2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恋の季節

1968年(昭和42年)にピンキーとキラーズが放った国民的大ヒット曲。

なんと当時で240万枚の売り上げを記録し、
オリコン17週1位というミリオンセラーでありました。


シルクハットと黒のパンタロンスーツ
そしてステッキといった独特の出で立ちで

♪よっあけのこおひい~ふったりでのもおとぉ~

と軽やかなステップを踏みながら歌う様子は、
ビジュアル的にもイカしてました。


特に全員が右手でブレイクのポーズ(シルクハットのひさし掴み、
引き下げた印象が残っているのですが…)を取る振りは、
お調子者の小学生にとって絶好の物真似材料でした。


今考えてみると、
誰でも口遊める程度の音域やキラーズのコーラス部分が
分かりやすかったことなどが人気を博したポイントかも知れませんね。


歌も本当に上手かったです。
ピンキーの声はどこまでも伸びやかで、
これまた渋い声で続くキラーズの叔父様方(のように見えてしまった)
を従えて歌う図式は最高でした。
キラーズの髭もきまってましたね。


ピンキー(今陽子さん)が当時16歳であったこと、ご存知でしたか?
ちょっと驚きでした。
キラーズの方々のお名前も
ジョージ浜野さん、エンディー山口さん、
ルイス高野さん、パンチョ加賀美さん
とインパクトの宝庫でしたね。


♪わぁ~すっれらっれないのぉ~


と、本当に忘れられない歌い出しとなった「恋の季節」
岩谷時子さん作詞、いずみたくさん作曲の名曲です。

「恋の季節」の歌詞はこちらをご覧ください…


歌詞をあらためて見ると、大人の歌なんですね。
コーヒーも飲んだことのないガキんちょが
夜明けのコーヒーの意味さえ知らず
得意気に歌っていた時代でした。


ピンキーとキラーズの名付け親は
作曲家のいずみたくさんだったようです。
ちなみに、ピンキー(小指)、キラーズ(殺し屋)って
どんな意味あいのグループだったんでしょうか?


ピンキラ=ピンキーとキラーズに会いたい方は…
「恋の季節」が聞けますよ。
紅白バージョン
映画バージョン
カラオケバージョン


パンタロンと言えば学生時代ラッパズボンが流行ってました。
私もそれを購入してみたのですが、脚の長さに問題を抱えていた為か
脚に合わせて裾を切ると結局ストレートになってしまった苦い経験が思い出されます。


とび出せ!ピンキラ“恋の季節”とび出せ!ピンキラ“恋の季節”
ピンキーとキラーズ

曲名リスト
1. 恋の季節
2. つめたい雨
3. オレと彼女
4. ファンキー・エンジェル
5. 恋のお話し
6. ゆびきりげんまん
7. オー・マイ・パパ
8. ドレミの歌
9. 涙のワルツ
10. 月夜のチャペル
11. テネシー・ワルツ
12. ドリーム

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


恋の季節/涙の季節/星空のロマンス恋の季節/涙の季節/星空のロマンス
ピンキーとキラーズ 岩谷時子 いずみたく

曲名リスト
1. 恋の季節
2. 涙の季節
3. 星空のロマンス
4. 恋の季節(オリジナル・カラオケ)
5. 涙の季節(オリジナル・カラオケ)
6. 星空のロマンス(オリジナル・カラオケ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


恋の季節
恋の季節奈美悦子 森田健作 ピンキーとキラーズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

[ 2007/07/24 02:52 ] 昭和の名曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。