03/19 12:49 ] 昭和を感じる場所 | TB(0) | CM(19)
匿名希望さま
お晩です。

シッカロール(ベビーパウダー)の思い出は、
どうしたって母親の思い出になる事が多いですね。
私もパタパタとはたいてもらい、
真っ白になりなった幸せな時でした。(笑)

そして粉末ジュース味の素
何だか粉物の思い出が尽きませんが、
どちらの粉も魅力的でしたね。(笑)

ご連絡する術がありませんでしたので、
こちらに書きました。
是非、毎回覗きにお越しください。
(更新が遅いので1週間に一度覗いてくださればOKです)
何はともあれ、お互いに頑張りましょうね。(笑)
[ 2008/03/20 01:31 ] ゆうや [ 編集 ]
こやけゆうや様、こんばんは。
目を覆いたくなる…もとい。
目を奪うお宝の数々ですね。(笑)
一度は訪れた資料館でも企画展示が
なされると、また見所満載ですね。
郷愁を誘う品々に目尻がさがります。
水原弘さんの隣りで悩殺ポーズの女性。
由美かおるさんは子供の頃から美しい
方だなぁと憧れておりましたが、今でも
充分、美味しそうです。(笑)
いやいや、粉末ジュースですよぉ。(笑)
「ウ~ン!猛烈!」のCMのなんとか
ローザさんにも見とれていた私は少年
の頃からエッチだったんですねぇ。
屋根裏の蜜柑箱いっぱいの悪書の処分に
困ったことを思い出しました。(笑)
[ 2008/03/20 18:29 ] moukun [ 編集 ]
なかでも、あの粉末ジュース懐かしい!
今でも、口の中にその味がジュワーって
広がりそうですよ。
古き良き昭和の匂いがします。
思い出させてくれて、ありがとう☆
[ 2008/03/20 22:33 ] あみもと [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

小川ローザさんに見とれたのは健全な男子の証です。(笑)

屋根裏の蜜柑箱やあらゆる見つかり易い場所に所蔵されし本。
猥褻非猥褻の判断は他人に下されたくはありません。(笑)

ま、私なんぞが「これは芸術、アートである」
と力説してみたところで逆効果ではありますが…。(汗)

[ 2008/03/20 23:40 ] ゆうや [ 編集 ]
あみもとさま
お晩です。

懐かしいでっしゃろ?
粉末ジュースe-68

あれって絶対に身体には良くなさそうでしたね。
でも水に溶かしてジュースにするもよし、
そのまま舐めて味わってもよし、
魅惑的なお菓子(?)でしたね。(笑)

昭和33年に発売された渡辺製菓の「ジュースの素
お値段は1袋5円だったそうです。
これって安い?高い?
判断しにくいところですね。(笑)
[ 2008/03/20 23:55 ] ゆうや [ 編集 ]
今晩は!!

入場料無料と言うのは有難いですね。
こう言う展示会は大体入場料が必要ですよね。場所によってはカメラで撮影も出来ませんし・・・

東芝のキャラは、東芝エスパー君(光速エスパー)ですね。実はこの人形の小さいのを子供の時に持っていました。多分、家でテレビを買った時に電気屋さんで頂いたものだったような気がします。

光速エスパー

http://www.geocities.jp/kindanhm/esper.html

東芝エスパー君

http://www.h4.dion.ne.jp/~berucole/kitahara-botbiz.html

昭和33年はチキンラーメンが35円、グリコアーモンドチョコレート30円だったようですので、渡辺製菓の「ジュースの素1袋5円と言うのは物価スライドで現在の価格に直すと20円位になるのでしょうか?。妥当な価格か少々お安い位のような気がします。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1958.html
[ 2008/03/21 02:50 ] 親こあら [ 編集 ]
 思い出の街・・・それは「もう存在しない」街。「都電」が走り、その「終点」に映画館があった「街」。「ガメラ」と「ゴジラ」と「妖怪」達が「交差」し、
「にぎやかな星空」と「少年時代の記憶」が入り乱れ、「眠りの中に存在する」記憶の「街」。「エスパー君」の電気屋さんに「電球」を買いにいき、「ビクター君」の「レコード屋さん」で、姉と一諸に「グループサウンズ」を聞いた「日々」。「007」の「拳銃」が欲しかった「駄菓子屋さん」。…今も「夢」の中で出会う「街」。それは「何処」に?
[ 2008/03/21 17:44 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
愛知県にこんな素敵な場所があったんですか!?
知りませんでした。
うちは愛知県なんですよ。
実家は長崎ですけどね。
子供の頃富山の置き薬屋さんが半年に一回ぐらい
来られて風船貰った覚えがありますよ。
懐かしい思い出です。

長久手にある「トヨタ博物館」に行かれたことありますか?
車も展示してありますが昭和の匂いがプンプンする
数々の生活用品も展示してあります。
もしまだ行かれたことがないならお勧めですよ。
無料でないのは残念ですけど(笑)


[ 2008/03/21 19:27 ] こゆ母 [ 編集 ]
親こあらさま
お晩です。

おおっ!
東芝エスパー君光速エスパー)ですね。
何となく思い出しました。(笑)

親こあらさんのご指南のおかげで、
この「ジュースの素」リーズナブルであったと知りました。

それにしても「チキンラーメン」と「グリコアーモンドチョコ
何と息の長い商品なのでしょう。
いいものは残るとの真理と同様に、
時代に即したマイナーチェンジという努力が報われているのですね。
きっと。(拍手)
[ 2008/03/22 02:10 ] ゆうや [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

