2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バナナ

バナナはフルーツの王様でした。
黄色の皮をまとったその容姿に人々は憧れ、
まるで黄金を見るかのような羨望の眼差しで眺めていました。

そうです。昭和30年代後半まで、
バナナはめったに食べることが出来ない高級品だったのです。


bananaA.jpg



私の幼き時代には「遠足」「特別な日」にしか
食べられないものだと思っていました。
それは常識であり、無二の楽しみでもありました。

当時、遠足で食べたバナナの味は忘れられません。
台湾バナナが主流の時代、今より甘かった気がします。


そうそう、遠足のお菓子代のことになると

「先生!バナナはおやつですか?デザートですか?」

と言う質問が定型句のように繰り返されました。
もちろん、答えは「デザート」でなければならないのですが…



そんなバナナ神話で育った私でしたが、
その後のバナナの運命に気がついたのはずっと後年のこと。

輸入自由化やフィリピンでの大量生産。
輸送や保管技術の発達などにより、
バナナの価値が下落していったことなど、
まったく知らずに中学生になっていたのです。


そしてある日、私は 衝撃 を受けます。


いつも通りに部活を終え、家路に向かった道すがらでした。
ある八百屋さんの店先で、
そいつは1山いくらの身分に成り下がっていたのです。

「? 俺のこづかいでも買えるんや!!」

その衝撃にお馬鹿ちゃんな私はある計画を思いつきます。
その名も『自分だけのバナナ食べ放題計画』
悲しいほど幼稚な計画ですね。


そして計画実行。
土曜日の夕方にバナナを一房買い込んだ私は、
こっそりと自室に篭り、夜中に嬉々として食べました。
あの高級果実が食べ放題なのです。
3本目までは、それは至福の時でした。

でも、さすがにそれ以降は食傷ぎみ…。
しかし家人に悟られない完全犯罪を目指した私は、
無理に完食しました。8本を完食したのです。


翌朝、みぞおち辺りがプックラと膨れ上がり、
気持ちが悪く、脂汗さえ出てきました。

仕方なく母親に症状を告げ病院へ…。
お医者さんにも両親にもあの事はけっして告げないまま、
診療は終了しました。

月曜日は学校を休み自宅療養です。
投薬された粉薬が効いたのでしょう。
その日中には何とか体調が回復し、真相は闇の中に葬られたのです。


そんな悲惨な経験がある私ですが、
それでもやっぱりバナナが大好き。です。
何故にそれほどまでに…?


幼い頃の強烈な甘さへの欲求だけではないのでしょう。


思い巡らす内に、ある事に気付きました。
私のバナナに対する強い憧れは、
母の思いを受け継いでいるのではないかと。


いつだったかは忘れましたが、
母がこんな昔話を聞かせてくれました。


母が父と結婚した当時、
二人は父の仕事の関係で山深い田舎に住んでいました。
物資の流通にも不便な土地での新婚生活だったようです。

そんな二人の唯一の楽しみは、
2ヶ月に一度、休日に町までバスで出て、
映画を見ることだったそうです。

そしてその帰りに、いつもバナナを2本買い、
家に帰ってから二人で食べた喜びが忘れられない。
と、母は幸せそうに話してくれました。

きっとその思いが私の心にも宿ったのだと思います。


最近、
スーパーでぞんざいな扱いを受けているように見えるバナナ、
あの栄光をもう一度…とまでは思いませんが、
なんだか複雑に眺める私なのです。



banana2
バナナの叩き売り発祥の地、門司。この写真は門司港駅の写真です。
saraさまのご好意により使わせていただきました。
駅…素敵な想い http://sararuru17.blog80.fc2.com/



―追記―
その後のお馬鹿ちゃんの出来事…。
「ハウスの粉プリン」を一箱まるまる食べたくて、
家人が留守の日を狙い済まし、ボールに作って完食しました。
お陰様でお腹は丈夫になっております。




ヒルリード BIGだきバナナ イエローヒルリード BIGだきバナナ イエロー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バナナコスチュームキューピーポーチバナナコスチュームキューピーポーチ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

