2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旅の宿

1970年(昭和45年)10月から始まった
国鉄のキャンペーン『ディスカバー・ジャパン』

コンセプトは、
「日本の豊かな自然、美しい歴史や伝統、
こまやかな人情を、旅によって発見し、自分自身のものにしよう」


駅にはスタンプが設置され、
若い女性をターゲットにしたポスターも
いたるところに貼られていました。

また同時にテレビ番組「遠くへ行きたい」も放映を開始。
これらのキャンペーンはミニ周遊券の発売効果や、
同時期に発刊された「an・an」「non-no」を支持する
アンノン族と称された女性達のパワーとリンクするように、
国内旅行のブームを作り上げたのです。


そんなブームの最中、
札幌オリンピックが行われた1972年(昭和47年)6月。
このキャンペーンを後押しするように
吉田拓郎さんの「旅の宿」が発売されました。


旅の宿



作詞 岡本おさみさん
作曲 吉田拓郎さん

浴衣のきみは 尾花の簪
熱燗徳利の首つまんで
もういっぱい いかがなんて
妙に色っぽいね

ぼくはぼくで 跌坐をかいて
きみの頬と耳は まっかっか
ああ 風流だなんて ひとつ俳句でもひねって

部屋の 灯をすっかり消して
風呂あがりの髪 いい香り
上弦の月だったけ
ひさしぶりだね 月見るなんて

ぼくはすっかり酔っちまって
きみの膝枕にうっとり

もう飲みすぎちまって 
きみを抱く気にもなれないみたい



アコーステックギターとハーモニカによる
印象的なイントロの後、

ゆかたの~きみは~すすきのかんざし~

と、日本的な世界を醸し出して始まるこの曲は、
60万枚を売り上げ、オリコンの1位に輝きました。


浴衣、尾花、徳利、跌坐、上弦の月など
当時の私では読めない漢字や、
知らない単語が散りばめられたこの詩に、
私はグッと引き込まれました。


ホテルではなく旅館。
ビールではなく日本酒。
ガウンではなく浴衣。
そして上弦の月を見ながら俳句をひねる。

日本人の琴線に触れる歌詞でしたね。


作詞された岡本おさみさんが、
青森県の蔦温泉に泊まられた時の印象を基に作られたとか。
言ってみたい温泉です。


そんな名曲なのですが、
私と言えば…「熱燗徳利の首」を「トックリ(セーター)の首部分
と脳内イメージ変換をしてしまったが為に、
少しの間かなりとまどったものです。

そういえば…
「浴衣のきみは~」を「額田王(ヌカタノオオキミ)は~」と
勘違いされていた方もいらっしゃると聞きました。
人間の空耳とは面白いものですね。


さらに少年が当時強く疑念を抱いた部分として、
もう飲みすぎちまって きみを抱く気にもなれないみたい
があります。

憧れの強い少年ゆうやには、
せっかくの好きな女性とのお泊りなのに、何故?
何故、そこまで酒に溺れる?

と、無邪気な疑問を持ったこと告白します。


さらにさらに、
私、この曲を聞くと必ずリンクして思い出すCMがあるのです。
それはネクターのCMで…


駅に止まった汽車の窓から若い二人連れの女性が、
ホームの売り子のおじいさんに呼びかけます。

「おじさ~ん!ネクターちょうだ~い!」

気が付いたおじさんのアップ。

「おぅおぅ。ピーチかオレンジか、どっちがえ~ですかいのう。」


妄想癖を否定できない私のことです。
かなり脚色されているのかも知れませんが、
こんなCMがあったように…おぼろげですが…。


行楽の秋です。
私の中ではDISCOVER JAPAN。
まだ続いているようです。
温泉、行かなきゃね。


最後に、
吉田拓郎さんが体調を崩されてみえるようです。
拓郎さんのシャウトに影響を受けた私としては、
早い快復とご自愛を祈るしかありません。

私の中では、
拓郎」はいつだって「拓郎」なのです。

アコースティックバージョンの「旅の宿」はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=UvkErglcks8



