2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大晦日


昭和の大晦日の過ごし方には、
ある一定のパターンがありました。

とは言っても、
紅白歌合戦日本レコード大賞が出揃った、
昭和34年(1959年)以降のスタイルなのですが…。


大晦日
大人も子供も話題の中心はレコード大賞のゆくえ。
夕方までには大掃除やお風呂も済ませて茶の間に集合です。


普段ではお目にかかれない食卓に目をみはりながら、
今夜はいつまでも起きていてもいいぞ
との魅惑的な言葉が父から飛び出すのも恒例でした。

(私の暮らす地方では、大晦日の晩に「年取り」といってご馳走を食べる習慣があります。)


父親はお酒を飲み、
母親は忙しなく配膳をするなかで、
日本レコード大賞が始まります。
ブラウン管には司会の高橋圭三さんの姿。


手に汗にぎる瞬間の後、
涙の授賞式を見届けるやいなやチャンネルはNHKに。
オープニングにあの歌手が間に合うか?
なんて予想をしながら、家族一丸となっての紅白です。


宮田輝さんや佐良直美さん、
山川静夫さんや水前寺清子さんが
よく司会をなさってた時代です。


南極観測隊からの電報を拝聴したり、
出演者同士のコントを見ながら、
ラストは日本野鳥の会の皆様の出番でした。

服部良一さんのタクトで蛍の光を歌えば、
時刻はもう11時45分。
あと少しで新年です。


年が明けたらお年玉…。
そんな期待を胸に「行く年来る年」の厳かな静寂の中、
ぼ~ぉお~ん と響く鐘の音を遠くなる意識で聞きました。


そんな当たり前のような大晦日も昨今ではなくなり、
紅白歌合戦も様変わりしています。
更に、レコード大賞が30日になるなんて…。


視聴率という企業論理の前には、
習慣や思い出など入り込む隙もないようです。


「傷だらけの天使」において
アキラが大晦日に紅白はずしたことがないと言ったシーンや、

「北の国から」において
大晦日の夜、正吉の家から垣間見えた母子のぬくもりの中、
テレビに映し出された紅白の映像を雪の中で見る

そんな名場面も紅白が紅白であったからこそでした。


もちろん当時、
心躍る裏番組があった訳ではなく。
テレビだって一家に1台でしたから、
比べる土壌にはないのですが、
一抹の寂しさは禁じえません。


年の瀬に少し湿っぽい記事になってしまいました。


皆さま、
本年度のご来訪、心から感謝いたします。


生来の無精者である私が、
何とかここまで続けてこられたのは、
皆さまがこの拙いブログを覗きに来てくれたからこそです。

今年度はこれにて終了しまが、
何卒、来年もよろしくお願い致します。

皆さまの来年が幸多き年になりますように…。
心より祈念いたします。


スポンサーサイト

[ 2007/12/31 01:10 ] 昭和の風景 | TB(0) | CM(18)
こやけゆうや様、こんにちは。
本年は大変お世話になりました。
おかげさまで沢山の昭和に再会でき、
少年時代のわくわく感にひたらせていただきました。
来年も皆の胸の奥にしまってある昭和という宝物に
スポットをあてていただけるものと期待しております。
それではよい年越しをぉっ!
[ 2007/12/31 09:43 ] moukun [ 編集 ]
ゆうやさま、こんばんは。
今年も残すところ、あと数時間となりました。
子供の頃の大晦日の夕方ともなれば、レコード大賞のゆくえにドキドキしたものでした。
が、今年から30日。ここ数年の番組の衰退ぶりは寂しいものがありましたが今年はさらに・・・。

そして、紅白歌合戦のオープニングには間に合わない歌手がいたのも、
ハラハラものでしが、番組が進むにつれて華やかになるNHKホール。
勝敗はどちらに・・・。大晦日だけ、夜更かしを許された子供の私は、大人と一緒に、
眠い目をこすりながら、テレビの画面を見つめました。
が、演歌歌手が続く後半、強烈な睡魔が・・・。
ハッと気づくと、年越し蕎麦の支度をしている母の後姿。
何て懐かしく、温かい時間だったのでしょう。

