2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

聖夜に赤玉ポートワインを…。


赤玉のクリスマス


子供の頃、
クリスマス特別な日でした。

もちろん今でも非日常的な日には違いないのですが、
サンタクロースを夢見てた分だけ特別だったのでしょう。

サンタクロースの存在を夢見なくなったのが、
いくつの頃からだったのか、
今ではその記憶も残っていませんが、
特別な事はまだ沢山ありました。


家でまあるいケーキを食べることや、
普段にはあまり無かった洋食の夕飯。

ロウソクやクリスマスツリーなど、
普段の生活の場が一変する驚きに満ちていました。


そんな夜の宴の席で、
母がその時にしか使わないワイングラスに、
トクトクと音をたてて注いでいた赤い飲み物。

それが『赤玉ポートワイン』でした。


「おいしいの?」と聞いた私に、
「これは甘いから」と少し舐めさせてくれたものです。

思えば父はそれには口をつけず、
ビールを飲んでいた気がします。
あれは母だけのお酒だったのでしょう。


普段、お酒など飲まない母でしたが、
クリスマスという特別な日だから…。
と思ったのでしょう。


赤玉スイートワイン



その後ずっと『赤玉ポートワイン』は、
我が家のクリスマスには登場していました。

赤玉ハニーワイン、赤玉パンチ、
など名称や種類は変っていましたが、
いつもどこかにありました。

そして現在は赤玉スイートワイン

もう母も他界し、
誰も飲まなくなったボトルが1本残っています。


今年のクリスマスは回顧復帰


新しい赤玉スイートワインと、
今年100年目を迎えた赤玉の記念ボトルを用意して、
今宵、家族で一献かたむけようかと…。


赤玉100年記念ボトル
赤玉スイートワインの太陽にとまっているのはテントウムシ。偶然の産物です。


赤玉ポートワイン
1907年(明治40年)4月の発売とのことですから、
もう100歳(1世紀)になります。

昭和を全て見てきたこの赤玉
サントリーさんの社名が「sun(=赤玉)+鳥井」から
名付けられたことは有名ですが、
このワインが100歳を迎えたことは知りませんでした。

赤玉ポートワインの歴史はこちら…

思えば日本で最初のヌードポスターも、
この赤玉ポートワインのものでしたね。

ポスターはこちら…

多くの人に愛され、
歴史に名を刻む赤玉スイートワイン。
素晴らしいお酒です。


そういえば、
当時のクリスマスケーキで思い出されるのが、
バタークリームケーキアイスクリームケーキ

特に丸い発泡スチロールに入って売っていた、
あのアイスクリームケーキはどうなったのでしょう。
昨今では全く見なくなってしまいました。

今一度食べてみたいものです。



さあ、夜も更けてまいりました。
これから私は回顧復帰の第2段

大学生にもなった娘の寝室に忍び込み、
サンタお菓子ブーツ」(1500円)を枕元に…。


これは大人の遊びですね。



クリスマス・ソングスクリスマス・ソングス
オムニバス ヒラリー・ダフ ブルー

曲名リスト
1. ジョン・レノン&ヨーコ・オノ /ハッピー・クリスマス(戦争は終った)
2. マライア・キャリー /恋人たちのクリスマス
3. ワム!/ラスト・クリスマス
4. ポール・マッカートニー /ワンダフル・クリスマスタイム
5. ステイシー・オリコ /クリスマス・ウィッシュ
6. アシャンティ/ザ・クリスマス・ソング
7. アリシア・キーズ /リトル・ドラマー・ガール
8. ジョー /ディス・クリスマス
9. ジェシカ・シンプソン /オー・ホーリー・ナイト
10. ヒラリー・ダフ /ジングル・ベル・ロック
11. ブルー /ギフト
12. グロリア・エステファン/クリスマス・スルー・ユア・アイズ
13. ダイアナ・ロス /ウィンター・ワンダーランド
14. グラディス・ナイト&ザ・ピップス /ザット・スペシャル・タイム・オブ・イヤー
15. ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック /ディス・ワンズ・フォー・ザ・チルドレン
16. Lucky Soul /ロンリー・ディス・クリスマス
17. ダン・フォーゲルバーグ /懐しき恋人の歌
18. ジャネット・ケイ /サイレント・ナイト
19. ケイト・ブッシュ /ホーム・フォー・クリスマス

