2007 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大晦日


昭和の大晦日の過ごし方には、
ある一定のパターンがありました。

とは言っても、
紅白歌合戦日本レコード大賞が出揃った、
昭和34年(1959年)以降のスタイルなのですが…。


大晦日
大人も子供も話題の中心はレコード大賞のゆくえ。
夕方までには大掃除やお風呂も済ませて茶の間に集合です。


普段ではお目にかかれない食卓に目をみはりながら、
今夜はいつまでも起きていてもいいぞ
との魅惑的な言葉が父から飛び出すのも恒例でした。

(私の暮らす地方では、大晦日の晩に「年取り」といってご馳走を食べる習慣があります。)


父親はお酒を飲み、
母親は忙しなく配膳をするなかで、
日本レコード大賞が始まります。
ブラウン管には司会の高橋圭三さんの姿。


手に汗にぎる瞬間の後、
涙の授賞式を見届けるやいなやチャンネルはNHKに。
オープニングにあの歌手が間に合うか?
なんて予想をしながら、家族一丸となっての紅白です。


宮田輝さんや佐良直美さん、
山川静夫さんや水前寺清子さんが
よく司会をなさってた時代です。


南極観測隊からの電報を拝聴したり、
出演者同士のコントを見ながら、
ラストは日本野鳥の会の皆様の出番でした。

服部良一さんのタクトで蛍の光を歌えば、
時刻はもう11時45分。
あと少しで新年です。


年が明けたらお年玉…。
そんな期待を胸に「行く年来る年」の厳かな静寂の中、
ぼ~ぉお~ん と響く鐘の音を遠くなる意識で聞きました。


そんな当たり前のような大晦日も昨今ではなくなり、
紅白歌合戦も様変わりしています。
更に、レコード大賞が30日になるなんて…。


視聴率という企業論理の前には、
習慣や思い出など入り込む隙もないようです。


「傷だらけの天使」において
アキラが大晦日に紅白はずしたことがないと言ったシーンや、

「北の国から」において
大晦日の夜、正吉の家から垣間見えた母子のぬくもりの中、
テレビに映し出された紅白の映像を雪の中で見る

そんな名場面も紅白が紅白であったからこそでした。


もちろん当時、
心躍る裏番組があった訳ではなく。
テレビだって一家に1台でしたから、
比べる土壌にはないのですが、
一抹の寂しさは禁じえません。


年の瀬に少し湿っぽい記事になってしまいました。


皆さま、
本年度のご来訪、心から感謝いたします。


生来の無精者である私が、
何とかここまで続けてこられたのは、
皆さまがこの拙いブログを覗きに来てくれたからこそです。

今年度はこれにて終了しまが、
何卒、来年もよろしくお願い致します。

皆さまの来年が幸多き年になりますように…。
心より祈念いたします。



スポンサーサイト
[ 2007/12/31 01:10 ] 昭和の風景 | TB(0) | CM(18)

聖夜に赤玉ポートワインを…。


赤玉のクリスマス


子供の頃、
クリスマス特別な日でした。

もちろん今でも非日常的な日には違いないのですが、
サンタクロースを夢見てた分だけ特別だったのでしょう。

サンタクロースの存在を夢見なくなったのが、
いくつの頃からだったのか、
今ではその記憶も残っていませんが、
特別な事はまだ沢山ありました。


家でまあるいケーキを食べることや、
普段にはあまり無かった洋食の夕飯。

ロウソクやクリスマスツリーなど、
普段の生活の場が一変する驚きに満ちていました。


そんな夜の宴の席で、
母がその時にしか使わないワイングラスに、
トクトクと音をたてて注いでいた赤い飲み物。

それが『赤玉ポートワイン』でした。


「おいしいの?」と聞いた私に、
「これは甘いから」と少し舐めさせてくれたものです。

思えば父はそれには口をつけず、
ビールを飲んでいた気がします。
あれは母だけのお酒だったのでしょう。


普段、お酒など飲まない母でしたが、
クリスマスという特別な日だから…。
と思ったのでしょう。


赤玉スイートワイン



その後ずっと『赤玉ポートワイン』は、
我が家のクリスマスには登場していました。

赤玉ハニーワイン、赤玉パンチ、
など名称や種類は変っていましたが、
いつもどこかにありました。

そして現在は赤玉スイートワイン

もう母も他界し、
誰も飲まなくなったボトルが1本残っています。


今年のクリスマスは回顧復帰


新しい赤玉スイートワインと、
今年100年目を迎えた赤玉の記念ボトルを用意して、
今宵、家族で一献かたむけようかと…。


赤玉100年記念ボトル
赤玉スイートワインの太陽にとまっているのはテントウムシ。偶然の産物です。


赤玉ポートワイン
1907年(明治40年)4月の発売とのことですから、
もう100歳(1世紀)になります。

昭和を全て見てきたこの赤玉
サントリーさんの社名が「sun(=赤玉)+鳥井」から
名付けられたことは有名ですが、
このワインが100歳を迎えたことは知りませんでした。

