2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昭和日常博物館(その3)

先日、以前にも2回ご紹介した、
愛知県北名古屋市(旧師勝町)にある、
「昭和日常博物館」(北名古屋市歴史民資料館)で
企画展を見てきました。

双六メイン
入口すぐのお店(今回は履物屋さんでした)


今回のテーマは
『新・コドモノコロ双六』
サブタイトルには
世代をこえて親しまれるスゴロク+α=「回想・交流スゴロク」
と、ありました。


双六ユカ 入口の床には双六状の誘導路


「昭和日常博物館」では
高齢者の回想、思い出を引き出して、
その思い出をきっかけに子供たちとの交流を図る、
「コドモノコロ双六」を作成しているそうです。


世代を超えた高齢者の方と子供たちとの交流。
その世代間交流を即すツールとして、
当時の思い出が詰まった双六作成し、
記憶の伝承が行われています。


双六k


今回の企画展は、
そんな「回想・交流双六」と一緒に、
昭和初期から昭和30年代に親しまれた双六が、
いつもの昭和の街角とともに展示されていました。


双六rn 双六kn
のりもの双六はいつの時代も人気です

双六k2 双六gk
少年ケニアすごろく       原子科学双六


回想法という非薬物医療が、
高齢者の子供の頃の記憶を引き出し、
楽しい一時を過ごすことにより、
認知症などの予防や治療に役立つとのこと、
素敵な試みだと思いました。


奥の方にはこんな懐かしいゲームも…

双六yb 双六bg 双六gg
覚えていますか?「野球盤」「ボーリングゲーム」「魚雷戦ゲーム」


双六時計
ふと覗いてみると、そこは時計屋さんでした…


この企画展は
平成19年11月1日(木)~平成20年1月30日(水)
の期間行われております。

双六ポスター今回のポスター

お近くの方、一度お出かけになり回想法に触れられては…。

shikatu1 shikatu2 昭和日常博物館

現在この企画展は終了しております。


明治製菓㈱さんのご存知「明治サイコロキャラメル」です。
キャラメルを食べ終え、飽くことなくサイコロ遊び、
無邪気な頃を思い出しますね。

サイコロ こちらは我家の所蔵品(笑)


昭和日常博物館:過去記事はこちら…
昭和日常博物館(その2)
昭和日常博物館

スポンサーサイト

[ 2007/11/19 02:10 ] 昭和を感じる場所 | TB(0) | CM(18)
こんばんは
履物屋さんには、下駄がいっぱい!(息子に教えなきゃ・・。)(^^;
私も「のりもの双六」が好きです。( ^ ^ )Y 
シルルは、少年ケニアすごろくを気に入ってしまうかも♪
原子科学双六にはちょっと・・引いてしまいました。(笑)
懐かしい!!懐かしいゲーム・・・私が小さな頃にも家にありました。
私はボーリングゲームが好きでした。
「明治サイコロキャラメル」もとても懐かしいです。
私、本当にこのキャラメルの箱で遊んでいました。
まぁるいポスト・・・いいですね。私が、ゆうやさんのブログに初めてお邪魔した時も・・・確か赤いポストがありましたよね。o(*^^*)o
こちらに遊びにくると、本当に昔に戻ったような気がして、仕事の疲れも軽くなります。☆
昭和の時代は・・・安らぎの場所ですね。



[ 2007/11/19 19:54 ] sara [ 編集 ]
懐かしいの一言です!
野球盤にボーリングゲーム、魚雷戦ゲームと子供の頃に友人の家でよくやりました。そして近所の駄菓子屋さんで買って食べた明治サイコロキャラメルは2コ入りでしたね(^^)
懐かしいと言えば本日、遅ればせながら「ALWAYS続3丁目の夕日」を観て感動してきました~!エンディングロールでの少年達が戯れる映像は何故か?ゆうやさんのプロフィール写真を思い出してしまいました(笑)
[ 2007/11/19 23:11 ] 爺龍 [ 編集 ]
saraさま
お晩です。

やはりsaraさんは「のりもの双六」ですね。(笑)