1. ロイ・ウッド/ クリスマス・エヴリデイ
2. ジャクソン5/ ママがサンタにキスをした
3. B2K/ サンタが街にやってくる
4. シンディ・ローパー/ ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー
5. ビリー・スクワイア/クリスマスに”I LOVE YOU”
6. ザ・ポーグス・フィーチャリング・カースティ・マッコール/ ニューヨークの夢
7. Mew /シー・ケイム・ホーム・フォー・クリスマス
8. ベリンダ・カーライル/ クリスマス・ララバイ
9. バーシア/ 天使たちのクリスマス
10. カーニー・&ウエンディ・ウィルソン/ ヘイ・サンタ
11. クリス・レア/ ドライヴィング・ホーム・フォー・クリスマス
12. エターナル/ アイ・アム・ブレスド
13. エクスケイプ/ クリスマス・ウィズアウト・ユー
14. ウェンディ・モートン/ クリスマス・タイム
15. フェイス・エヴァンス/ ホワイト・クリスマス
16. デルタ・グッドレム/ ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス
17. ロクセット/涙のクリスマス(愛のぬくもり)
18. ボズ・スキャッグス/ フェイド・イントゥ・ライト
19. フィオナ・アップル/ フロスティ・ザ・スノーマン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

[ 2007/12/25 02:32 ] 昭和の風景 | TB(0) | CM(14)
書こうと思ったらもう書いてありますね。アイスクリームケーキのことも。
全くダブる昭和世代ですね。
私はあの場t-クリームが結構好きでまた食べたいと思っています。アイスクリームケーキは一度だけ登場しましたが二度はありませんでした。
 とうとう今年はケーキも食べませんでした。子供が成長してしまうとよほど自分でテンションを高めないと維持できないイベントです。飾ったり料理したり楽しいのですけどね。
そうそう赤玉ポートワイン、甘くて好きでした。今晩買ってみようかな。シャンメリーよりもいいかもしれません。
[ 2007/12/25 06:58 ] Ivoryboat [ 編集 ]
こんにちは。
お嬢さまは、プレゼントに気づかれたでしょうか?
楽しいお父様サンタさんですね。

赤玉ポートワインとともに蘇る、お母様とのちょっぴり贅沢な思い出、
とても微笑ましく、素敵だな・・と思いました。
100年の間日本人に親しまれ、ゆうやさまのような、
素敵な思い出を持つ方も多いのでしょうね。
てんとう虫のお写真は、ゆうやさまのお庭でしょうか?
日差しがあふれて、ツリーとともにパンジー、シクラメン・・・素敵ですね。
てんとう虫ちゃんったら、太陽にとまるなんて、
ニクい演出をしてくれましたね。

バターケーキは、子供の頃、ケーキ作りに凝っていた母と、
一緒に作った思い出があります。
クリームを絞って飾ってみたくて、母を困らせましたが、
バタークリームは何度でもやり直しができるのですよ~。
後でこっそり絞り直しているのを、目撃したことがあります(笑)
アイスクリームケーキは、某○ブン○レブンの予約パンフレットに載っていたように思います。まだあるんだ~?と、懐かしく思いました。
[ 2007/12/25 13:30 ] 水無月 [ 編集 ]
 「ぽ~っとワイン」てか?(おやじギャグ!)小学生の時(!)初めて「飲んだ」と思う。ま~、甘ったるいこと。「こんなのが、いいの?」と思ったが、
なにせ「小学生」(おい!)「大人の味とは、こうゆうものか」などと「知ったかぶって」おりました。超未成年にて、
「酔っぱらい」(まっ、時効でしょ)
…ナツカシの「甘い大人の味」ですかね?
いつだったか、大人になって「飲んだ」けど、「あの甘さ」のままでしたね~。
やはり「変わらぬ味」は、懐かしいかぎり
です。
[ 2007/12/25 16:47 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
本日、職場でバタークリームとアイスクリームの話が。。。
以前は、ケーキも大きくて、箱ごと冷蔵庫に入れるのが大変だったような!?
でも、今は15㎝くらいが主流だとか!?
最近では、我家はほとんどシュートケーキ。
先日いただいたケーキも、一人で完食!
結局、クリスマスケーキなるものはありません^^;

