2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子守唄

皆様はどのような子守唄りにつきましたか?
皆様はどのような子守唄われましたか?


子守唄
幼い子供をあやしたり、
寝かしつけたりするために歌われる唄です。

(厳密には「遊ばせ唄」「眠らせ唄」「守り子唄」の分類で分けられるそうですが、
それぞれについての深い考察はこの記事ではいたしません。)



幼き頃、
おぼろげに記憶している母の声と背中に残る手の感触


私の母は二つの唄を聞かせてくれました。

ねんねんころりよ おころりよ
で歌い始める「江戸子守唄」

ねんねこしゃっしゃりませ
と、いかにも物悲しいメロディで始まる「中国地方の子守唄」でした


私は何故か「中国地方の子守唄」が好きで、
よくねだったものでした。


思えば「子守唄」は最初に聞く唄であり、
親とのコミュニケーションでした。
そのことが情操教育にどう影響するかは分かりませんが、
親の祈りに似た愛情を感じる行為だとは思います。



江戸子守唄
日本古謡

ねんねんころりよ おころりよ
ぼうやはよい子だ ねんねしな
ぼうやのおもりは どこへいった
あの山越えて 里へいった
里のみやげに なにもろた
でんでんたいこに しょうの笛



中国地方の子守唄
中国地方民謡
作曲:山田耕筰

ねんねこしゃっしゃりませ
寝た子のかわいさ
おきて泣く子の
ねんころろ 面にくさ
ねんころろん ねんころろん

ねんねこしゃっしゃりませ
今日は二十五日さ
明日はこの子の
ねんころろ 宮詣り
ねんころろん ねんころろん

宮へ詣ったとき
なんというて拝むさ
一生この子の
ねんころろ まめなよに
ねんころろん ねんころろ




我家での子守唄は母の頃と比べると
かなりの変化を見せていました。

妻が「江戸子守唄」を中心に
「赤とんぼ」「小さい秋見つけた」の3曲。

私が「中国地方の子守唄」を中心に
「江戸子守唄」「五木の子守唄」「竹田の子守唄」の4曲。

妻が言うには自分のキーが合う曲を歌ったそうで、
私はと言えば赤い鳥で覚えた「竹田の子守唄」を必ず歌ったように、
時代によって多少の変化はあるものなのでしょう。



五木の子守唄
熊本県民謡

おどま盆ぎり盆ぎり
盆から先ゃおらんど
盆が早よ来りゃ 早よもどる
  
おどまかんじんかんじん
あん人達ゃ よか衆
よか衆よか帯 よか着物
  
おどんが打死ちゅて
誰が泣いてくりょか
裏の松山 蝉が鳴く
  
おどんが打死んだば
道端ゃいけろ 
通る人ごち 花あぎゅう
  
花はなんの花 
つんつんつばき 
水は天から もらい水




竹田の子守唄
京都市民謡

守もいやがる 盆からさきにゃ
雪もちらつくし 子も泣くし

盆がきたとて なにうれしかろ
かたびらはなし 帯はなし

この子よう泣く もりをばいじる
守も一日 やせるやら

はよも行きたや この在所こえて
向うに見えるは 親の家(うち)




三つ子の魂、百まで』と言いますが、
果たして我が娘たち
いったいどんな子守唄を歌うのでしょうか。

私達が歌った唄を歌ってほしいものですが、
それは強制することではありません、
彼女達なりに愛情を注いで子供に接してくれたら…
それだけで充分です。


まだ早いのですが訊ねてみたい気もします。
でも…

「私のララバイはねぇ。倖田來未
なんて切り替えしが怖くて聞けません。

皆様の思い出の子守唄は何ですか?



〈COLEZO!〉赤ちゃんの子守歌ベスト
〈COLEZO!〉赤ちゃんの子守歌ベスト
胎教・子守唄 伊藤京子 佐々木成子

関連商品
ほーら泣きやんだ! : すやすやねんね編 ミッフィー どうようパーティー 親子で歌えるたのしい童謡がいっぱい!もりだくさんの童謡50曲。 〈COLEZO!〉やさしいママのマタニティーミュージックベスト おじいちゃんもおばあちゃんも聴いてねむった子守歌〈ベスト25〉 ほーら、泣きやんだ!ロイヤルモーツァルト編
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. 中国地方の子守唄(岩崎宏美)
2. 島原地方の子守唄(岩崎宏美)
3. 最上地方の子守唄(せんどのやんま)(小鳩くるみ)
4. 大阪の子守唄(天満の市は)(小鳩くるみ)
5. 五木の子守唄(ビクター少年合唱隊)
6. 江戸子守唄(坊やはよいこだ)(ビクター少年合唱隊)
7. ねんねこぼっちゃん(東京放送児童合唱団)
8. モーツァルトの子守歌(伊藤京子)
9. ジョスランの子守歌(伊藤京子)
10. 夜の調べ(伊藤京子)
11. ブラームスの子守歌(佐々木成子)
12. 眠りの精(佐々木成子)
13. ラ・ラ・ルー(小鳩くるみ)
14. おやすみ(小鳩くるみ)




