2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

かんゆう?

幼稚園から小学校にかけて給食時に食べていた記憶が残る
あの「かんゆう」が、肝油(かんゆ)というサプリメントであったことを
近年に知り驚いております。

私の中のその名称は、あくまで「かんゆうドロップ」の「かんゆう」であり、
けっして栄養補助食品ではなく、美味しいおやつでした。

今、おぼろげな記憶を呼び起こしてみても、
当時、私の周りの誰もが「カンユ」と最後の音を切ることは無く、
「かんゆう」と緩やかに呼んでいたと思われます。

少しザラッとした甘い舌触りの中から、
ぷにゅぷにゅした物体が現れる「かんゆう」は、
制限さえなければ、いくつでも口に押し込みたい逸品であり、
学校でしか食べられない特別なおやつでした。

それがです。
前述のお堅い名前を持つ上に、
通常ルートで市販されていることを知った時の衝撃
早速ドラッグストアに赴き、
肝油という漢字を身にまといデンと構える缶を発見した時の寂寥感
缶のデザインがあまりにも時代がかっている事への安堵感

kanyuu


それは、会いたくても会ってはいけない初恋の人を、
街で偶然見かけてしまった時のような複雑な気分でした。

私は、あの甘美なイメージにあう呼び名は
「かんゆう」とひらがなであって欲しかったのです。
せめてカタカナ表記であってくれたら…。
そして、探しても探しても手が届かない所にあって欲しかったのです。
せめて業務用のダンボールに詰められ、
倉庫の奥に転がっていてくれたなら…。

嬉しさ半分、寂しさ半分の心持ち。
言葉になりません。

詳しく調べてみると、
当時、日本人が不足しがちだったビタミンAやDを補給する手段として
学校給食に取り入れられたとのこと。
ちなみに、肝油の正体はクジラ、サメ、タラなどの肝臓の油を凝固させたものらしいです。

ちぇ、おやつじゃなかったんだ。
がっかりしたのは私だけ?



余談ですが…
私のひとり勘違いは年を重ねても治らないようです。

以前、美味しいcoffee
ちょっと大人の雰囲気でいただけるお店を見つけました。

近年その勢力を伸ばしてきたチェーン店なのですが、
私はたまたま早い段階からこのお店を知り、
一人で夜更けに入っては幸せな時を満喫しておりました。

お店の名前は「明楽時運」
何と読まれますか?

私は勝手に「メイラクジウン」と心に刻み込み
「このネーミングは深いな…」とcoffeeと戯れていたものです。

そして最近知ってしまったのです。
お店の本名が「アラジン」だと言うことを…。
私の中で勝手に増殖した
「大人」で「お洒落」で「秘密めいたもの」が崩れました。

私はまたひとつ自分の場所を失いました。
全ては私の一人勘違いが原因なのですが…。


ここまで来たら更にお馬鹿な少年の話をもうひとつ

「キイハンター」ってご存知でしょうか?
ご存知無い方は「Gメン75」の元祖と思って下さい。

それは、当時の少年達にとってかなり大人の番組であり、
親の目をかいくぐってでも見なければならない必須番組でした。
「キイハンター」は5人編成で、悪に挑む冒険者です。

彼らの愛するものは自由。求めるものは平和。

というナレーションに心を躍らせ、
それこそ冒険者の有り様で画面に釘付けになっていたものです。
5人の中で私が最も憧れたは、千葉真一さん演じる風間洋介でした。

毎回タイトルバックで風間が白いジーンズが破れそうなほど足を挙げた瞬間に画面が止まり、「千葉真一」の名前が現れていました。
(たぶん間違いないと思うが…)

当時小学生だった私は、
お馬鹿な私は、
お馬鹿で無邪気な私は、
「センバマイチ」と読み、そして脳裏に刻み込んだのです。

そのお馬鹿の刻印がようやく消えたのは、な、なんと中学3年でした。

全くもって恐ろしい話です。


キイハンター MUSIC FILE
TVサントラ 菊池俊輔
キイハンター MUSIC FILE
曲名リスト
1. 「キイハンター」オープニングテーマ
2. プロローグ~サブタイトル(「非情のライセンス」アレンジBGM)
3. 危険な賭け
4. 月下のスパイ
5. 暗躍する組織
6. 陰謀
7. 炎の標的
8. アクション!
9. 予告編用音楽(「非情のライセンス」アレンジBGM)
10. 魔窟への潜入
11. 火を噴く銃口
12. 眠らぬ街の狩人
13. 一網打尽
14. 惨劇
15. 地下道の追跡
16. 闘争果てなく
17. 宿命の対決
18. 勝利の証し(「非情のライセンス」アレンジBGM)
19. 熱砂の死闘
20. 決意(「非情のライセンス」アレンジBGM)
21. 非情のライセンス(TVサイズ)
22. 「キイハンター」オープニングテーマ(未編集ヴァージョン)
23. 非情のライセンス(カラオケ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