赤玉ポートワインの歴史はこちら…

思えば日本で最初のヌードポスターも、
この赤玉ポートワインのものでしたね。

ポスターはこちら…

多くの人に愛され、
歴史に名を刻む赤玉スイートワイン。
素晴らしいお酒です。


そういえば、
当時のクリスマスケーキで思い出されるのが、
バタークリームケーキアイスクリームケーキ

特に丸い発泡スチロールに入って売っていた、
あのアイスクリームケーキはどうなったのでしょう。
昨今では全く見なくなってしまいました。

今一度食べてみたいものです。



さあ、夜も更けてまいりました。
これから私は回顧復帰の第2段

大学生にもなった娘の寝室に忍び込み、
サンタお菓子ブーツ」(1500円)を枕元に…。


これは大人の遊びですね。



クリスマス・ソングスクリスマス・ソングス
オムニバス ヒラリー・ダフ ブルー

曲名リスト
1. ジョン・レノン&ヨーコ・オノ /ハッピー・クリスマス(戦争は終った)
2. マライア・キャリー /恋人たちのクリスマス
3. ワム!/ラスト・クリスマス
4. ポール・マッカートニー /ワンダフル・クリスマスタイム
5. ステイシー・オリコ /クリスマス・ウィッシュ
6. アシャンティ/ザ・クリスマス・ソング
7. アリシア・キーズ /リトル・ドラマー・ガール
8. ジョー /ディス・クリスマス
9. ジェシカ・シンプソン /オー・ホーリー・ナイト
10. ヒラリー・ダフ /ジングル・ベル・ロック
11. ブルー /ギフト
12. グロリア・エステファン/クリスマス・スルー・ユア・アイズ
13. ダイアナ・ロス /ウィンター・ワンダーランド
14. グラディス・ナイト&ザ・ピップス /ザット・スペシャル・タイム・オブ・イヤー
15. ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック /ディス・ワンズ・フォー・ザ・チルドレン
16. Lucky Soul /ロンリー・ディス・クリスマス
17. ダン・フォーゲルバーグ /懐しき恋人の歌
18. ジャネット・ケイ /サイレント・ナイト
19. ケイト・ブッシュ /ホーム・フォー・クリスマス

1. ロイ・ウッド/ クリスマス・エヴリデイ
2. ジャクソン5/ ママがサンタにキスをした
3. B2K/ サンタが街にやってくる
4. シンディ・ローパー/ ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー
5. ビリー・スクワイア/クリスマスに”I LOVE YOU”
6. ザ・ポーグス・フィーチャリング・カースティ・マッコール/ ニューヨークの夢
7. Mew /シー・ケイム・ホーム・フォー・クリスマス
8. ベリンダ・カーライル/ クリスマス・ララバイ
9. バーシア/ 天使たちのクリスマス
10. カーニー・&ウエンディ・ウィルソン/ ヘイ・サンタ
11. クリス・レア/ ドライヴィング・ホーム・フォー・クリスマス
12. エターナル/ アイ・アム・ブレスド
13. エクスケイプ/ クリスマス・ウィズアウト・ユー
14. ウェンディ・モートン/ クリスマス・タイム
15. フェイス・エヴァンス/ ホワイト・クリスマス
16. デルタ・グッドレム/ ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス
17. ロクセット/涙のクリスマス(愛のぬくもり)
18. ボズ・スキャッグス/ フェイド・イントゥ・ライト
19. フィオナ・アップル/ フロスティ・ザ・スノーマン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2007/12/25 02:32 ] 昭和の風景 | TB(0) | CM(14)

私をスキーに連れてって

昭和も終りに近づいた昭和62年(1987年)11月。

『見栄講座』のベストセラーで名を上げた、
ホイチョイ・プロダクションズの記念すべき第1作映画、
「私をスキーに連れてって」が公開されました。


私をスキーに連れてって


映画のタイトルは、
我が娘でも知っていたほど有名にも関わらず、
輝く受賞歴がある映画ではありません。

しかし公開後、空前のスキーブームを巻き起こし、
その他、様々なブームの火付け役となったこの映画は、
トレンディドラマの先駈けとも言われるほど、
社会的インパクトがあったホイチョイムービーなのです。


