2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自分、不器用ですから…。


この名台詞が絵になる男と言えば、
健さん」こと高倉健さんしかいません。
(以下、尊敬と敬愛をもって健さんと呼ばせていただきます。)


実直で、信念を曲げられない生き方。
不利になると分かっていても、
首を縦に振ることを良しとしない頑固さ。

そんな組織に相容れない無口な男の生き様を、
ストレートに表現した言葉が
不器用ですから…」だと解釈しています。


この有名な台詞。
映画のワンシーンを想像しがちですが、
健さんが我々にこの言葉を語りかけたのは、
意外にもテレビコマーシャルでした。


覚えておいででしょうか?
昭和59年(1984年)から流れたCM。
日本生命さんの日生ロングランです。


日本を席巻したこの名台詞に、
多くのが痺れたものです。


子供から大人まで、
何かにつけては
「不器用ですから…(笑)」
と、おちゃらけて言っていました。


時には健さんばりの重厚さで、
「不器用ですから…」とのたまうもおりましたが、
やはりどこか滑稽に映ってしまったのは、
この台詞が健さんだけに許されものだったからでしょう。



そんな健さんの数多なる映画の中で、
私が特に心に残っている一本が、
居酒屋兆治」です。

居酒屋兆治



この映画でも、
健さん演じる英治は、
歯がゆいくらいに不器用でした。


加藤登紀子さんの作った主題歌
時代おくれの酒場」が
今でも私の中で時折流れだし、
私に不器用さを求めてきます。
時代おくれの酒場…歌詞はこちら



器用に立ち回ることが成功の近道だったり、
我を通して怒り狂うことが強さだったりする、
そんな浮ついた昨今の日本に、
本当に必要なのは「不器用」ではないでしょうか。

正しい自分のルールを持ち、
それを曲げずに生きてゆく。
そんな憧れが今も続いているのです。



更新が出来ないことを
「私、不器用ですから…」とは
決して言ってはならないのです。(笑)



居酒屋兆治居酒屋兆治
サントラ 大原麗子 高倉健

曲名リスト
1. タイトルバック
2. 火事場のさよ
3. サイレントコール
4. 嘆きのさよ
5. しんみり兆治
6. 雨のふたり(セリフ入り)
7. 哀れなさよ
8. 休日
9. 友情のテーマ
10. 雨のふたり
11. サリー
12. 見果てぬ夢
13. 子守唄
14. わたしはキングコング
15. そんな自分がたまらなく
16. さよの死
17. 兆治その胸中
18. 時代おくれの酒場

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



居酒屋兆治
居酒屋兆治
高倉健 加藤登紀子 大原麗子

関連商品
駅 STATION 夜叉 海峡 冬の華 あ・うん
Amazonで詳しく見る
by G-Tools




GOLDEN☆BEST/加藤登紀子GOLDEN☆BEST/加藤登紀子
加藤登紀子

曲名リスト
1. ひとり寝の子守唄
2. 知床旅情
3. 琵琶湖周航の歌
4. 愛のくらし
5. 灰色の瞳
6. リリー・マルレーン
7. 鳳仙花
8. この空を飛べたら
9. ANAK(息子)
10. 時代おくれの酒場
11. 難破船
12. 陽ざしの中で
13. 百万本のバラ
14. 愛さずにはいられない
15. LOVE LOVE LOVE

1. Re[']volution
2. 私のヴァンサンカン
3. 18の頃~Chez Maria~
4. 雑踏~La Foule~(Paris Version)
5. さくらんぼの実る頃
6. 時には昔の話を
7. 美しき20歳
8. バラ色のハンカチ
9. 島唄
10. 川は流れる
11. 花 HANA
12. まっすぐ見つめたい
13. 人・生・不・思・議
14. 愛がとどかない
15. ふるさとは忘れない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

[ 2008/02/25 00:30 ] 昭和の言霊 | TB(0) | CM(18)
健さんは、重みがありますからねぇ。
ほんと、ほんと、今の時代に違う意味での不器用さも必要かと感じます。
更新マイペースで頑張って下さい!
応援しています☆


[ 2008/02/25 01:08 ] あみもと [ 編集 ]
あみもとさま
お晩です。

優しいお言葉を頂戴しまして、
泣いております。う、う…(涙)

時代が流れていく以上、
時代の要求によって変っていくものもあります。
でも「変ってはならないもの」もあります。
変って欲しくないものに対しては、
自らが変えない意思を強く持つことが必要だと思います。
それが「不器用」と称されるものであれば、
私はそうありたいと思っているのです。

よし!
更新もするぞ!
更新、交信、行進、後進…?