乗り物って、本当にいつの時代でも子供に無条件で好かれますね。
そして、その心の奥底に横たわる本能を上手く増幅できた方が、
大人になって本能と正面から向かい合える乗り物ファンなのでしょうね。
どちらにしろ大好きなものがあるということは、
人生を輝かせます。(笑)

ふと自分を振り返ると…
未だに何が大好きなのかわかりません。(汗)
悲しい大人になってしまったようです。(涙)

「ボーリングゲーム」
我が家にもあり、細かいスコアシートに記入しながら弟と戦いました。(笑)
かなり真剣に遊んでいた時期を思い出します。(照れ)

saraさんに初めてお越しいただいたのも赤い丸型ポストの記事でした。
その意味からもあの記事を書いて、
本当によかったと心より感謝しております。

お仕事の方、無理なさらないで…
と言っても無理なのでしょうが(笑)
すこしブレーキに足をかけつつ、
頑張ってくださいね。(祈)
[ 2007/11/20 00:20 ] ゆうや [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です。

実は私、この中で特に燃えたゲームが「魚雷戦ゲーム」でした。(笑)
ゲーム形式はいたって単純でしたね。
ただ狙って玉(パチンコの玉の小さいもの)を発射!
コロコロと玉が転がって行き、
相手の戦艦の下の部分に当たればOK。
砲台の角度を調整し、ペンで印なんかつけちゃって、
結構燃えていました。

ま、「野球盤」「ボーリングゲーム」でも
かなり真剣に燃えた男だったのですが…(笑)

そうですか!
『ALWAYS続3丁目の夕日』観ていただけましたか!
きっと爺龍さんのことです。
オープニングのあの方のテーマBGM、
そしてあの方の登場に心躍らせていられたのだと、
勝手に想像しております。(笑)
しかしリアルな映像でしたね。
最近の映像デジタルテクニックには唸ります。

実はとっておきのネタ
今回ご紹介した「昭和日常博物館」の学芸員の方、
「ALWAYS」には当初から資料提供や専門的な監修で協力されていて、
「ALWAYS三丁目の夕日」「ALWAYS続三丁目の夕日」とも、
エンドロールにお名前が出ているんです。
お近くにこの映画に関わった方がみえるのは、嬉しいものです。


[ 2007/11/20 00:45 ] ゆうや [ 編集 ]
お早う御座います。

こう言う場所があるなんて良いですね。双六よく遊びました。地雷ゲームは記憶にありませんが、野球盤、ボーリングゲームは同級生宅で良く遊んだ記憶があります。明治サイコロキャラメルも懐かしいです。

回想法と言う療法があるのですね。こう言う場所は一日中いても飽きそうにないです。学芸員の資格を持っていたら、就職したいくらいです。^^
[ 2007/11/20 06:14 ] 親こあら [ 編集 ]
ゆうや様、こんにちは。
双六という言葉を現代の子供達は聞いた
ことがあるでしょうかねぇ?(笑)
二つのサイコロを転がし、出た目の数に
したがって駒を進める。
必然的に他の人よりも早く進みたい。
できれば双方のサイコロともに6の目が
出てくれれば優性である。
これが双六の語源のような気がします。
ところが双六につきものなのは、意地悪
なマスの指示「ふりだしにもどる。」。
何人の少年少女が悲嘆に暮れた言葉でしょう。(笑)
ボウリングゲーム。
重い鉄球を手動でセットして人形の角度
をきめるヤツですね。
♪な~か~や~ま~りつこさん~…。の頃でした。
当時のボウリングブームはすごかったですよねぇ。
現時点で古稀を迎える世代の人々に
ボウリングネタをふると目の輝きが
その鋭さを増します。
かくいう私の母がそうでした。
幼稚園から連れてかえられる途中に
ボウリング場がありまして、その前で、なぜか
近所のおばさんとばったり遭遇します。
二人がボウリングに興じている間、私は
高価だったはずの天津甘栗を一袋与えられ、ベンチで齧っておりました。
今思えば口止め料だったのだと思います。(笑)
[ 2007/11/20 12:04 ] moukun [ 編集 ]
そういう治療法があるんですね。
薬物に頼るのは怖いですし、身体にもよくないと思うので、素晴らしいことだと思います。