「恋愛」「レジャー(スキー)」「ファッション」
「歌(ユーミン)」「流行」「仲間」等など
若者が飛びつくアイテムを全編に散りばめ、
流行を作り出す使命を帯びた、ホイチョイ魂が感じられました。



主演は原田知世さん。
これが理屈抜きでカワイイのです。

haradatomoyo1


どこか大人になることを拒んでいるような彼女の笑顔は、
可憐という言葉の意味を体感させてくれるに充分でした。

mikami1 haradatomoyo2



同性にも人気の高かった彼女が、
白いスキーウェアーでゲレンデに立つ姿に憧れ、
多くのゲレンデ美人が出現したものです。

haradatomoyo3



片手でピストルを作り、
「バーン!」と意中の彼を撃つ仕草は、
どう見ても究極のベタであり、
演じて様になる女優さんは数少ないと思います。

そんな「バーン!」を、
原田知世さん演じる池上優は、
こともあろうに5回もやりました。
そして全てを自然にこなした彼女は、やはり偉大なのです。

baan1 baan2

baan3 baan4 baan5



映画の冒頭、三上博史さん演じる
スキー以外は冴えないサラリーマン矢野文男が、
スタッドレスタイヤに履き替えた愛車に、
アマチュア無線機を携えて乗り込みます。

エンジンをかけ、
カセットをデッキに押し込んで、いざスタート。
もちろん目的地はスキー場です。

カセットから流れ始める曲は、
主題歌であるユーミン「サーフ天国、スキー天国」
もうスキーに行くしかないな。
と思わせる見事なオープニングでした。


もちろんこのシーンでも、
「スタッドレスタイヤ」「アマチュア無線機」といった
流行アイテムが顔を覗かせていましたね。



サーフ天国、スキー天国

作詞、作曲:松任谷由実さん

ゲレンデのカフェテラスで
すべるあなたくぎづけ
派手なターンでころんで
煙が舞い立つ

スタイルなんてどうでも
あなたらしけりゃ最高
プロの選手もコーチも
出る幕がないよ

自然は雪や太陽つれて
レビューを見せに来る
夕映え 樹氷を染めれば
しばらく地球は止まってる

スウィングしてる粉雪
High な気分にさせるよ
つれてゆこうかこれから
スキー天国へ




そして、まるでスキーのマニュアルのように、
ゲレンデでの大技、小技がスクリーンに展開します。
雪しぶきを上げて滑降する姿は、やはりカッコイイ!

このシーンでの挿入歌が、
今ではクリスマスの定番ソングとなった、
ユーミン「恋人がサンタクロース」


恋人がサンタクロース

作詞、作曲:松任谷由実さん


昔となりのおしゃれなおねえさんは  
クリスマスの日 私に云った
今夜8時になれば サンタが家にやって来る
ちがうよそれは絵本だけのおはなし
そういう私にウインクして
でもね大人になれば あなたもわかる そのうちに
恋人がサンタクロース  
本当はサンタクロース つむじ風追い越して
恋人がサンタクロース  
背の高いサンタクロース 雪の街から来た




音楽と映像でゲレンデ気分を大いに盛り上げてくれる最後は、
志賀~万座の難関ツアーコースを滑降するクライマックスシーン
そしてここでは「ブリザード」が見事にはまってました。
もちろんユーミンです。


♪ブリザード オゥ ブリザード
 つつめ~せかいを~

と思わず大合唱してしまいます。


この時、
原田貴和子さん演じる佐藤真理子と、
高橋ひとみさん演じる羽田ヒロコが、
トヨタ・セリカGT-FOUR に乗り込み別ルートで疾走します。


雪壁を突き破ったり、ジャンプしたり、
挙句の果ては、ゲレンデを滑降するなど、
非日常的なシーンの連続でしたが、
若さ故、リアルな日常として夢を見れたシーンでもありました。


cerika

二人がスタート前に行った儀式
発進させる前にドアを開け路面状態を確かめる行為も流行りました。
「凍ってるね」とセリフを真似れば完璧でしたね。



「サーフ天国、スキー天国」
「恋人がサンタクロース」
「BLIZZARD」
これら3曲は今や定番のウィンターソングとなりましたが、
どれもシングルカットはされておりません。
これも特筆すべきことだと思います。