[ 2007/10/04 03:06 ] 昭和の風景 | TB(0) | CM(20)
昔母は、私が風邪をひいたり、おなかをこわした時、バナナと甘いくずかきを食べさせてくれました。バナナとくずかきが食べたくて、仮病で学校を休んだ事もあります。
休んだ日は、母はやさしいし、バナナは食べられるし、幸せな気分になったものです。

街ではバナナの叩き売りを良く見かけましたね。
「さあ!買った、買った!さあいくらだ!」と言いながら
鉢巻きおじさんが、バナナがいっぱいのった台を棒で叩く。
そうすると、大勢の野次馬の中から声がかかる。
頃合いのいい値段のところで「えーい!持ってけ泥棒!」と
鉢巻きおじさんがバナナをもう一房オマケに客に渡しているのを
私は指をくわえて見ていました。
バナナの思い出はつきませんね。
[ 2007/10/04 10:59 ] たま [ 編集 ]
バナナの記事を楽しみにしていました。
ゆうやさんのバナナへの想いは、お母様とお父様の懐かしい過去の幸せなひと時の思い出でもあったのですね。

我が家も、家族みんなバナナが大好きです。バナナの黄色を見ると元気になります。
バナナはやぱり台湾バナナ・・・そう思ってしまいます。
実は私・・・バナナ8本間完食は無理ですが、「ハウスの粉プリン」を一箱まるまる食べたことはあります。( ^ ^ )Y 
バナナの写真を使っていただけて、とても嬉しいです。ありがとうございました。(今月、バナナがぶら下がっている間に、また行ってきます。)
ゆうやさんにも門司港のバナナ料理を食べていただきたいです。o(*^^*)o
とっても美味しいのですよ。
[ 2007/10/04 16:10 ] sara [ 編集 ]
かよおびは。。。♪
イオンジャスコで1カット4本99円也。
で、よく買いますが、
小腹の空いた時には手頃なのですよね。
でも、そういえば昔の美味しさはないですねーー;

それにしても、ゆうやさんのバナナへの思い入れの深さ、よ~くわかりましたわ♪
8本はさすがに完食はできませんが、
ハウスプリン、もしかしてできるかも!?
好きなんです^^v
[ 2007/10/04 17:39 ] wakazukuri [ 編集 ]
たまさま
こんばんは。

そうでした!
昔は「病気=バナナ」の公式が成り立っていましたね。
お見舞い品は十中八九バナナでした。

バナナは薬にもなるエライやつなんです。(笑)
そんな優秀で可愛いやつなのに‥
最近じゃその他大勢の扱いで‥ぐすん。

バナナの叩き売りのおじさん。
あの話法は芸術の域に達してましたよね。
花王名人劇場で取り上げて欲しいくらいです。(あ、古いか)
[ 2007/10/04 18:24 ] ゆうや [ 編集 ]
saraさま
こんばんは。

>「ハウスの粉プリン」を一箱まるまる‥

な~んだ、saraさんも私と同じお馬鹿ちゃんだったのですね。(笑)

おっしゃる通り、バナナの黄色は勇気の黄色です。
あの黄色から感受する「安心感」や「満腹感」から、
人は勇気を手にするのです。(熱いな、オレ)

写真ありがとうございました。
感謝。感謝。感謝。です。
[ 2007/10/04 18:38 ] ゆうや [ 編集 ]
wakazukuriさま
こんばんは。

>イオンジャスコで1カット4本99円也。

く、く、く、 ぐすん。(涙)

そこまで落ちぶれた価格帯になるとは‥。

いえ、貨幣価値がそのまま物の価値ではないと、
個々の持っている価値観にはそれを超越した尺度があると、
頭では解っているのですが‥。

可愛いバナナ達が、
あまりにも不憫で‥(泣)