いつも素敵なコメント感謝しております。

ビクター君」が入口で迎えてくれるレコード屋さん、
懐かしいです。(涙)

GS、007、ガメラ等々、
あんなに心弾んだ「街」が、
今こころの中にしか存在しない現実。
心を残す作業を忘れないでいたい私です。
[ 2008/03/22 02:21 ] ゆうや [ 編集 ]
こゆ母さま
お晩です。

こゆ母さんも愛知県なのですね。(笑)

ということは!
あの愛らしい「ウサギのこゆちゃん」は、
私と比較的近いところにいるのですね。
少し興奮してしましました。(笑)

残念ながら「トヨタ博物館」へはお邪魔したことがありません。
(有名なカレーは食べました)
昭和の匂いがプンプンしては行かずにはおけますまい。

こゆ母さんも一度機会がありましたら、
「昭和日常博物館」を覗きに来て下さいね。
何せタダですから。(笑)
[ 2008/03/22 02:29 ] ゆうや [ 編集 ]
いいですよね~。
どの画像を見ても記憶の片隅に残っているモノばかりで…ひとつひとつ自分の幼少期の思い出にダブらせて回想しています。
そういえば先日、大阪でも昭和30~40年代の懐かしい展示品や映像展(てなもんや三度笠など)の催しがされていたのですが残念ながら足を運べませんでしたぁ(悔)
[ 2008/03/22 10:05 ] 爺龍 [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です。

てなもんや三度笠
めちゃくちゃ懐かしいです。(泣)

藤田まことさん。
白木みのるさん。
名コンビでしたね。(笑)
あんかけの時次郎中村主水になろうとは!
「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー」ですもの。
たまらんです。(笑)

映像ありました…
http://www.youtube.com/watch?v=mZ2TA5CKdik
[ 2008/03/23 00:48 ] ゆうや [ 編集 ]
ホントに懐かしい^^
昭和30年代よく覚えてます?あれ~子供だったのに・・・
渡辺のジュースの素やチキンラーメン、あたり前田のクラッカーなど口にして成長してきたんだ、私。
チキンラーメンは団塊世代の夫が好きで買い置きしてますわ、最近あたり前田のクラッカー売ってました!意外や小ぶりで「俺がこんなに強いのも当たり前だのクラッカー」なんて言ってました?庶民派のおやつで塩味の昔懐かしいクラッカーでした・・・シミジミ
てなもんや三度笠は白黒テレビでしたか?かじりつきで観てました!映像懐かしく拝見^^
この番組を見ているときはチャンネル争いは起きなかった!バラエティー番組の始まりでしたね。
丸いちゃぶ台や火鉢のある茶の間兼食堂兼寝室で家族が顔をつき合わせて笑っていた光景を思い出させてくれて有難うございました^^
[ 2008/03/26 10:56 ] ウサコ [ 編集 ]
えっ、入場無料なのですか?
素敵ですね。
そんなところで感嘆!
とはいただけないですね(汗)

そういえば、粉末ジュース。
ありましたね。
味の素も、結婚した当初は使ってましたよ。

昭和日常博物館。
火付け役だったのですね。
こちら大分県にも、以前紹介した
豊後高田市に「昭和の町」があります。
[ 2008/03/26 12:02 ] wakazukuri [ 編集 ]
ウサコさま
お晩です。

各自が自分の部屋を持つ住宅環境ではなく、
楽しみのテレビはもちろん一家に一台
食事だってちゃぶ台でしたね。
あの時代は…。

今思えば窮屈な暮らしぶりなのでしょうが、
会話を通した家族のふれあいは比較にならないほど濃く、
泣き笑いを共有しながら親も子も成長できた良い時代でしたね。

人間は自由なだけではバランスを取れない生き物のようです。

「前田のクラッカー」
シンプルな塩味でしたが、今でも美味しく感じます。(笑)
[ 2008/03/27 02:43 ] ゆうや [ 編集 ]
wakazukuriさま
お晩です。

さすが賢い主婦waka様
無料への反応の鋭さは、
目を見張るものがあります。(笑)

「味の素」
中学の時に大胆な体育の先生がいて、
豆腐に味の素をかけて食べていれば、元気になるぞ!
と、しょっちゅう言ってました。(爆)

何もかもが平和な時代でしたね。(笑)
[ 2008/03/27 02:52 ] ゆうや [ 編集 ]
ありがとう の
イベントですね。

こんな
殺伐として暖がなく、
スピードばかり求める世の中にいる悲しさを
改めて感じさせられます…。
だからわたしは
生まれる前の昭和30年代に
安らぎやぬくもり、
家族のつながりを見いだすのかもしれません。
[ 2008/03/31 22:21 ] たあひめ [ 編集 ]
たあひめさま
お晩です。

殺伐と…してますよね。
温もり…少なくなりました。
スピード…ばかり求められますね。

そして考え方もネガティブになりつつあります。

どげんかせにゃあかん!』です。(笑)

昨今の昭和ブーム。
きっと一過性のブームでは終わらないと思います。
日本中が「夢」に向かった特殊な時代だったからこそ、
人情常識最低限のルールが価値を持った時代だったからこそ、
必ず回帰心の目標にされ続けるのであろうと…。

ゆっくりと戻って行きたい目標です。(笑)
[ 2008/04/02 01:35 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。