野球盤もボーリング盤も魚雷のも、クラスの男子の家でやらせてもらったおぼえがありますね。
なつかしー。
人生ゲームもありましたね。
[ 2007/11/20 15:38 ] みどり [ 編集 ]
親こあらさま
お晩です。

ほんとにこういう場所って飽きません。
私も今とても後悔しています。
もっとちゃんと勉強し、将来の道を定めるべきでした。(笑)

しかし学芸員という肩書き、
よ~く考えてみれば、
学術の「学」に芸術の「芸」です。
これは私と全く対極に位置する言葉…。
やっぱり無理のようです。(笑)
[ 2007/11/20 23:53 ] ゆうや [ 編集 ]
こんばんはー。
遊びに来ました~(^^)
昨日は、当方のブログへおいでくださいまして、ありがとうございます。

こちらのブログ、楽しいですね~♪
昭和日常博物館、行ってみたいです。
双六は、子供の頃、本当によく遊びました。毎年、子供の雑誌(小学○年生、とか)にはお正月号には必ずと言っていいほど双六の付録が付いてましたね。
当時流行っていた「人生ゲーム」にしても、やはり双六ですよね。

野球盤は友だちの家でよく遊びました。
「消える魔球」が出来るバージョンでしたよ(笑)
ボーリングゲームは従兄弟の家でよく遊びました(当時、ボーリングブームでした♪)
で、魚雷戦ゲームは、持ってました!v-221
まー、魚雷と言っても、パチンコ玉(のようなもの)がゴロゴロと転がるだけでしたが(笑)、それでもかなり白熱して遊んだものです(^^)

こうして書き出すと、本当に際限なくいつまでも書いてしまいそうです(^^ゞ
また、遊びに来させてくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[ 2007/11/21 00:15 ] ベルニナ [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

私は愚かな人間でした。(涙)
単純に「すごろく」と入力し、変換された「双六」
『あ、こんな字なんだ♪』と何の疑問も感じないまま、
ノーテンキに記事を書いてました。

しかしさすがですmoukun兄貴。
「双六」とはそういった意味合いが強い漢字なのでしょう。
その後いろいろと調べましたが、moukun兄貴のが有力だとの結論に達しました。
やはり言遊詩人の兄貴にはかないません。(笑)

で、中山律子さんです。(笑)
あそこまで氏名を連呼した歌があったでしょうか?
それでいて「さわやか律子さん」でした。
因みに私は野村美枝子さんが好きでした。(笑)
野村美枝子さんってわかりますかねぇ?

しかし幼少の頃より口止め料をせしめるては、
多才な幼稚園児であらしゃいましたこと。(笑)

[ 2007/11/21 00:23 ] ゆうや [ 編集 ]
みどりさま
お晩です。

みどりさんから頂いたコメントを読みながら、
私は気付きました。

こうやって懐かしいことを記事にしている私って、
ひとり回想法をやっているのではないか?と。
まさに自己診療の極地です。(笑)
ブログタイトル「ゆうやのひとり回想法」にしようかな?(笑)

そしてここだけの打明け話。
私、めちゃめちゃ「人生ゲーム」弱かったんです。
いうなれば史上最弱でした…。
あ、ゲームに限ったことではないかも(汗)

[ 2007/11/21 00:43 ] ゆうや [ 編集 ]
ベルニナさま
お晩です。

ようこそおいでくださいました。
心より感謝申し上げます。

プロの方?と思わせるほど見事な写真のベルニナさんに、
初めて訪問して頂いた時に限って、拙い写真のオンパレード。(汗)
へへへっと笑うしかありません。

そうでしたねぇ。
子供の頃のお正月雑誌の付録の定番でしたね。
手を代え品を代え、出版社も大変だったと思います。(笑)

「野球盤」。
消える魔球バージョンでしたか!
確か…途中で落とし穴みたいな所に玉が落ちる仕掛けでしたよね。(笑)
ゲームメーカーも無茶苦茶な発想でしたね。(笑)
『消える=落ちる』はい、OK !みたいな…