[ 2008/02/25 02:14 ] ゆうや [ 編集 ]
こやけゆうや様、こんにちは。

>そんな浮ついた昨今の日本に…
同感です。
さすが兄ぃは真っ直ぐな視線をお持ちです。

高倉健さん主演で好きなのが「幸せの黄色いハンカチ」です。
何度も見たのでセリフのひとつひとつまで暗記してしまいました。

健さん。格好いい。

誰かがTVで語ってましたが、健さんは
交差点に立っているだけでオーラが漂うらしいですよ。

役者さんには2種類あって自己の内面を出す人と、まったく異なる自己を演じる
人とがあるらしいですが健さんは、間違いなく前者でしょうね。

俳優の石倉三郎さんが長い間大部屋で芽が出ず、やっと仕事が増えてきた頃、
健さんから「サブちゃん。潮が満ちてきたな。」と言われたとか。
いたく感動されたことでしょう。

不器用です、で思い出したのですが何かの
マンガの中で「健さん目覚まし」というのがありました。
セットした時刻に「たかくらけんです。ぶきようです。」なんて。
どうです?欲しいでしょ?(笑)

それにひきかえ…moukunです。小利口です。
ロクなもんじゃないですねぇ。(笑)
[ 2008/02/25 15:48 ] moukun [ 編集 ]
無口で不器用な若い男性は敬遠されるでしょうね!?

「言葉で表してよ!」

な~んてね^^;


やっぱり、高倉健さんだから似合うし、許されるのよね^^v


ただの無口・不器用はちょっと。。。誠実さが伝われば、饒舌よりいいかも!?

でも、おしゃべりの楽しい方は、またそれでそれで好きです♪

ゆうや様は、どちら?
[ 2008/02/25 16:57 ] wakazukuri [ 編集 ]
 いつも「思う」が、昭和40年代半ばぐらいまでは、魅力的な「不器用」な人が「多く」いた。今は「トロトロ、ダラダラ、グズグズ」が「いけない」らしく、「のんびり」昼寝もできない「世の中」かと思う。時代は「高速に展開」していくのか?いいや、もう「ゆるやかな時代」へ「回帰」していっているように思う。人間が「人間らしく」できるのは、「器用さ」だけではないはず。過去30~40年の「疲労」が、もう出ている時代。「のんびり」すれば、いいんじゃないの?
[ 2008/02/25 18:14 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
今晩は!!

高倉健さんの台詞よく覚えています。真似した一人です。
上手く、スマ-トに立ち回れることが良しとされるようになったのは、社会全体が合理性を求めるようになったからなのでしょうね。

男は黙って・・・と言う古いCMもありましたが、黙っていると置いてけぼりされる世の中ですよね。口に出した者勝ちの世の中、もっと不器用が賞賛されるべきなのでしょうが、これからどうなってしまうのでしょうか・・・
[ 2008/02/25 21:51 ] 親こあら [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

健さん目覚まし
是が非でも手に入れたいものです。(笑)

お前、それでも九州の人間か!
なんて声で起こされたら、ビシッと起きれる気が…。(笑)

それはそうと、
米国版の「ザ・イエローハンカチーフ」はどのような出来でしょう。
心配な気持ちが強いです。(汗)

『ゆうや。が抜けてきたな』

って、ほっといて下さい!(笑)
[ 2008/02/26 01:41 ] ゆうや [ 編集 ]
wakazukuriさま
お晩です。

私ですかぁ。
健さんに憧れる寅さん
そんなミスマッチ型だと思われます。(笑)

「言葉で表してよ!」
と罵られるならまだ救いはありますが、
何が言いたいの?
と突き放されるような男です。(泣)

伝わらないのです。誠実さが…
ってそれは無理なことですね。(笑)

[ 2008/02/26 02:03 ] ゆうや [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

同感です。
ゆるやかな時代」が求められる価値観になってきた印象です。

世の中の歪を自浄作用で是正していく時代。
不器用」がクローズアップされる日も近いと信じて、
このまま「のんびり」してしまうのもアリですよね。(笑)



