2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ALWAYS 三丁目の夕日

携帯もテレビもパソコンもなかったのに、
どうしてあんなに楽しかったのだろう。



2005年(平成17年)11月、
東宝から配給されロングヒットとなった、
『ALWAYS 三丁目の夕日』のキャッチコピーです。

私は(おそらく同じように昭和を過ごしたご同輩も…)
このキャッチに心を激しく揺り動かされました。


今回は昭和の名画座番外編として
昭和33年の東京。下町である夕日三丁目を舞台に、
東京タワーの完成に夢を重ねるように暮らしていた
心優しき人々の生活を描いた感動ドラマ
『ALWAYS 三丁目の夕日』を取り上げます。


監督は山崎貴さん、脚本は古沢良太さんで撮られ、
日本アカデミー賞12部門最優秀賞を獲得した作品です。

原作は西岸良平さんの人気コミック「三丁目の夕日~夕焼けの詩」
昭和49年(1974年)より小学館ビックコミックオリジナルで、
連載が開始されました。

シリーズ総発行部数が1400万部という大ロングヒット作品ですので、
あの愛すべきキャラクター達の姿を思い浮かべながら、
映画をご覧になった方も多かったのではないかと思います。


さて、舞台となった昭和33年(1958年)とは
どのような年だったのでしょうか。

出来事としては…
国連安全保障理事会の非常任理事国となる。(1月)
日劇で「ウェスタン・カーニバル」開催(2月)
国立競技場完成(3月)
長島茂雄さん四連続三振の公式戦デビュー.(4月)
テレビの受信契約が百万台を突破(5月)
特急こだま号運転開始[東京~神戸間](11月)
皇太子明仁と正田美智子さんの婚約(11月)
東京タワー完成(12月)

ヒット曲としては…
「羽田発7時50分」フランク永井さん
「だから云ったじゃないの」松山恵子さん
「ダイアナ」平尾昌晃さん
「嵐を呼ぶ男」石原裕次郎さん
「おーい中村君」若原一郎さん
「無法松の一生」村田英雄さん
「からたち日記」島倉千代子さん
「夕焼けとんび」三橋美智也さん
「花笠道中」美空ひばりさん

などがありました。


映画の中で子供たちが夢中になってやっていたフラフープ
新物好きのたばこ屋のおばちゃん(もたいまさこさん演じる大田キン)が
コーラ片手に聞き入っていたロカビリー
クリスマスプレゼントとしてと登場した野球盤
これらも当時の流行でした。


映画の初めに現れる「TOHO SCOPE」のマーク画面。
いわゆるワイドスクリーン表示ですが、
もうこれだけで「キターッ!」という感じです。
さあ、あの時代へ…という誘いの扉のようでした。


そして小清水一揮くん演じる鈴木一平が、
青空に飛ばした模型飛行機から本編はスタートします。

ゴム動力の模型飛行機、
竹ひご等を使ったキッドを買ってもらって作った思い出があります。
上手く作らないと上手く飛ばないといった代物で、
竹ひごを火であぶりながら曲げたり、
糊の量でバランスを調整したりと、
作る楽しみと飛ばす楽しみの両方が味わえた優れモノでした。