ちなみにあと2曲ユーミンサウンドが楽しめます。
「ロッヂで待つクリスマス(インスルメンタル)」
「A HAPPY NEW YEAR」

どちらもスクリーンにマッチして素敵ですよ。



私が個人的に気に入っているのは、
田中邦衛さんが演じた田山雄一郎。
往年の名スキープレーヤーであり、矢野の上司(別部署)の役柄です。

何かお気づきになりませんか?
「若大将シリーズ」で青大将(田中邦衛さん)のライバルは?
そう、雄一(加雄三さん)です。

いかにもホイチョイっぽい遊び心にニヤリです。


ホイチョイ・プロダクションズはこの映画の後、
「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」
を公開し、世に言うホイチョイ3部作となりました。



久しぶりにこの映画を見ました。

真理子が矢野を励ましたセリフ、
スーパーマンだって普段はサラリーマンやってるんだから
にグッときてしまいました。

一度見た映画でも見直してみると
時代により感動ポイントが変わってきますね。


mikami2


皆さまもどうですか?
この時期、お勧めの映画です。


リンク切れでなければ‥
私をスキーに連れてって~サーフ天国、スキー天国
恋人がサンタクロース
BLIZZARD
A HAPPY NEW YEAR


私をスキーに連れてって
私をスキーに連れてって原田知世 三上博史 原田貴和子

おすすめ平均
stars色褪せない青春映画
starsユーミンサウンドとともに我が懐かしの青春映画
stars永遠の「題名」
stars邦画関係者はこの記事を読んで奮起してほしい
starsみんな原田知世(のつもり)だった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



SURF&SNOWSURF&SNOW
松任谷由実

曲名リスト
1. 彼から手をひいて
2. 灼けたアイドル
3. 人魚になりたい
4. まぶしい草野球
5. ワゴンに乗ってでかけよう
6. 恋人がサンタクロース
7. シーズンオフの心には
8. サーフ天国,スキー天国
9. 恋人と来ないで
10. 雪だより

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



NO SIDENO SIDE
松任谷由実

曲名リスト
1. SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE
2. ノーサイド
3. DOWNTOWN BOY
4. BLIZZARD
5. 一緒に暮らそう
6. 破れた恋の繕(なお)し方教えます
7. 午前4時の電話
8. 木枯らしのダイアリー
9. SHANGRILAをめざせ
10. ノーサイド・夏~空耳のホイッスル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



昨晩お会いしましょう昨晩お会いしましょう
松任谷由実

曲名リスト
1. タワー・サイド・メモリー
2. 街角のペシミスト
3. ビュッフェにて
4. 夕闇をひとり
5. 守ってあげたい
6. カンナ8号線
7. 手のひらの東京タワー
8. グレイス・スリックの肖像
9. グループ
10. A HAPPY NEW YEAR

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2007/12/21 13:43 ] 昭和の名画座 | TB(0) | CM(14)

アーム筆入れ

象が踏んでも壊れない

どうですか?
この威風堂々とした言い様。

覚えておられるでしょうか?
当時、こんな非日常的なキャッチコピーと共に、
爆発的ヒットとなった筆箱のことを。


そうです。
その自信満々の筆箱こそ、
昭和40年(1965年)に、
サンスター文具㈱さんから発売された「アーム筆入れ」なのです。


お弁当箱型式の身、蓋。
強き美しさを誇張したようなスケルトン色。
シンプルでストロングなでした。



はテレビCMで、
私たち子供に挑戦状を送ってきました。


それが冒頭の
「象が踏んでも壊れない」です。


実際に象を自分の上に乗せ、
ビクともしなかったスケルトン野郎は、
テレビ目線で「どうだい?」
と得意気に言ったように思えました。


このキャッチコピーに対して、
「へえ~丈夫で長持ちするんだ。」と、
素直に反応した親たちと違い、
「壊せるものなら壊してみろよ」と、
僕たちは挑発として受け止めました。