久しぶりにまあ~るいケーキを食べてみたいわ。。。

OLの頃、同僚と赤玉ハニーワインを飲んでいたような気がするわ。
[ 2007/12/25 21:53 ] wakazukuri [ 編集 ]
Ivoryboatさま
メリークリスマスv-255

実は我が家もアイスクリームケーキが登場したのは1度きり。(笑)

宣伝につられて買ってはみたものの…。
といった具合だと想像しております。

赤玉スイートワイン」本当に甘くて、けっこうはまります。(笑)
それに「養命酒」よりも量が飲めるところがポイント(笑)かな?
是非お試しあれ。
[ 2007/12/25 23:40 ] ゆうや [ 編集 ]
水無月さま
メリークリスマスv-255

実は娘の方が私より上手でした。(汗)

私が彼女の部屋に忍び込み、
枕元にサンタブーツを置いたのがAM3:00
「よし!成功!」とニンマリして床についたのですが…。

7:00に起こされると、何と枕元には娘からのプレゼントが…。
「ややっ!奴はいつの間に?」
妻が起きるのが6:00過ぎ、その僅か3時間程の間に、娘サンタにやられた訳で…。
彼女は丁寧にも私と妻と仏壇の3ヶ所に、
それぞれの好みのお菓子(300円相当)をラッピングして置くという離れ業
完璧に私の負けです。(笑)
来年こそは…と心に誓わずにはおれませんでした。

テントウムシが冬でも生息するのは、
お察しの通り我が家の庭兼家庭菜園兼密林です。(笑)

来年は7-11にてアイスクリームケーキを買ってみようかな。(笑)
[ 2007/12/25 23:58 ] ゆうや [ 編集 ]
吉岡さま
メリークリスマスv-255

困りましたねぇ~。
超未成年の酔っ払いには。(笑)

実はあれ、甘いのですがアルコールは14%あります。
超未成年は酔ってヘロヘロに成るは必定。(笑)
吉岡さんじゃないけど、体が「ぽ~っとワイン」です。(笑)
寒いので今も目の前のグラスに赤い液体が…。(汗)

本当に何故か子供の頃が懐かしい(?)ですね。(笑)
[ 2007/12/26 00:10 ] ゆうや [ 編集 ]
wakazukuriさま
メリークリスマスv-255

waka様がOL時代にお飲みになったのは、
絶対に赤玉ハニーワインに相違ございません!(笑)
昭和30~40年代にお生まれになった方は、
必ず一度は口にしています。
あ、いえ、そうであって欲しい。(汗)
そうでなければ100年も持ちません。(笑)

それが証拠に拙い昭和の伝道師である
私と同じ話題になったでしょ。今日。
それが動かぬ証拠です。(笑)