[ 2007/07/18 02:22 ] 昭和雑感 | TB(0) | CM(6)
はじめまして、 たまと申します。

 我家 
主人の飲み会の時に朝送っていくときのギャラ(ごほうびv-25)が 明楽時運のコーヒーでした。

ちょっと お高めのコーヒーと店員さんの イケメンが 非日常で大人な私たち・・・みたいな 雰囲気によっていたのですが・・・アラジン!v-91だったのですね・・・いえ~っ っと違った曲♪を思い出しちゃいそうです。

 
[ 2007/07/18 08:03 ] たま [ 編集 ]
こやけゆうやさん、こんにちは。
肝油ドロップ。
給食の時に出ていました。
なぜか牛乳瓶の底に2粒沈めて、眺め
ながら飲んでいました。
缶のデザインがチープで最高ですね。
(笑)
急に浅田飴のフタの放射状のデザイン
が脳裏をよぎりました。
永六輔さんの「てきこえのどに、
あただあめ。」という舌足らずな声
とともに。(笑)
明楽時運。
じっくりと考えたくてそれ以後は読まず
に考えてみましたが、やがて降参して
読みすすめるとアラジン。
こりゃ読めませんよ。(笑)
「せんばまいち」にはやられました。
(笑)
人名は土地柄で極端なものが多く、
こちらの地方で多い「越智」などは
関東の人は読めない場合が多いです。
「エッチ」なんて読んじゃうのです。
逆に東北地方の「設楽」さん。
「したら」さんと読むのに驚きました。
そして究極。
「百々」さん。
高知のほうの名字らしくて「どど」さん
と読むらしいです。
[ 2007/07/18 09:52 ] moukun [ 編集 ]
夫婦間でのギャラ発言。
我が家にも是非取り入れたい施策です。
もちろん私がお支払いいただく案件を多く法制化したいと思っております。(笑)

「明楽時運」にはイケメンが…とのご指摘。
私も同性ながら同意します。
私の通うお店に限って言えば、非常に接客教育が行き届いたスタッフが多く、更にイケメンです。
私としては、初老の紳士(藤村俊二:通称おひょいさんのイメージ)がベストなのですが、それは欲張り過ぎですね。(けっして執事喫茶を想定しているのではありません)

「違った曲♪を思い出しちゃいそうです。」
が、気になってしまう私です。
私が反射的に思い浮かぶ曲と言えば、一世を風靡した「完全無欠のロックンローラー」かローカルなパチンコ屋さんのCM曲しかなく、貧相な引き出しにしょげてしまいそうです。

[ 2007/07/19 02:12 ] こやけゆうや [ 編集 ]
「かんゆう」のそんなシュールな食べ方(飲み方?)があったとは!
世間の広さを痛感しております。
以前、スイカに砂糖をかけて食べるという方にお会いして以来の衝撃でした。(笑)

世にも不思議な読み方シリーズ

問1:「越智」
答え:「オチ」
解説:Vシネマ「首領への道」を完観していた私は、白龍さん演じる「越智俊英」のファンでし
   たとさ。

問2:「設楽」
答え:「したら」
解説:愛知県には北設楽郡設楽町が存在します。愛知県を生活拠点としておりますの
   で…。愛知県民の意地です。

問3:「百々」
答え:「どど」
解説:…? ドド?
   完敗です。(涙~号泣)…セ・ケ・ン・ハ・ヒ・ロ・イ…   ドドに乾杯!

自主学習として…

岐阜県には「尻毛」という地名があります。
これで「シッケ」と読むのです。
けっしてその地域を軽んじている訳ではないのです。
歴史に裏打ちされた貴重な地名だと推測しておりますが、
出来れば私は住みたくは無いです。
住所を聞かれた時を想像してしまうから…

「シッケというのはどういう字を書くのですか?」と公的に聞かれた時、辛いですよね。
これって。

尻毛にお住まいの方がもしいらっしゃったらすみません(謝)
本当にごめんなさい。(謝)
[ 2007/07/19 02:56 ] こやけゆうや [ 編集 ]
昔当たり前だったものが、今は体に良いといって商品になっている。そんなことが多いですね。
[ 2007/07/22 04:33 ] プラス探し [ 編集 ]
ご訪問感謝いたします。

本当にそうですよね。
今では当たり前のように「お茶」や「水」を買いますが、
子供の頃には考えられないことでした。

しかし、水道の水を直接飲むことはあまりなくなりましたね。
これってどうなんでしょう?
本当に豊かなことなのでしょうか?

考えさせられました。



[ 2007/07/22 16:14 ] こやけゆうや [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。