B00005NYO7DREAM PRICE 1000 よしだたくろう 旅の宿
よしだたくろう

おすすめ平均 star
star素晴らしい。

曲名リスト
1. 旅の宿
2. 蒼い夏
3. たどり着いたらいつも雨降り
4. 祭りのあと
5. 襟裳岬
6. 落陽(LIVE)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

[ 2007/10/26 04:25 ] 昭和の名曲 | TB(0) | CM(21)
36年前早稲田の大隈講堂へ
フォークフェスティバルを見に行きました。
吉田拓郎、遠藤賢司、泉谷しげるさん
その他忘れてしまいましたが多数出演していました。
フォークブームでしたねえ。
「旅の宿」を聞いた時、艶かしい歌だななんて思ったものです。
やはり「上弦の月」とはどんな月なのか調べた記憶があります。
拓郎さんも息の長い方です。
早く元気になっていただきたいですね。

当初「遠くへ行きたい」は一回目から見ていました。
今でも続いていますよね。
初め永六輔さんが出演していましたが
五木寛之さんがオートバイに乗って
各地を巡っていたのは印象的でした。
[ 2007/10/26 09:43 ] たま [ 編集 ]
旧国鉄が打ち出したキャンペーンで
爆発的にヒットした商品ですね。
この商品のヒット理由のひとつが他の業種とのコラボが挙げられると思います。これは今の主流で当時としては
画期的だったと言えますね。
それにしても、「温泉」行きたいなあ~。
[ 2007/10/26 10:05 ] レトロマン [ 編集 ]
CMとうまくコラボするとヒットしますね。私は出不精なので仕事以外にはほとんど旅行をしませんが、デイスカバージャパンのCMやポスターにちょっと心動かされたことを思い出しました。「額田王」は私の小学校の同級生です。おっとりとした天平美人でした。「辿り着いたらいつも雨降り」も好きな歌です。拓郎さんの年齢に今更ながらショックを受けました。
[ 2007/10/26 12:44 ] Ivoryboat [ 編集 ]
こんばんは
今日の記事で私が覚えていたのが、
「おじさ~ん!ネクターちょうだ~い!」 気が付いたおじさんのアップ。 「おぅおぅ。ピーチかオレンジか、どっちがえ~ですかいのう。」 ・・・これです!!私、このCMでネクターというものをはじめて知ったのです。
飲んでみたくて、ドキドキしながら口にした時、「あれ?」ちょっと不思議な味だなって思いました。


[ 2007/10/26 20:43 ] sara [ 編集 ]
たまさま
お晩です。

遠藤賢司さんの「カレーライス」
泉谷しげるさんの「黒いカバン」
個性的(?)な曲が好きでした。(笑)
しかし泉谷さんは、いい役者になりましたね。
人生って面白いものです。

「遠くへ行きたい」
様々な方が歌ってみえますが、
私はやはり元祖である]ジェリー藤尾さんの歌が好きです。
何とも旅情を掻き立てられる名曲ですね。

あ~温泉に行きたいです。(笑)

[ 2007/10/27 03:43 ] ゆうや [ 編集 ]
レトロマンさま
お晩です。

画期的なキャンペーンをやったのが、
旧国鉄ってあたりが渋いですよね。(笑)

その後のキャンペーンとしては、
「いい日旅だち」になるのですかね?
百恵ちゃんの歌とともにブームになりましたね。

それにしても温泉、行きたいです。(笑)
[ 2007/10/27 03:51 ] ゆうや [ 編集 ]
Ivoryboatさま
お晩です。

やはりコラボレーション型は強いですよね。
四方八方から背中を押されているみたいで、
つい「温泉でも…」と思ってしまいます。(笑)