竹田の子守唄―名曲に隠された真実
竹田の子守唄―名曲に隠された真実藤田 正

解放出版社 2003-02
売り上げランキング : 46977

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
放送禁止歌 (知恵の森文庫) メッセージ・ソング―「イマジン」から「君が代」まで 放送禁止映像大全 封印作品の謎 少年Mのイムジン河

スポンサーサイト

[ 2007/11/30 02:52 ] 昭和雑感 | TB(0) | CM(16)
知っている限りの子守歌を歌いました。もちろん江戸子守歌も。音痴だから息子にとっては迷惑だったかもしれません。彼が一番喜んだのは「眠れよい子よ庭や牧場に鳥も羊も・・・」でした。特に「月は窓から銀の光を」にさしかかると喜んで笑い声をあげていました。いい思い出です。
[ 2007/11/30 12:37 ] Ivoryboat [ 編集 ]
 「子守唄」というと、小学5年生に観た「チキチキ・バンバン」(チキチキマシン猛レース、じゃないよ。ミュージカル仕立てのイギリス映画です。)を思い出してしまう。主人公の「売れない発明家」の子供たちが、父の「子守唄」で眠るシーンがあります。歌の題は「子守唄の港」(ララバイ・ベイ)。いい「唄」です。いまでも、好きで時々「聴きたく」なります。また、40歳を過ぎてから
「美空ひばり」さんが好きになり、歌謡曲の「子守唄」も好きになりました。歳かな~。
[ 2007/11/30 15:08 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
子供たちによく歌ってやった歌なんですが、題名がさだかじゃないんです。

♪ゆりかごの夢を カナリヤが歌うよ~ねんねこ ねんねこ ねんねこよ~

というのですが・・・。
[ 2007/11/30 16:18 ] みどり [ 編集 ]
Ivoryboatさま
お晩です。

やっぱり子守唄はメドレーですよね。(笑)
一曲で寝てくれるほど子供は甘くはありません。
そこで私もメドレーでした。

なるべく眠りを誘うようにと、
ゆっくりとしたテンポで歌うのですが、
その催眠術にかかるのは私自身であることがほとんどで、
自分のための子守唄のようでした。(笑)
[ 2007/12/01 03:12 ] ゆうや [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

「チキチキ・バンバン」
懐かしいですねぇ~。(笑)

しかし吉岡さんがおっしゃるように、
年を重ねると演歌が耳障り良く入ってきます。
これはいったい何故なのでしょう。

若い頃はそうでもなかったのに、
やたらとしっくりくる自分が不思議です。

テレビやラジオで演歌を耳にすると、
一緒にコブシなんぞを回している自分に遭遇し、
思わず苦笑してしまいます。(笑)
[ 2007/12/01 03:19 ] ゆうや [ 編集 ]
みどりさま
お晩です。

あ!それ「ゆりかごの唄」です。(笑)
私も歌ってました!

なんと作詞は北原白秋さんです。
そして作曲は「汽車ポッポ」や「夕焼けこやけ」を
作った草川 信さんという方でした。

調べてみると歌詞は4番まであるみたいなのですが、
私は1番しか歌っていませんでした。

ゆりかごの うたを
カナリヤが 歌うよ
ねんねこ ねんねこ
ねんねこよ

ゆりかごの うえに
びわの実が ゆれるよ
ねんねこ ねんねこ
ねんねこよ

ゆりかごの つなを
木ねずみが ゆするよ
ねんねこ ねんねこ
ねんねこよ

ゆりかごの 夢に
黄色い月が かかるよ
ねんねこ ねんねこ
ねんねこよ


改めて歌詞を読んでみると、
さすがに良い詩に思われます。(笑)
[ 2007/12/01 03:32 ] ゆうや [ 編集 ]
子守唄・・・記事に書いてある歌詞を拝見して
遠い昔と温かさと・・・若かった頃の母を思い出してしまいました。
私・・息子を出産して2ヶ月目に・・・夕焼けを見ながらなぜか子守唄を歌っていると・・・
「その昔、母はどんな思いで赤ちゃんだった私を抱っこしていたのかな。」そんなことを思いました。
夕焼けと子守唄・・私にも一つの想いとして残っています。
(お知らせ☆シルルのコンクールが終わったので、「素敵な時間」・・また公開設定に戻しました。後日、シルルの演奏をアップしますね♪)
[ 2007/12/01 08:37 ] sara [ 編集 ]
ゆうや様、こんにちは。
子守唄…。
私自身は聞いた記憶がないのです。
決して邪険にされてた訳ではないのですが。(笑)
娘どもは、寝かしつける時に歌なんて聴くと目が冴えて寝ないので静かに抱っこして、
ゆっくりとスイングしておりましたです。
でね、私が編み出した寝かしつけの技。
赤ちゃんは母の胎内の音が落ち着くはずなので、
ゆっくりとスイングしながらお尻のあたりを掌でかるくトントンしてやります。
心臓の鼓動のリズムでですよ。
右心房、左心室を流れる血流をイメージしつつ「トックン…トックン…」
とやってると、いつのまにか眠りにおちていたものです。
で、折角寝たのに「浪曲子守唄」などを
熱唱してしまうダメな男でした。(笑)
小学生くらいになれば古典落語を語って寝かしつけましたよ。
今でも娘達は「寿限無」が言えるはずです。
子供達も育ってしまった今となっては懐かしく思い出しますよねぇ。
そうそう。
お風呂では、よく一緒に歌ってましたよ。
♪おなかのぉ~おおきなぁ~おおじ~さま~
しろい~おようふくが~やぶけそ~だよ~お
きんの~ボタンも~とれそお~だよ~
ああ。懐かしい。ぐすん。
[ 2007/12/01 17:07 ] moukun [ 編集 ]
saraさま
お晩です。