冒頭に堀北真希さん演じる星野六子が
青森から集団就職のために上京してきます。
その時に乗ってきた列車が蒸気機関車C62です。

そんな彼女を迎えに出たのが
堤真一さん演じる鈴木則文。
なんと車はオート三輪のミゼットでした。

そして二人の乗ったミゼットが
都電の行き交う東京の街を走ります。
車中から見える建設中の東京タワー

空に向かって伸びるように作られてゆく夢のタワーに、
当時の人は皆、自分の夢をダブらせていたのでしょう。
明日への活力が滲み出るシーンでした。


早朝に子供が納豆を売り歩く風景や、
各家庭を訪れる置き薬屋さん。
涼の為に氷を宅配する氷屋さん。
そんな日常のシーンに入り込んでくる新時代への足音。

新時代の象徴、3種の神器(家電)の登場です。
テレビ冷蔵庫洗濯機への憧れと、
手にする喜びなど、今の時代には無い光景が見られます。


けっして豊かではなかった時代でしたが、
その分、心が豊かであったように思えるシーンです。


今の時代を全て否定しているのではありません。
あの時代を全て肯定しているのでもありません。

出来うることなら、
両時代の良い部分を受け継ぐ時代として、
時の擦り合わせが行われる今であってほしい、
そう願っています。


ALWAYS



ラストシーン。
夕陽に映える完成した東京タワーを、
三丁目の人々が感慨深く眺めるカットが続きます。

街を一望する高台には鈴木オートの家族。
心に染み入る夕焼けを見ながら、
一平くんは告げるのです。


明日だって明後日だって50年先だって、
ずっと夕日は綺麗だよ。



このメッセージ
受け取らなければならないのは、
きっと私達なのでしょう。


「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
いよいよ明日(11月3日)全国東宝系ロードショーです。


「ALWAYS 続・三丁目の夕日」公式HP
http://www.always3.jp/


B000C5PNTGALWAYS 三丁目の夕日 豪華版
吉岡秀隆 堤真一 小雪
バップ 2006-06-09

by G-Tools





「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド
「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド2005『ALWAYS 三丁目の夕日』製作委員会

メディアファクトリ- 2005-10-28
売り上げランキング : 61479

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 三丁目の夕日 映画化特別編 (ビッグコミックススペシャル) ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t




B000ULAS0Gトミカリミテッド ALWAYS 続・三丁目の夕日 ダイハツミゼット
タカラトミー 2007-11-01

by G-Tools

スポンサーサイト

[ 2007/11/02 19:02 ] 昭和の名画座 | TB(1) | CM(32)
はじめまして、トークンです。
明日の封切り、行ってきま~す。
茶川先生とヒロミのその後、気になってます。
[ 2007/11/02 19:13 ] トークン [ 編集 ]
前作は映画館で観ました。当時を思い出し吸い込まれるように観ていました。続も観に行こうと思います。
私思うのですけど、あの当時の人々の方が、大人も子供も皆生き生きして、表情も豊かで、笑い声も話声も大きく
人間そのものも面白く優しかったと思うのです。世話焼きおばさんというのもいっぱいいました。
だからと言って今の人々を否定しているのではありません。
発展途上だったから活気があったのでしょうね。

富山の薬売りのおじさん、毎月来ていました。紙風船、塗り絵、鉛筆をおまけにくれました。おじさんは林檎の皮を最後まで切ることなく長くつなげてむくのが得意でした。
人同士の係わり合いが濃かったですねえ。
きれいな夕日が孫ひ孫ずっと先まで続くことを願います。
長くなるのでこの辺で終わります。
[ 2007/11/02 20:46 ] たま [ 編集 ]
ゆうやさん、こんばんわ!
只今『ALWAYS3丁目の夕日』TVで見ています。アドバルーンを見上げる掘北真紀ちゃんの六子ちゃんの可愛いこと!あぁ、そうじゃなくって、古めかしい画面だけれど私の育ってきた時代がそこにあります、東京タワーに父と兄と行った記憶があります!帰りにだったのか階段で降りた、寒くて怖かった遠い昔のことを思い出しましたわ、では又(^o^)/じっくりTV鑑賞したいので・・・
[ 2007/11/02 21:40 ] ウサコ [ 編集 ]
トークンさま
お晩です。

ご訪問いただきありがとうございます。

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
初日にお出かけになるとか。
私は初日には行かれませんが、
近日中には必ず…と思っております。

茶川先生とヒロミ、誠に気にかかります。
茶川先生が贈った実存しない夢の指輪
あ~早く観たいです。(笑)

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2007/11/03 03:48 ] ゆうや [ 編集 ]
たまさま
お晩です。

昔は本当に多くいらっしゃいましたね、
世話焼きおばさん。(笑)

現代は自分以外の人には無関心ですが、
あの時代は関心を持ち過ぎるぐらいに…。
でも、無関心よりはずっと人間的に思えます。
良しにつけ悪気につき、他人に積極的になれた時代でしたね。

林檎の皮を繋げたまま一気剥きする富山の薬売りの方の手さばき、
是非見て見たかったものです。(笑)

生き生きした表情。
心の持ち様を少し変えて、
今日からでも心がけたいですね。
[ 2007/11/03 04:02 ] ゆうや [ 編集 ]
ウサコさま
お晩です。