ここにお邪魔させていただいて、まだ日が浅い私ですが、
ゆうやさまの昭和ワールドに、本当に癒された水無月でした。
来年も素敵な記事をお待ちしております。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
[ 2007/12/31 16:35 ] 水無月 [ 編集 ]
こんばんは♪
大晦日にこちらにお邪魔できてよかったです~。
そうですよね、私も昔はレコード大賞が楽しみでした。
そして、その後の紅白・・・行く年来る年・・・
家族が一緒にテレビを見ていた時代でしたよね。
(あ・・恥ずかし話しですが、sara家は・・・
テレビ1台しかありません。←こんな家・・今どき無いですよね。)(^^;
ゆうやさん、これからもずっと、温かでちょっぴり切なくて・・
それでいて優しい昭和の時代をみなさんに伝えてくださいね。
そして、赤いポストは、過去と現在の私の心の支えです。
これからも時の流れと共に、人の心の温かさも大切にしてゆきたいなと思いました。
よいお年をお迎えくださいね。
来年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m
[ 2007/12/31 21:58 ] sara [ 編集 ]
こんばんわ ゆうやさん
時間が過ぎるのがとても早く感じるのは年齢のせいでしょうか(;一_一)
昭和の大晦日の過ごし方、全く同感です、この日だけは親公認で夜更かしが出来たこと、その紅白歌合戦が毎年続いていて我が家で見ることが出来る幸せを感じています。
ゆっくり生きよう楽しいことを考えながらの精神で~軽い気持ちで始めたブログも約一年になろうとしています。これだけ続いてこられたのもゆうやさんをはじめ皆様がいらっしゃってくださるので励みになり、お顔も知らない方と思いもよらず素敵なつながりが出来たと喜んでおります。
今年はご来訪、本当に有難うございましたm(__)m
来年も よろしくお願いします。

[ 2007/12/31 22:06 ] ウサコ [ 編集 ]
何とかお正月の準備を済ませました。
ところが、なんと紅白を見ないで終わりました。色々あっても一応毎年ざっと見ていたのですが・・・。
おばあちゃんは三波春夫のファンでした。チョコンと正座して出番を待ってましたっけ。
昔ながらのお正月をしようと思うとそれは大変だとつくづく思います。
大家族で手伝う人が多く、のんびりした時代だったから可能だったんでしょうか。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします。
[ 2008/01/01 00:36 ] Ivoryboat [ 編集 ]
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m。
[ 2008/01/01 02:26 ] みどり [ 編集 ]
新年あけましておめでとうございます。昨年はブログを通して交流できました事大変嬉しく思っています。
新年早速の記事も『うんうn』とうなづきながら楽しく読ませていただきました。今は昔のワンパターンの年末もすっかり様変わりしたような・・
日本野鳥の会が無くなったのはいつから?と昨日の紅白の最後を見ながらはてな?と思っていた次第です。
でも三丁目の夕日に出演した薬師丸さんの登場はサプライズでよかったです。もう一度三丁目がみたくなっちゃいました。
今年も懐かしい昭和のお話楽しみにしています。
どうぞよろしくおねがいします。
[ 2008/01/01 10:17 ] 如月はじめ [ 編集 ]
moukunさま
あけましておめでとうございます

年を越したリコメントで失礼します。

師匠のありがたきお言葉
ゆうや、この胸にしっかと刻み込み、
新年をスタートさせました。

不肖の弟子ですが、師弟の絆は永遠に不滅です!(笑)

本年もどうかよろしくお願いいたします。
[ 2008/01/01 13:00 ] ゆうや [ 編集 ]
水無月さま
あけましておめでとうございます

年を越したリコメントで失礼します。

北海道は寒いのでしょうね。
こちらは寒いといっても氷点下知らず
水無月さんに比べれば、なまぬるいお正月です。はい。(笑)

水無月さんとこうしてお知り合いになれ、
正直「嬉しさが隠せないゆうや」です。(照れ)

本年もどうかよろしくお願いいたします。

[ 2008/01/01 13:12 ] ゆうや [ 編集 ]
saraさま
あけましておめでとうございます

年を越したリコメントで失礼します。

振り返ればブログを始めて最初にコメントをいただいたのがsaraさんでした。
この世に生を受けたものが、最初に見たものを親と思う生理のように、
私のはあなたです!(笑)

本当に感謝しています。

よし、今年は親孝行するぞ!!!

