2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴキゲン

「ゴキゲン」という言葉は
自分以外を対象として使うことが一般的だと思います。

例えば、
彼女が出来てウキウキしている友を評して
彼、ゴキゲンだね」と言った具合です。

しかし、昭和のある時期、
自分自身の気持ちを表す言葉として流行ったようです。

当時の映画などを見ると、
真新しいギターを手にして;「おっ!ゴキゲンなギターだな」とか、
豪華な食事を前にして「こいつはゴキゲンだね!」と、
非常に無邪気に喜ぶ姿がとても印象的です。

今見ると、少なからず軽薄なきらいもありますが、
自分自身の感情をストレートに口に出すには、
かなり的を得た言葉であったと思います。

嬉しい気持ちを即座に表すことにより、
周りにも幸せや感謝を伝えられる即効性の高い言葉。
「ゴキゲン!」

考えてみるに現代は、
「喜び」の表現方法より「怒り」のそれが目立つ世の中です。

それだけ人々にうっせきした感情が多いことの現れなのでしょうが、
テライなく「喜び」を表せたなら、
もう少しだけ生きることも楽になるような気がします。

「ラッキー」でも「やったぁ!」でもかまいません。
もっともっと喜の言葉を口にしたいし、聞きたいと思います。

そして、相手を思いやる「ごきげんよう」という挨拶の言葉。
素敵な日本語は数多くあるのです。

言葉が時代と共に変化することは仕方が無いことなのでしょうが、
心持ちだけは失いたくありません。

その意味でも「ゴキゲン!」は死語にはしたくない言葉です。


昭和と言えば西岸良平さんの「三丁目の夕日シリーズ」ですね。
では、ごきげんよう。

冒険少年ブック―西岸良平・作三丁目の夕日特別編
冒険少年ブック―西岸良平・作三丁目の夕日特別編
小学館 2005-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
三丁目の夕日 映画化特別編 「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ

スポンサーサイト

[ 2007/07/21 02:21 ] 昭和の言霊 | TB(0) | CM(6)
こやけゆうや様、こんにちは。
ゴキゲンなお話しにゴキゲンです。
(笑)
私自身、プラスのエネルギーを保有する
物なり人にひかれます。
負のエネルギーを発するところへは
出来る限り近づかない。
君子危うきに近寄らず。です。
楽しいお話しを聞いてゴキゲン。
美味しいものを食べてゴキゲン。
エッチなことをしてゴキゲン。
人間は楽しむために生まれてきた
生き物ですからねぇ。(笑)
三丁目の夕日。
よかったですよねぇ。
最後のほうで少年が貧乏作家のもと
へと帰る部分で「金より人」の
メッセージがあったようにとらえ
ました。
あ。
悪い癖ですね。
水野晴男が嫌われるのはそういう解釈
の押し付けがあるからだと反省です。
(笑)
女優の小雪さん。
思いっきりタイプです。
彼女が「ビエラ」のCMに出ている
のを見るだけでゴキゲンです。
(笑)
それではごきげんよう。(笑)
[ 2007/07/21 09:43 ] moukun [ 編集 ]
三丁目の夕日。
よかったです。(ウルウル)

そして全く同意です。
最後のほうで少年が…おっと、癖まで行っちゃいそうでした。

そう言えば、水野晴男さんはお元気なのでしょうか?
以前お体が悪いようなことを聞いた気がしますが…。

「さよなら×3」の淀川長治さんや、
「モアベターよ」の小森のおばちゃまたちは、
もうこの世にはいらっしゃらないのですが、
今でも亡くなったという現実感が薄い方々です。

若い頃のあの方々を知らないことが、
そう思わせるのか、何だか不思議な感覚です。

私はブラウン管で小雪さん
…じゃなかった、「ビエラ」のCMを見ているのですが、
『おっ、さすがにビエラは画像が綺麗だわい』と、
思ってしまうのは、やはり小雪さんの力なのですかね(笑)
[ 2007/07/21 22:44 ] こやけゆうや [ 編集 ]
すんなり、ごきげんよう。
って、あいさつできるけれど、
昔、職場の人が退職される日、
最後に「ごきげんよう」って去って行った時、
何故か、こちらが気恥ずかしくなったことを思い出しました。
田舎者には縁のない挨拶だと思っていました!?
上流社会のご婦人の言葉だと。。。

しかし、今は冗談交じりに挨拶しますわよ。
それでは、ワタクシも
ごきげんよう~~~☆
[ 2007/07/22 00:53 ] wakazukuri [ 編集 ]
それ、貰います。(笑)

私が会社を退職する時の最後の言葉は「ごきげんよう」にします。

皆さんを散々気恥ずかしくさせちゃいます。

私も田舎者には違いませんが、今から練習を重ねておけば楽勝ですよね。

ごきげんよう…ごきげんよう…ごきげんよう…
[ 2007/07/22 03:19 ] こやけゆうや [ 編集 ]
こんにちは

こちらの県内にある付属の小学校の生徒たちは
みんな「ごきげんよう」なのですよ。o(*^^*)o
(うちの子供たちは公立ですが・・。)(^^;
ランドセルを背中に、小さな可愛い女の子から
「ごきげんよう」そう言われると
とても穏やかな気持ちになりますね。
表情からも優しさが伝わってくるようで
娘にも言って欲しい言葉の一つです。
[ 2007/07/22 11:47 ] sara [ 編集 ]
saraさま、こんにちは。

それ、言われてみたいです。
ランドセルを背中に背負った小さな子から、
そんな風に「ごくげんよう」って言われた日には
きっと、悶絶してしまうほどテンションがあがると思われます。
そして、5分程その言葉を噛締めて泣いてしまうのでしょう。

その小学校、タマリマセン!
[ 2007/07/22 16:23 ] こやけゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。