どうでしたか?
「ALWAYS 三丁目の夕日」

サンタクロースのシーンや、
親からの手紙のシーン。
泣けたでしょ。
私は大泣きでした。(笑)

ウサコさんはいつ頃、
東京タワーに登られたのでしょうか?
モスラに卵を産みつけられる前ですよね、きっと。(笑)

カレーライスとライスカレー。
当時は議論が行われたようですが、
ライスカレーの方が死語になりましたね。

ウサコさん、
この違い分かりますか?
私は忘れてしまってます。
記憶力が薄く、さっぱり思い出せませんでした。(笑)
[ 2007/11/03 04:17 ] ゆうや [ 編集 ]
ゆうやさん、どうもです。
いよいよ本日「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が封切りですね。
昨夜はウサコさんもコメントされていたようにTVで1作目が放送されていました。何度見ても良い感じです。そして協賛する企業コマーシャルもALWAYS一色ですよね~。
先ほども続・三丁目の夕日予習復習SPと題して制作の舞台裏や出演者のコメントなどTVで放送していましたです。
私も暇をみて劇場に足を運んでみます。
[ 2007/11/03 11:56 ] 爺龍 [ 編集 ]
話題になってはいたものの
「ALWAYS 三丁目の夕日」観ていませんでした。
昭和33年にはまだ生まれていませんが
昭和のノスタルジックにはよくはまります。
たぶん、懐かしさでいっぱいになりそうですし、
とりあえずDVDレンタルをしたいと思います。
過去はえてして美化されやすいものですが
>両時代の良い部分を受け継ぐ時代として、
時の擦り合わせが行われる今であってほしい、
この言葉に深く共感しました。

[ 2007/11/03 13:57 ] つぼみ [ 編集 ]
こんにちは
昭和33年・・・まだ生まれていなかったのでその頃の様子はわかりませんが、置き薬屋さんと氷を宅配する氷屋さんは私の家にも来ていました。( ^ ^ )あ・・それと、蒸気機関車のC62!これはわかります♪
昭和の時代・・それは心が豊かであった時代・・・今日の記事を拝見していてそう思いました。
いつまでも美しい夕日を見ることができますように・・・。そして、今を、これからを生きてゆく子供たちにも伝えてあげたいことですよね。( ^ ^ )
[ 2007/11/03 16:05 ] sara [ 編集 ]
こんばんわ!

夕べは「ALWAYS三丁目の夕日」をTVで見ました。映画館にも行き、DVDも持っています。TVでの放送も2回目です。何度見てもこんなに心が和み癒される映画はそんなにはないと思います。

明日だって明後日だって50年先だって、 ずっと夕日は綺麗だよ。。
の台詞はズシンときますねぇ

まさにその50年を生きてきた私だからその感動もひときわ大きいような気もします。

続編ももちろん見に行きますよ。
懐かしいあの時代にタイムスリップできるのが今から待ち遠しいです。
[ 2007/11/03 17:40 ] 如月はじめ [ 編集 ]
爺龍さま
こんばんは。

コラボCM、いいですねぇ。(笑)
こういったCMの形が増えてきましたが、
企業間の繋がりや、予算面での節約などが感じられます。
これもある意味エコなのかもしれませんね。

みなさんのコメントを読んでいて、
居ても立ってもたまらず、
急遽、本日の深夜に観に行くことにしました!(笑)

爺龍さんより先に感動してきます。
お許しを…。(笑)
[ 2007/11/03 18:05 ] ゆうや [ 編集 ]
つぼみさま
こんばんは。

絶対に観てほしいです。
お近くならDVDを持参してあげたい程です。(笑)

ノスタルジックな気分にもなりますが、
何より人と人の関わり方、
夢のある人生の大切さなど、見所も多いですよ。

私も今日の封切りには行かない予定でしたが、
急遽、オールナイトに出かけてきます。(笑)
[ 2007/11/03 18:15 ] ゆうや [ 編集 ]
saraさま
こんばんは。

置き薬屋さんと氷屋さんを実体験でご存知なら、
もう充分昭和ノスタルジーの関係者です。(笑)