「額田王」使わせていただきました。
まったく愛すべき同級生ですね。(笑)

「たどり着いたらいつも雨ふり」
これも名曲ですね。
この歌に関しては、私的には拓郎さんのそれより、
モップスのほうが好みです。

拓郎さんの年齢には私も同様にショックでした。
ま、自分の年齢にも言えることですが…(汗)
お互いにまだまだこれからですよね。
[ 2007/10/27 04:01 ] ゆうや [ 編集 ]
saraさま
お晩です。

よ、よかったー!
本当は自分の妄想から生まれたCMなのかな?
と不安に思っていました。(笑)

でもsaraさんの記憶にも存在するということは、
間違いなくこのようなCMがあったとのです。

ネクターって当時ではかなりインパクトの強い飲物でしたね。
ちなみに私はピーチ党です。(笑)
[ 2007/10/27 04:07 ] ゆうや [ 編集 ]
ゆうやさんの
私の中では、
「拓郎」はいつだって「拓郎」なのです.

良く分かります、
拓郎は吉田拓郎さんでは無く「拓郎」であって、
矢沢永吉はいつだって「エーチャン」
なのです。

私は中学時代、陽水派でした
と、言っても拓郎も聞き、
泉谷しげるの「黒い鞄」を笑いながら歌い、「春夏秋冬」を覚え、
高校で小室等で谷川俊太郎の詩を聞きました
(フォーライフですね)

でもあの頃の〝寂しく、切ない〟陽水が好きでした(大麻で上げられて曲の感じが変わったけど)

でも、今思えば変な中学生でしたね
[ 2007/10/27 21:26 ] 酋長 [ 編集 ]
酋長さま
お晩です。

〝寂しく、切ない〟陽水さんですか。
「能古島の片思い」なんかいいですねぇ。
陽水さんが逮捕された時、
拓郎さんがコンサートでその事に触れ、
「青空ひとりきり」を歌ったのですが、
やっぱり陽水さんの方があってるな、
と思ったことが甦ってきました。

酋長さんが変な中学生だとしたら、私も同罪です。

罪人同士「神無月にかこまれて」でも歌いますか?(笑)
お好きでしょ?きっと。(笑)
[ 2007/10/28 00:45 ] ゆうや [ 編集 ]
♪ゆかた~のきみぃは すすきのかんざし~♪
今でも、よく口ずさみますが、一番のみです^^;

やっぱり、昭和ってよき時代だったなぁ。。。
時間よ~止まれっ!
というより、戻れっ!!
[ 2007/10/28 13:27 ] wakazukuri [ 編集 ]
ゆうやさん今晩は!!初めまして!!

私の拙ブログへおいで頂きコメントまで頂き有難う御座います。ブログのコンセプトが同じようで嬉しいです。

この楽曲の舞台が青森県の蔦温泉と言うのは初めて知りました。東京より北へ行った事がないので、一度は行ってみたいです。


昨日ラジオで拓郎の体調不良の為、コンサ-ト中止のお知らせをラジオで聞きました。一日も早く回復して頂きたいです。
[ 2007/10/28 18:00 ] 親こあら [ 編集 ]
こんばんは
はじめまして、シルルです。
この前はリボンの記事にコメントをありがとうございました。
私は平成の生まれですが、ネクターのピーチは知っています。吉田たくろうさんも名前だけ知っています。

ゆうやさん、こんばんは。シルルママ(sara)です
お知らせなのですが、「素敵な時間」を10/30で非公開設定にすることにしました。セーラー服のリボンの記事ですが、シルルのブログに過去記事としてアップしておりますので、もし画像をお使いになられる時はご自由にお使いください。シルルも喜ぶと思いますので・・・。o(*^^*)o
突然のお知らせで申し訳ありませんでした。
↓こちらに移しております。
http://silurian.jugem.jp/?eid=110
[ 2007/10/28 19:32 ] シルル [ 編集 ]
wakazukuriさま
お晩です。