「ハウスの粉プリン」大人食い作戦
実行計画書、送りましょうか?(笑)
[ 2007/10/04 18:51 ] ゆうや [ 編集 ]
可愛いです。色々なコスプレのキューピーちゃんが出回ってますね。こうして遊びたいのは私だけじゃなかったんですね。
 さて、バナナは確かに貴重品でしたが、山盛り食べようとしたことはないですね。プリンの素も懐かしい。よく作りました。普通サイズで。
 昔のバナナ味のアイスキャンディーが無性に食べたくなりました。
[ 2007/10/04 19:58 ] Ivoryboat [ 編集 ]
Ivoryboatさま
お晩です。

バナナ味のアイスキャンディーとは、
これまた哀愁の逸品を。(笑)

「バナナ味の●●」
この設問は底なしです。(喜)
チョコから歯磨きに至るまで甘美な世界が広がりますね。
妄想の世界に入って、出られなくなる可能性が大きいです。(汗)

私の叔母が編み物上手な方だったので、
様々なコスプレキューピーを作っていました。

キューピーちゃんは昭和のアイドルです。
女性の方の大半がお好きなのでは?
何か男性から見ると、聖域のような奥深さを感じます。
[ 2007/10/05 00:31 ] ゆうや [ 編集 ]
というのも、今、売れているみたいですね。
栄養満点だし、甘くて美味しい。
昔も今も、バナナはみんなのアイドルですね。
私も子供の頃バナナは高級品だった覚えがあります。
あれとモモ缶はっ、風邪の時しか食べられませんでしたね~★
[ 2007/10/05 15:14 ] みどり [ 編集 ]
バナナを題材にしたものを思い出してみました。
Ivoryboatさんが言われたアイスキャンデーも然り。商店街で冷やし飴と並んで売られていたバナナジュースにバナナの形に作られたバナナ・カステラと言うのもありました。それと昔、父親がパチンコの景品で持ち帰ったバナナ味のガムとキャラメルと言うのもありました。しかし、本物に勝るモノはありませんよね!
追伸、アイス関連ですがバナナの皮を剥いて割り箸を刺し冷凍室で氷らせたアイスは今だ好物です(笑)
[ 2007/10/06 00:26 ] 爺龍 [ 編集 ]
みどりさま
お晩です。

携帯用バナナ・ケース!
今の私の憧れです。(笑)
けっこう流行っていると、私も聞いたのですが、
それを持っている人を見かけた事がないのは何故?(笑)

モモ缶。
これまた甘美な響きだこと。
私の記憶に鮮明なものは「黄桃」です。
そのせいでしょうか?
「白桃」の方がずっと高級に感じるのは…?
[ 2007/10/06 02:57 ] ゆうや [ 編集 ]
爺龍さま
お晩です。

>バナナの皮を剥いて割り箸を刺し冷凍室で氷らせたアイス

これ、我家でも夏の定番です。
リアルバナナ氷菓とでも名付けましょうか?(笑)

誰もが陥る「バナナの罠」
それこそ「バナナ味」であれば、
対象は二の次の時代でしたね。
[ 2007/10/06 03:11 ] ゆうや [ 編集 ]
夏に東急ハンズに行ったとき
携帯用のバナナケースが多種多様に店頭を飾っていたので、人気復活??と思っていましたが、どういう訳なのでしょう??
バナナというと、少年野球。陸上の大会でも、朝のバナナは息子の必需品でした。わたしの場合は、腸内環境のための必需品です。^_^;

あ、ゆうやさん、リンクさせていただいてよろしいですか?
[ 2007/10/06 09:11 ] つぼみ [ 編集 ]
上野のアメ横の出口あたりで~バナナのたたき売りの口上をぐるっと周りを囲んでながめていた大勢の群集の中に父と私がいました!結構あたらしいもの好きの父だったので買ってくれた?・・・定かではないのですがきっと買ってくれたと思いたい!
病気の時やお土産に頂いたときしか食べられない貴重な一品でした。
最近のバナナの立場を見るにつけ淋しい思いもあります。ただフィリッピンバナナですよね、今スーパーに並んでいるのは~昔食べたバナナは台湾バナナではないですか?甘みと香りが濃く、ねっとり感のある舌触りだったように思い出されます。

バナナは私にとって特別な果物、最近は焼いて食べたり、ジュースにしたり形をかえて楽しんでいます(^^)v
[ 2007/10/06 09:16 ] ウサコ [ 編集 ]
つぼみさま
お晩です。