蒸気機関車C62
さすがですね。(笑)
私にはD51 との区別さえわかりません。(汗)

今夕も我家から綺麗な夕焼けが見えました。
沈みゆく太陽に郷愁も感じますが、
明日への旅立ちも感じることができる今日でありたいものですね。
[ 2007/11/03 18:25 ] ゆうや [ 編集 ]
如月はじめさま
こんばんは。

如月さんのページにも、
「ALWAYS 三丁目の夕日」が所々にありましたし、
お生まれもちょうど昭和33年でしたから、
私同様、この映画にどっぷりはまった方だと思っていました。(笑)

劇場、TV、DVD等など、私も同じパターンです。(笑)

如月さんがおっしゃる通り、
何度観ても癒されます。

そんな私ですが、
今回は如月さんより早く続編を観ます。
今夜感動してきますね。

[ 2007/11/03 18:38 ] ゆうや [ 編集 ]
今晩は!!

映画は観ていませんが、原作は何度か読んだ事があります。

>両時代の良い部分を受け継ぐ時代として、 時の擦り合わせが行われる今であってほしい

私もそう思います。生活環境が変ってしまって昔に戻る事が出来ない部分も多いですが、良いものは残って欲しいし、残して行くのが現在を生きる私たちの使命のような気がします。
[ 2007/11/03 19:50 ] 親こあら [ 編集 ]
親こあらさま
お晩です。

昔の事って、いいことの方が覚えているんですよね。
悪い事だって相応にあったのに、
いい事の方が郷愁とともに残る気がします。

そういった意味からすれば、
今の時代だって50年後は素敵な時代なのかもしれませんね。

でも、冷静に見ても
人として欠落した部分が多くなって来ている気がします。

昔は子供が夕暮れまで外で遊んでいても、さほど心配ではなかった。
今は一人で外へやりたくないような現実もあります。

残したいもの、守りたいもの、
どちらも残して守ることが使命だと思っています。
[ 2007/11/04 01:53 ] ゆうや [ 編集 ]
残念ながら、この映画、まだ観ていないんです。
でも、ゆうやさんの記事を拝見していたら、俄然観たくなってしまいました。
氷屋さんも、納豆売りも憶えてます。
ウチにテレビが来た日も。
あの頃が、ホントに懐かしいです。
[ 2007/11/04 17:53 ] みどり [ 編集 ]
みどりさま
お晩です。

みどりさん、是非ご覧になってください。
見ていただいて気に入っていただければ、
続編もありますので、2度美味しいです。(笑)
どちらかと言えば2本で完結の物語のようですよ。
(続も昨日観て来たのでそう思えます)

テレビが初めて来た日を覚えていらっしゃるのですね。
私の場合、残念ながらその日の記憶はありません。
我家にテレビがあったことを覚えているのは、
東京オリンピックのマラソンで、
スタートしたあたりから外へ遊びに行き、
帰ってきた時にまだ走っていることに驚いた記憶です。
アベベ選手のゴールシーンは鮮明に覚えています。

素敵な映画です。
心から楽しめますよ。
[ 2007/11/04 23:05 ] ゆうや [ 編集 ]
こんばんは、初めまして。
MYブログに足をお運びくださいまして、ありがとうございました。

3丁目の夕日、先日TVで見ました。・・・泣けました。思いっきり・・。
C62の姿が、勇ましかったです。足つきのTV・・懐かしいですね。
私も33年はまだ生まれていませんが、足つきのTVで、
私にはおバカなエピソードがあります。
そのTVの下でお昼寝をするのが、大好きだったそうですが、
ある日、起きたときに、どんな状況だったか自分では覚えていないのですが、
TVから飛び出しているダイヤル式のつまみに、顔をぶつけて瞼から大出血・・・。
今でも傷跡がうっすらと残っています。
現在の薄型液晶TVでは、どう考えてもできない傷です(笑)
[ 2007/11/05 00:04 ] 水無月 [ 編集 ]
水無月さま
お晩です。

こちらこそお運びいただき感謝しております。

そうですか、ご覧になられましたか。
堤真一さん演じる鈴木則文が、
おもむろに布カバーを上げてテレビをつけるシーン。
家長としての喜びが伝わってきて感動しました。
ご近所の皆が楽しくテレビに見入る風景も素敵でした。