一番だけでも口づさんでいただき、
大変嬉しいです。(涙)

時間が止まることはなく、
ましてや戻ることもないのが切ないです。
でも、今を生きながら、
過去の良き時代にあった良いものを
復活させることは可能かもしれませんね。

そろそろ自分の年齢を受け止めて、
責任を果たしてゆく頃なのかもしれません。

ただ、頭髪だけは返してほしい私なのです。(笑)

[ 2007/10/28 22:16 ] ゆうや [ 編集 ]
親こあらさま
お晩です。

ご訪問感謝しております。
親こあらさんのブログにも書いてありましたが、
単なるノスタルジーで終わらない何かの原動力として…。
そんな方向性に賛同しています。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2007/10/28 22:24 ] ゆうや [ 編集 ]
シルルさま
お晩です。

ご訪問ありがとうございます。
ネクターはピーチさえ知っていれば事が足ります。(笑)
リボンのお話は近いうちに「制服」というタイトルで
記事にさせていただくつもりです。
その時は例の画像使わせていただきますね。


シルルママ(sara)さま
お晩です。

「素敵な時間」の非公開設定の件。
ブログにて存じておりましたので、
画像はその前にちゃっかりと、
ダウンロードさせていただいておりました。(笑)
新しくフルタイムのお仕事をされるとのこと、
お体のことを心配しつつ、応援しております。

思えば…
私が初めてコメントをいただいたのがsaraさんでした。
saraさんは私にとって恩人であり、
本当に大切なお友達です。
気持ちとお体のバランスをとりつつ、
頑張り過ぎない程度にカンバッテ下さい。
心より応援しております。
[ 2007/10/28 22:53 ] ゆうや [ 編集 ]
遊びに来てくださって
ありがとうございましたv-290コメントも書いて頂いて
あの保護したMダックスちゃんは、私のベットで先住犬おナナと仲良く寝てます。セミダブルのベットが、ますます狭くなりました。同年代のダックスちゃんを、可愛がります。
[ 2007/10/29 01:19 ] 北の大地のかあちゃんより [ 編集 ]
北の大地のかあちゃんさま
お晩です。

ご訪問ありがとうございます。
新家族のルルちゃんは、よく考えると
我々と同年代
そういった意味でも良い家族に巡り合えて
本当に良かったと思います。
溺愛してくださいね。(笑)

今後ともよろしくお願いします。
[ 2007/10/29 02:18 ] ゆうや [ 編集 ]
1957年の9月生まれです。
酉年さんですねv-532
50才になるのに抵抗はなかったです!
私は、すご~~く嫌でしたがv-292
 しょうがないもんね!
私のブログのカテゴリーにも
懐かしい車や漫画など載せてます。
カテゴリーの中のタイムスリップシリーズです。
チャット部屋もやってまして、
毎晩遅くまで30代後半~50代の男女で
ボイスやカキコで世間話してます。

来月は初のオフ会を北海道でやるので
すごく楽しみですv-407
全国から集まるので方言が飛び交うでしょうね。
元々は私の3~6年来のメル友さんと
チャット仲間でやります。
お互い気持ちは、若いつもりで頑張りましょうね。
[ 2007/10/29 13:48 ] 北の大地のかあちゃんより [ 編集 ]
北の大地のかあちゃんさま
お晩です。

そうなのです。
1957年生まれの酉年で、同級生です。(笑)
ちなみに私は11月生まれなので、
まだ50歳ではありません。

タイムスリップシリーズ、見させていただきました。
フェアレディZ、スバル360、117クーペ、
ギャランGTO、スカイラインなどなど、
心がたぎるような懐かしさです。(笑)

北海道でのオフ会、楽しそうですね。
人生まだまだ楽しまなきゃね。
お互い若いんだから(笑)
[ 2007/10/29 23:10 ] ゆうや [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/07/27 15:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。