こちらこそどうぞよろしくお願い致します。
[ 2007/11/21 01:35 ] ゆうや [ 編集 ]
 「駄菓子屋」さんというと、「ライスチョコレート」を思い出す。「ポン菓子」をチョコレートで包んだもので、確か「10円」だったように思う。あれが「好きで」ちょこちょこ(しゃれか?)食べてたせいか、しょっちゅう「虫歯」になってたな~。マーブル・チョコレートとか、グリコの「アーモンド・チョコレートとか(しゃべる九官鳥、応募したな~)、「甘い思い出」は尽きません。
[ 2007/11/21 08:57 ] 吉岡登美雄 [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

「甘い思い出」と言えば、私はチョコボール。(笑)
けっこうチョコボール暦は長いのですが、
『金のエンジェル』にお目にかかった事がありません。(涙)
そして時折出現した『銀のエンジェル』でさえ、
以前出たエンジェルさんが行方不明になったりして、
とても5枚は集まりません。(汗)

「おもちゃの缶詰」は遠くなりにけり。です。

虫歯、私もしょっちゅうでした。(笑)
[ 2007/11/22 02:18 ] ゆうや [ 編集 ]
こんばんは♪
履物屋さん、下駄がいっぱい・・この光景、記憶があります。
クラスメイトに、お家が履物屋さんの男の子がいまして、
“下駄屋のもっちゃん”と呼ばれていました。
当時、その呼び名を本人も周りも、からかっているとかではなく、
普通に受け入れていましたねー。
時計屋さん・・・どこの街にもありましたね。
職人気質の親父さんが、黙々と時計を修理している光景が。
お写真の、昭和の時間を刻んだ振り子時計、実際に見てみたいです。
そういえば、携帯を持つようになってから、
私、腕時計さえ、いつからか付けていません。

↑私、金のエンゼル当てたことありますo(*^▽^*)o♪おもちゃの缶詰もらいましたよ♪
おもちゃというより・・文具やハンカチなどが入っていました。
[ 2007/11/23 23:35 ] 水無月 [ 編集 ]
水無月さま
お晩です。

な、な、なんですと!
水無月さん『金のエンゼル』当てられた人なのですね。
はっきり言いましょう。
尊敬します。弟子にしてください。(笑)

時計屋さん。
少し前までは、結構ありましたね。
電池交換や簡単な修理なんかもやっていただいていました。
実は我が街のそんな時計屋さん。
昨年廃業されたようです。(寂)
片目にルーペを器用に挟み、おっしゃる通り黙々と直してもらいました。

量販店の影響や、若い世代が時計をはめなくなったことの影響でしょうか?
寂しさを覚えます。

「下駄やのもっちゃん」素敵な呼び名ですこと。(笑)
そのように屋号をつけて人を呼ぶことも少なくなりました。
時の移り変わりを感じずにはいられません。

それにしても『金のエンゼル』ですか…。
本当にこの世に存在したのですね。(笑)
で、やっぱり弟子にしてくださいね。(笑)
[ 2007/11/24 00:12 ] ゆうや [ 編集 ]
師勝にこういう所があったとは知りませんでした。一度行ってみようかな。
それにしても、「野球盤」や「魚雷戦ゲーム」はよくやりました、懐かしいですね。「金のエンゼル」は出た事ありますよ。それで「おもちゃの缶詰」
もらいました。たいした物は入ってなかったけどね。(^^)
[ 2007/11/24 12:32 ] レトロマン [ 編集 ]
レトロマンさん
お晩です。

ええっ!
レトロマンさんも「金のエンゼル」出たのですか!
羨ましいです。

メタボな体は気になりますが、
私も残りの人生で再チャレンジします。(笑)
たいしたことない「おもちゃの缶詰」と聞いても、
全く意欲がそがれないのは何故?(笑)

そうそう師勝にありますので、
お時間がある時に一度如何ですか?
かなり楽しめます。
もちろん入場は無料です。(笑)
[ 2007/11/25 02:41 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。