そんな感動の足つきテレビで自損事故とは…。
幼き子供は正に油断大敵なのですね。(笑)

私もそうでしたが、ちゃぶ台の下だとか、押入れの隅だとか、
子供の頃ってどうして狭い場所に入りたがるのでしょうね。
安心感があるのでしょうか。
これからの季節、こたつなんて絶好の隠れ場所でした。(笑)

しかし、ダイヤルのつまみに喧嘩を売るとは…、
どんな姿勢で眠って、起きたのでしょうか?(笑)

この謎はもはや「ガリレオ先生」の守備範囲です。(笑)

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2007/11/05 01:10 ] ゆうや [ 編集 ]
またまたコメントすみません。
DVDを借りてきて、前回の作品、やっと見ました。
今、娘とぽろぽろ泣いていたところです。
見終えてまた改めて記事を読みにまいりました。まだまだ余韻にひたっています。(明日、仕事になるのでしょうか。)
続編、見に行きます!!
[ 2007/11/05 21:44 ] つぼみ [ 編集 ]
テレビを楽しみにしていました。原作漫画は読んでいたのですが懐かしいながらあの絵柄が好きじゃなくて。映画のほうがはるかによかったです。特にミゼット、幼馴染の家が酒屋さんだったのでオート三輪の荷台で遊んだことを思い出しました。そういえば氷屋さんでもありました。友達のお父さんが氷をのこぎりで切ってましたっけ。
[ 2007/11/06 00:20 ] Ivoryboat [ 編集 ]
つぼみさま
お晩です。

早速観ていただいたのですね!
嬉しいです。(笑)
ライスカレー食べたくなりませんでしたか?

夏の日、一平少年が扇風機に向かって
「あ~あ~あ~」とやってお母さんに怒られてましたね。
全く同じシーンが我家にもありました。
その時は母に「そんなことをする子はあなただけです」
と叱られたのですが、
みんなやってたようですね。(笑)

ネタバレになるといけないので、
ここには書けませんが…。
続編もよかったですよ。(笑)
[ 2007/11/06 01:57 ] ゆうや [ 編集 ]
Ivoryboatさま
お晩です。

氷をのこぎりで切るシーン。
私の中にも残っています。
あれはいつ見たものなのか、判断はできませんが、
確かにそんな作業を見た記憶はあります。

オート三輪
ぐんじょう色の車体を覚えています。(笑)
ご近所にあったそれは、木材を運んでいました。
いろいろと記憶が甦り、素敵な映画でしたよね。
[ 2007/11/06 02:12 ] ゆうや [ 編集 ]
おはようございます

この映画見よう見ようと思いながら
見逃しています(こう言う事って良くありますよね)

この時代の事、語り尽くせないほどあります

ゆうやさんのブログ
そんな人達の座談会みたいで楽しいです

私もこの座談会に加わる為に
「ALWAYS 三丁目の夕日」
早く見よ~と。
[ 2007/11/06 08:54 ] 酋長 [ 編集 ]
酋長さま
お晩です。

えっ!

酋長さん、まだご覧になってない!?
だって和太鼓奏者には必修科目のはずじゃ…。
特に酋長さん打族でしょ?(笑)

酋長さんから受けるイメージでは、
もう30回は観て泣いてるイメージを持ってました。(笑)

なるべく時間をつくって早めにご覧くださいね。
なんせ必修科目ですから…。(クドイ!…笑)
[ 2007/11/07 01:03 ] ゆうや [ 編集 ]
 私の実家が「町工場」だったせいか、「鈴木オート」には、親近感がある。若い職人さんが毎年入り、多いときには30人ぐらいいたかと思う。「オート三輪」とか「ミゼット」があったし、当時は高かった「トヨタ」の車などもあった。(まっ、親父は「無理」してたんじゃないか、と今考えると思うのだが)」荒っぽい人もいたが、「気のいいあんちゃん」たちの集まりだったように思う。トヨタの車が「カローラ」だったかどうかは忘れたが、よく親父がドライブに連れて行ってくれた「思い出」がある。普段「工場」で忙しい日々を送り、たまの「休み」に疲れた中、「子供」の為に
「時間」をさいてくれていたと思う。今は、私が親父を車に乗せなければいけな
い年齢になったが、「お前、運転は大丈夫なのか?」と聞かれることもある。そんな時、「ああっ、自分はこの親父の息子なんだな」としみじみ感じる。そういう歳になると、やはり「昭和30年代」はよかったな~と、感じてしまう。「三丁目の夕日」は、それらを「映像化」したものだと思う。あの時の「空気」を「肌」で感じるものがあるからこそ、みんなに「支持」されていると思います。
[ 2007/11/08 12:40 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