来年はま~るいケーキ食べてくださいね。
もちろんバタークリームケーキでなければなりませんが…。(笑)
[ 2007/12/26 00:20 ] ゆうや [ 編集 ]
お父さんサンタさん、そしてお嬢様のサンタさん。ほほえましいクリスマスのご様子を拝見して、心がほっこりと温かくなりました。実は娘がもう中学生になったので、もうサンタは卒業だなと思った今年だったのですが・・・ゆうやさんの記事を拝見して反省することしきりでした。来年はお母さんサンタ復活でいきたいと思います!
[ 2007/12/26 17:19 ] みどり [ 編集 ]
ゆうや様、こんばんは。
赤玉が甘過ぎて噴出したのは以前お話いたしました。(笑)
よって、その話はこちらに置いておいて。(よいしょ。と。)
なんと素敵なダディーとハニーなのですかっ!
私も、かくありたい。
「健全なる精神は健全なる肉体に宿る。」
象徴たる言葉ではありますが、まさに。
聞いてよ兄ぃ。
我が家の長女ときたら、私が楽しみに
していた明太子スパゲティーソースを、
こともあろうか無断で焼き飯に利用したまま、出かけていました。
発見した私は愕然としまして胸の内を飾らずにメールした次第です。
「二度と帰ってくるな。」
[ 2007/12/26 22:40 ] moukun [ 編集 ]
みどりさま
メリークリスマスv-255

もう中学生なのか、まだ中学生なのかTPOによって微妙ですね。(笑)

我が家の場合はもう大学生と言い切っても問題はないのですが、
この娘は昔からサンタクロース好きな、やや変わり者。(汗)
だからみどりさんにご紹介していただいた本に、
今、完璧にはまっております。(笑)

どちらにしろプレゼントは、
たとえそれがどんな物でも、幾つになっても嬉しいものです。
ちなみに私が貰ったのは、
200円ほどのアーモンドチョコと100円ほどのマシュマロ。(笑)
どちらも大好物なものでした。

来年はこの点でも負けたくないので、
500円程度で買えるサンタの帽子にしてやろうと思案中です。(笑)

1年後を目指してお互いに悩みましょうね。(笑)
[ 2007/12/27 02:01 ] ゆうや [ 編集 ]
moukunさま
メリークリスマスv-255

「二度と帰ってくるな。」
師匠らしい愛情一杯のお言葉。
ゆうや思わず感涙です。(泣)

師匠の落語を子守唄に育ったお嬢様です。きっと、
『パパ無理しちゃってカワイイさて、どんなオチをつけて喜ばせてあげようかな?』
なんて思われたことでしょう。(笑)

「健全なる精神は健全なる肉体に宿る。」
とはよく言われますが、
本来はその後に「~のが望ましい。
と言われたのだそうです。
この後の文脈が人間的であって、
私はそれを頼りに生きております。
望ましいとは単なる期待でしかありませんからね。(笑)

明太子スパVS明太子焼き飯
やっぱり焼き飯のほうが部があるようで…。
がんばれ!ぱぱ。(笑)



[ 2007/12/27 02:35 ] ゆうや [ 編集 ]
こんにちは。
湘南のやすさんのページからお邪魔しました。

すごく素敵で懐かしい宝箱のお話に
年末のせわしい心が
暖かさと涙がいっぱいです…今年ラストの嬉しい出会いかも…。

クリスマスにお嬢様へのプレゼント…素敵な父子ですね。ブーツお菓子は永遠です!わたしは高校生の一人息子に、今年はユニセフの熊のぬいぐるみを贈りました。

2月に生徒たちと
スキーお泊まり保育?に行くので、スキーの記事は嬉しかったです。

またお邪魔させて下さい。
平凡平穏なよき年末年始を…。
[ 2007/12/29 11:24 ] たあひめ [ 編集 ]
たあひめさま
お晩です。

ようこそいらっしゃいました!(拍手)

ユニセフの熊のぬいぐるみ
素敵なプレゼントですね。
それ、来年つかわせてもらおうかなぁ…。(笑)
さっきネットで調べたら、すごくカワイイ熊でしたから。

スキー?生徒?お泊り&保育?(爆)

何やら楽しげな行事ですね。
あ、失礼。現実は大変なのでしょうね。きっと。
苦労話、聞かせてくださいね。(笑)

本当にようこそお越し下さいました。
こちこそよろしくお願いいたします。
たあひめにとって、来年が幸多き一年でありますように…。
[ 2007/12/30 02:31 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。