本年もどうかよろしくお願いいたします。
[ 2008/01/01 13:20 ] ゆうや [ 編集 ]
ウサコさま
あけましておめでとうございます

年を越したリコメントで失礼します。

家庭菜園の調子はどうでしょうか?
私はウサコさんのところの出来の良さオノノキ
頑張らねば、とよく思った昨年でした。(笑)

いつの日か「ALWAYS 続三丁目の夕日」の記事を書く時は、
ウサコさんのあの夕日のお写真を使わせてもらいますね。

本年もどうかよろしくお願いいたします。
[ 2008/01/01 13:30 ] ゆうや [ 編集 ]
Ivoryboatさま
あけましておめでとうございます

紅白を見る暇もない…。
私の義母もそんな感じだったと妻から聞きました。
晦日というのは、家事の中心となる方は大変ですね。

三波春夫ファンのおばあちゃま。
チョコンと正座して出番を待たれていたご様子、目に浮かびます。
昔の方は本当に行儀がよく、
その姿には謙虚さや感謝が表れていました。
そんな事を思っていると、自然に襟を正さねばと反省する新年です。

本年もどうかよろしくお願いいたします。
[ 2008/01/01 13:41 ] ゆうや [ 編集 ]
みどりさま
あけましておめでとうございます

みどりさんの読書量タマゲタ昨年の私です。(笑)
昨年、娘に贈ったもみどりさんから教えていただいたものでした。

みどりさんのブログ、
けっこう便利に使わせてもらってますね。(笑)
ありがとうございます。

本年もどうかよろしくお願いいたします。
[ 2008/01/01 13:47 ] ゆうや [ 編集 ]
如月はじめさま
あけましておめでとうございます。

そうでしたね。
紅白にあの東京タワー薬師丸さん。
私も「三丁目…」を思い出し、思わず薬師丸さんに拍手!でした。(笑)

野鳥の会のようなアナログの集計方式は今の時代には即さないのでしょう。
でも、必要とされる場所が必ずある訳ですから、
そんな人間的なアナログの良さを今年も見つめて行きたいと思います。

本年もどうかよろしくお願いいたします。
[ 2008/01/01 13:55 ] ゆうや [ 編集 ]
大晦日も元旦もm(__)m

独身時代のワタクシは、
日本レコード大賞とNHK紅白歌合戦を見るために早めにお風呂に入り、
その時間を待つのが恒例でした。

昔は、テレビ1台と言うのが良かったのですよね。
家族団欒。
今では、一人一台。
好きな番組を!?

何を隠そう。
普段の我が夫婦。
同じ番組でも別の部屋^^;
でも、冬になると私がいるコタツの居間に潜入!
チャンネル権を奪われますーー;

あ~新年早々、恥をさらしちゃいました^^;

そんなワタクシですが、よろしくね!
[ 2008/01/02 15:02 ] wakazukuri [ 編集 ]
「北の国から」のシーンはよく覚えています。

あれは切なかったです、確か
二人で家に帰って行くんですね。

だけど、
父さんがいて3人でいい時間を過ごす。

丘の上から叫んでいる3人を見るのは
嬉しいような苦しいような複雑な気持ちでした。

しかし、紅白も変わりました。

昭和の年末年始って良かったな~
って、完全にオヤジですね(笑)

ありがとうございました。
[ 2008/01/02 19:57 ] ヤス [ 編集 ]
wakazukuriさま
あけましておめでとうございます

何を隠そう。
普段の我が夫婦
同じ番組でも別の部屋。(汗)
更に娘も…。

例えば同じシーンに感激し、
(感激と言っても、こいつアホやなぁ程度の事ですが…)
皆が各部屋を飛び出し、共感を求めたり忙しい家族です。(笑)

ま、私は喫煙者なので喫煙可能部屋にいつも隔離状態です。(笑)

新年早々、恥の上塗りでした。(汗)

本年もよろしくお願い致します。


[ 2008/01/03 00:33 ] ゆうや [ 編集 ]
ヤスさま
あけましておめでとうございます。

「北の国から」のあのシーン。
本当に切なかったですね。(涙)
特に黒板家ラジオしかなく、ラジオから流れる紅白が寂しく聞こえました。

昭和を懐かしむのは…やはりオヤジなのでしょうか?(笑)

本年もよろしくお願い致します。
[ 2008/01/03 00:53 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。