夕焼けと子守唄
saraさんの思い出を読みながら、
「赤とんぼ」の歌詞が頭に浮かびました。

夕焼小焼の 赤とんぼ
負われて見たのは いつの日か


私はこの歌が大好きで、私にとっての郷愁のメロディです。
実は私のハンドルネームもここから戴きました。(笑)

「素敵な時間」公開されるようになったのですね。
また、お邪魔します。(笑)
[ 2007/12/01 22:22 ] ゆうや [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

「寿限無」が出来る娘さん!
さすがmoukun家、教育が派手です。(笑)

実は最新号の「サライ」は落語特集の第2弾。
「寿限無」がCDに入り、本文では演じ方の解説付き!
私、購入しました。(笑)
moukun一家に遅れをとらぬよう練習中です。(笑)

お風呂場での歌。
小椋桂さんですね。(笑)
私も子供が小さい頃に一緒に歌った記憶があります。

でも、今ではもう歌えません。(汗)
ちょっとリアルすぎる体型になってきましたので…。
[ 2007/12/01 22:46 ] ゆうや [ 編集 ]
私が母から聞かされた記憶は無いのですが弟達に歌って聞かせていたのが「江戸子守唄」と「五木の子守唄」だったと思います。ですから私も子供達には「江戸子守唄」を歌ってあげました。当然、子供達は記憶にないと思いますが(苦笑)
それと「五木の子守唄」を聞くといまだに切なく胸に込み上げてくる物があります…きっと母が感情を込めて弟達に聞かせていた寂しげな後ろ姿が記憶にあるからなのでしょうか。
[ 2007/12/01 23:08 ] 爺龍 [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です。

子守唄の記憶が無いのは、
それだけ自立が早かった証拠です。

私のような甘ちゃんはいつもでもづるづると寝なかったのでしょう。(笑)

「五木の子守唄」の歌詞もメロディも本当に切ないですよね。
そんな歌を歌ってくれる母親の後姿。
思わず私も切なくなりました。(涙)

[ 2007/12/02 01:14 ] ゆうや [ 編集 ]
ワタクシがどんな子守唄で育ったかは、記憶にございませんが、
娘達には、ゆうやさんのお母様と同じく、
「江戸子守唄」と「中国地方の子守唄」が定番でした♪
でも、そのほかにもメドレーで。。。
おんぶをして育てましたよ。

「竹田の子守唄」も大好きです♪

今のお母さん達って、どんな子守唄を歌うのでしょうね。
娘達が母になった時には、どんなだろう。。。
[ 2007/12/02 21:14 ] wakazukuri [ 編集 ]
wakazukuriさま
お晩です。

私も「竹田の子守唄」が大好きでした。(笑)
赤い鳥がこの唄を歌ってヒットさせたのが1971年(昭和46年)。
当時13歳であった私の感受性に揺さぶりをかけた曲です。

その後、放送禁止曲となったりと、
私の理解を超えた状況で流浪した曲ですが、
私の思い出の一曲でもあります。

今のお母さんたち、本当にどんな子守唄を歌っているのでしょう?
知りたいようなそうでないような…。
複雑な心持です。(笑)

あんがい我々と変わらない気もしますが…
[ 2007/12/03 00:08 ] ゆうや [ 編集 ]
ご訪問コメント有難うございます!
子守唄ですかぁ~島原の子守唄が同じ長崎というのでなじみ深いですね。
最近のおかぁさん達は、どんな子守唄を聴かせているんでしょうか?
また、ちょこちょこ寄らせてもらいますね。
[ 2007/12/03 00:56 ] あみ・もと [ 編集 ]
あみ・もと さま
お晩です。

早速ご訪問いただき、
ありがとうございます。(感謝)

中部地方に住まいする私にとって、
『長崎』は語感からして魅力的な響きのあるところです。
そしてに携わるお仕事。
何も知らない私が軽く言っては失礼ですが、
そのことにも何かしらの憧れを抱きます。(笑)

「島原の子守唄」
おどみゃ島原の~ですね。(笑)
オロロンバイが印象的な子守唄でした。
やはり曲調は物悲しく胸に迫ってきます。
子守唄ってどうしてみんなそうなんでしょうね。

今後ともよろしくお願いいたします。

[ 2007/12/03 01:29 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。