バナナケース、やはり購入しようと思いました。(笑)
今度ハンズに行った時に買ってきますね。
バナナはダイエットにも最適と言われてますから…。

100gのバナナに含まれる植物繊維は、
レタスと同じ1.1gだそうです。
色々と調べてみましたが、
やはりバナナは体にもいいようで…
美味なるサプリメントと名付けたいほどです。(笑)

リンクの件。ありがとうございます。
とても光栄で緊張さえしてしまいますが、
どうぞよろしくお願いします。
[ 2007/10/06 21:10 ] ゆうや [ 編集 ]
ウサコさま
お晩です。

間違いなく、お父様はその時バナナを買い、
ウサコさんの喜ぶ顔を見てたと思います。(笑)

やはり台湾バナナですよね。
なかなか購入出来ませんが、あの味は濃厚でした。

私はバナナを焼いたレシピでいただいたことがほとんど無く、
早速、調べてみました。
結構お手軽に出来るものもあったので、
明日にでも…と計画しております。
もちろん食べすぎには注意してですが…(笑)
[ 2007/10/06 21:17 ] ゆうや [ 編集 ]
こんにちは。
先輩方の世代にとってバナナが貴重品
だという事実はよく耳にしました。
物流面や生産の改革により価格変動の
激しいものってありますよねぇ。
私にとってのそれは鶏卵です。
近所の養鶏農家に一個単位でおつかいに
行ってた記憶があります。
現在はスーパーの目玉商品で安売りの
見本みたいになっちゃいましたけど。
さて、バナナでした。
ゆうや少年の野望をかなえた8本喰い。
(笑)
バナナジュースなら楽勝です。
昔、寝込んだ時などにお袋が作って
くれたのを思い出します。
バナナと牛乳、卵とバニラエッセンスを2滴。
ミキサーで混ぜるとあら不思議。
砂糖なんて入れてないのに果糖の甘味で
「うみゃ~てかんわ。」
若いバナナは甘味が少ないけどだんだん
熟してシュガースポットと呼ばれる
茶色の斑点が現れるころがベストなのですよねぇ。
余談ですが皮を剥く前に中身が切れているバナナの手品の
ネタ知ってます。(笑)


[ 2007/10/07 09:41 ] moukun [ 編集 ]
moukunさま
お晩です。

『先輩方の世代』ときましたか~!
卵を1個単位でおつかいに行かれていたmoukunさんに
そう呼ばれちゃっては涙が出ます。(笑)

♪泣かないでよ、ベイビィ~

的な心証ですが、先輩は泣きません!

そうか!
8本食いもバナナジュースなら…

あ、いかんいかん。
その時に我家にミキサーなんて近代的な家電は無かったっけ。(汗)
くそー、世代が違うのか…
でも私は
>「うみゃ~てかんわ。」
なんて古臭い言葉は使わないぞ!(たぶん…)

て、てじな…ネタ…知りたい。(汗)
[ 2007/10/07 18:36 ] ゆうや [ 編集 ]
そうでしたよね。バナナと言えば、私たちの子供の頃は、「超高級果物」の扱いでしたね。とても普段気軽に食べられる代物ではなかったです。
病気見舞いとか運動会とかぐらいしか食べた事なかったです。それが今では何と手頃に手に入るようになった事か
、しかしそのおかげで沢山食べられるようになり私としては嬉しい限りです。それと、「バナナアイス」は我が家でも定番ですよ。
[ 2007/10/08 08:54 ] レトロマン [ 編集 ]
レトロマンさま
こんにちは。

そうでした。
運動会にも食べさせてもらいました。(笑)

昔では考えられないほど飽食の現代、
ですがハングリー精神に支えられ、
人間は「もっと、もっと」と上を目指します。
欲望には限りが無くて、
人と人が交わって生きて行くうえでの、
重要なルールも忘れがちになっている昨今に思われます。

成長と人としてのバランス
上手く保って生きてゆきたいものです。
[ 2007/10/08 13:07 ] ゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。