良いお父様ですね。
思えば昭和の人は押し並べてタフであったように思います。
単に我慢強いだけだったのかも知れませんが、
やはり全てにおいてタフでしたね。

コメントを読ませていただいていると、
まさにあれから10年経った『鈴木オート』のようです。(笑)
そうなると、富美雄さんは一平君ですね。(笑)

>あの時の「空気」を「肌」で感じる…

そんな感じですね。
理屈や講釈ではなく「肌」で感じられました。
そこが昭和をDNAに組み込まれた我々には弱い所ですね。(笑)
[ 2007/11/09 00:27 ] ゆうや [ 編集 ]
ゆうやさん、見ましたよ「ALWAYS 三丁目の夕日」
イ~、あれはイ~、いや~良かった~

笑えて、泣けて、そしてあの懐かしいさが何とも言えず良かった

ここでは書き切れないのが悔しいです

ただ、堤真一演じる『鈴木オート』のオヤジ
私のオヤジもあんなで、短気で口より手が早く良く殴られてましたね、今思えばいい思い出です

これからは私のブログでも懐かし物を取り上げて行こうと思っています

その時はゆうやさん
語り合いましょうね。
[ 2007/11/11 01:43 ] 酋長 [ 編集 ]
酋長さま
お晩です。

必須科目、単位取得!

ありがとうございます。
観ていただけたのですね。
酋長さんには是非観ていただきたい逸品でした。(笑)

「ALWAYS 続三丁目の夕日」は現在公開中、
劇場で年甲斐もなく号泣してください。(笑)

ブログ楽しみにしてます。
語り明かしちゃいまっせ。(笑)
[ 2007/11/11 04:09 ] ゆうや [ 編集 ]
 見ました!(遅いか?)…泣けるな~、本当に。「時間」の感覚がなかったですね。あっ、と言う間の「2時間」でした。私も、「早く見なさい!」としか言えません。「そうそう、当時こんな女の子いたな~」とか、「こんなあんちゃんいたいた!」みたいな気持ち。「日本人が、日本人でいたころ」の話です。(ちょっと、大袈裟かな?でも、私はそう思うけど)女房と見ましたが、「これが分からない人は、感性がない人」と言ってました。そう思います。ですから、この「ブログ」を見てる人達は、みんな感性が鋭い人!(えっ、私も?なわけないか)私が好きなのは、「冒頭のシーン」です。見た人は、分かりますよね?
分からない人は、「映画館」に直行してね。(う~ん、私は「東宝」の回し者ではないんだけどね~。でも、ついついそう言ってしまうな~)
[ 2007/11/12 08:59 ] 吉岡富美雄 [ 編集 ]
吉岡さま
お晩です。

観られましたか!(拍手)

>「日本人が、日本人でいたころ」の話です。

その感覚、わかります。
私的にも日本人の定義付けをしなさいといった問題がでた場合、
きっと昭和30年代頃の「活力」「人情」「倫理観」
心で描きながら回答する気がします。

「冒頭のシーン」ですね。
ネタバレしそうなので、あまり書けませんが、
例のあの方のテーマBGMが流れた時は鳥肌ものでした。(笑)
それにしても凄い映像でしたね。
私も大興奮してしまいました。(笑)

感性がそれなりに共有出来る素晴らしさを、
存分に味わわせていただいております。
吉岡さんはじめ、皆さまに感謝
[ 2007/11/13 00:38 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://syouwafukkoku.blog108.fc2.com/tb.php/34-ef776525

ALWAYS 三丁目の夕日 吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ子 小雪 堀北真希 など出演  携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう  昭和33...
[2007/11/19 16:59] 徒然
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。