[ 2008/02/26 02:24 ] ゆうや [ 編集 ]
親こあらさん
お晩です。

不器用職人さん。
何だかイコールで結べそうな間柄です。
技能を突き詰めた職人さんが、
充分食べていける時代に向かっていけば、
必然的に反合理性の思考が生まれてきそうです。

ま、これほど単純なものでは無いのでしょうが。(笑)
[ 2008/02/26 02:33 ] ゆうや [ 編集 ]
不器用だから生まれる一生懸命さ。
うぅっ渋い・・・。
昭和の男ですねぇ。
小器用で世渡り上手な人よりも、
私個人的には好みのタイプですねv-238

そういえばNHKの長寿番組だった
「できるかな」の、のっぽさん。
演じてらっしゃる高見映さんは
実は工作が大の苦手だったそう。
毎回、失敗しないように真剣に取り組んでらっしゃったそうです。
その不器用で懸命な姿が子供にウケたのでしょうね。

不器用な男って母性本能くすぐられますから・・・。
ま、まさか計算の上の行動か??
[ 2008/02/26 10:24 ] kaori [ 編集 ]
kaoriさま
お晩です。

kaoriさん、ご心配なく。
男の計算することなんて、
女性からみれば穴だらけでございましょう。(笑)

昔から
男の浅はかな計算女の六感
この公式は変わりません。
どれほど痛い目にあったことか。
あ、いえ、私のことじゃ…(汗)

とにかく、男は無口が無難ですよね。(笑)

[ 2008/02/26 23:48 ] ゆうや [ 編集 ]
憧れですよね~。
任侠映画や『幸せの黄色いハンカチ』『冬の華』『居酒屋兆治』など健さんの代表作は色々ありますが、私は薬師丸ひろ子のデビュー作でもあった『野生の証明』が忘れられませんね~。
「男は強くなければ生きていけない。 優しくなければ生きていく
資格がない。」…まさにこのフレーズピッタリの役どころでした。
[ 2008/02/28 00:41 ] 爺龍 [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です。

野生の証明
ありましたねぇ~(笑)
健さんが薬師丸さんを背負っているビジュアルが思い出されます。

「男は強くなければ…」
まさにハードボイルドを象徴するフレーズです。
健さん、ぴったりでした。(笑)

この言葉のように、
男が生きる資格を己に問いかけているか否か、
このようなところから計る価値観を無くしたくないものです。
[ 2008/02/28 02:20 ] ゆうや [ 編集 ]
頑固で無口で不器用な職人気質・・・その方我が家にも一人いらっしゃいます(笑)
支えあいながら数十年もの年月が過ぎ空気のように、いなくてはならない運命共同体ですから・・・仲良く楽しく暮らしていきますよ、そうだ!健さんだと思えばいいかもね、うんうん。
[ 2008/03/02 14:14 ] ウサコ [ 編集 ]
不器用という言葉を
善人だからこそ…とわたしは受け止めています。器用にこしたことはないけど、器用って良くも悪くもとれてしまうような気がします。
健さんと言えば
わたしは鉄道員(ぽっぽや)!
夫と息子にはゴルゴ30…のイメージが大きいみたい(^-^)
[ 2008/03/02 18:44 ] たあひめ [ 編集 ]
ウサコさま
お晩です。

あれ?
ご自宅にいらっしゃるのですね。(笑)

どうやら健さんのように素敵なご主人様のようで、
男性の私が言うのも変ですが、
うらやましい!

運命共同体
全くその通りなのかも知れませんね。
我が家も互いに歳を重ね、
あほらしくて喧嘩にもなりません。(笑)

で、私の場合は妻をと思えば乗り越えられるのでしょうか?(笑)
[ 2008/03/03 02:37 ] ゆうや [ 編集 ]
たあひめさま
お晩です。

ご主人様とご子息様は「ゴルゴ」のイメージがお強いのですね。

そしてたあひめさんが鉄道員(ぽっぽや)。
思いっきりかけ離れたイメージで笑えました。(笑)

不器用=善人

これ、的を得てますよね。
不器用な悪人って想像つきませんから。(笑)

でもゴルゴはどうでしょう?
器用な悪人なのでしょうか?
不器用な殺し屋って、何か善人のようにも思えますね。(笑)

どちらにしろハードボイルドな男性陣に囲まれ、
お幸せそうな姫君とお見受けいたしました。(笑)
[ 2008/03/03 02:47 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。