昭和の子供としては当然の反応でしょう。


それからのとの戦いは、
僕たちに悲喜こもごもの人間模様を見せてくれました。


『象が乗ったって壊れないんだから、きっと大丈夫だよ』

そんな心の奥底に潜む安心感が、
チャレンジャー魂を増幅させたのでしょう。

スケルトン野郎
「まいったゾウ」と言わせたい一心でした。


屋上から落としてみたり、
机の上からジャンプして踏みつけてみたり、
かかと蹴りを見舞ってみたり、
遂には椅子を使った反則攻撃まで飛び出しました。


子供は勝つまで止めませんので、
当然アーム筆入れに勝利を収めます。


ミシッと言う音とともに
「割れた!!」との喚声。

『ええっ!壊れちゃった?親に怒られる…』
そしてそんな後悔が襲ってきました。

自ら壊してしまった者、
他人に壊されてしまった者、
子供の世界から大人の世界へと次元が移動する瞬間の音。

それがミシッでした。




思えば筆入れはよく壊れました。
チャック式の物はチャック部分が、
マグネットの蓋式の物は開閉部分が、
そしてプラスチックの物は落下によって壊れました。

メーカーサイドから見れば、
壊れやすければ次の需要が期待できることから、
壊れないアーム筆入れは真逆の商品でした。

それでも大々的に発売した裏には、
壊してみたい少年真理を、
巧みに突いた戦略だったのかも知れませんね。



そう言えば女の子はどうだったのでしょう。
赤いアーム筆入れを持っている子が
ちらほら居たように記憶しています。

女の子でも踏んで確かめてみたいですよね。

ひとり自宅で
「えい!」と小さな掛け声をかけながら、
スケルトン野郎を踏みつけていたのでは?

そんな姿を想像すると、
なんだか惚れちゃいそうになるのです。

ああ。
偉大なるはアーム筆入れ。



そう言えば当時から筆なんて入っていないのに筆箱と呼んでいましたね。
今だってペンシルケースとは言わず筆箱筆入れがポピュラーな呼称です。
考えてみれば古めかしい呼び名ですが、面白い現象だと思います。



なんと!アーム筆入れ。
マイナーチェンジはしているのでしょうが、今だに現役でした!
その名も「NEWアーム筆入」スケルトン野郎、健在です。
サンスター文具株式会社さんはこちら…
サンスター文具株式会社


[ 2007/12/12 03:11 ] 昭和の流行 | TB(0) | CM(22)

紅葉(もみじ)

紅葉前線は日本列島の真ん中を過ぎたあたりなのでしょう。
私の住まう東海地方もそろそろ終盤の模様です。


紅葉



先日、年々重くなる腰を上げ、
近場へと紅葉狩りに赴きました。


目的地が近づき、紅葉に染まる山肌が見えた時、
あ~きのゆ~うひ~に て~るうや~まも~みいじ
と思わず口をついて出てしまったのが「紅葉(もみじ)」です。


紅葉の時期になると必ず口ずさみますので、
一年に一度は歌う季節のテーマソングとなっています。


この曲は文部省唱歌ということで、
音楽の時間に習いました。



作詞 高野辰之さん
作曲 岡野貞一さん

秋の夕日に 照る山紅葉
濃いも薄いも 数ある中に
松をいろどる 楓や蔦は
山のふもとの 裾模様

渓の流に 散り浮く紅葉
波にゆられて 離れて寄って
赤や黄色の 色様々に
水の上にも 織る錦




曲の前半部分には輪唱の記憶があり、
曲の後半部分には二部合唱の記憶が残っています。


覚えているのはそれくらいで、
果たして最後まで輪唱したのか、
途中から二部合唱になったのかは私の中ではです。


そんな記憶力の無い私ですが、
歌自体は全部覚えていて、
TPOによって思い出すのですから、
音楽というのは素晴らしいものです。


ただし、輪唱は苦手で、
低音部のパートを担当していても、
必ず主旋律に影響されて、
曲が終わる頃には主旋律組にトラバーユしていました。


どの曲でもそうですが、
小学生の頃もアバウトな子供でしたので、
歌詞を理解して歌うことなどありませんでした。


メロディにのった言葉として一括で脳内処理してきた感じがします。

その為でしょう、大人になって歌詞の意味を理解することで、
曲に対するイメージが変わることが多々あります。

その点で言えば「紅葉(もみじ)」は、
当時のイメージそのままであったと言えます。
そして歌詞を理解すこことで、更にイメージが深くもなりました。



そしてもうひとつ。
この「紅葉(もみじ)」と必ずリンクして思い出される歌が、
「里の秋」という童謡です。


里の秋


文部省唱歌と童謡の区分けは分かりかねますが、
この「里の秋」は学校で習った記憶はありません。

それなのにどうして知っているのでしょうか?
童謡とはそういった性質のものなのでしょうか?



作詞 斎藤信夫さん
作曲 海沼 実さん

静かな静かな 里の秋
お背戸に木の実の 落ちる夜は
ああ 母さんとただ二人
栗の実 煮てます いろりばた

明るい明るい 星の空
鳴き鳴き夜鴨の 渡る夜は
ああ 父さんのあの笑顔
栗の実 食べては 思い出す



この曲は1番しか覚えていませんでした。
たぶん覚えた時の状況が関係していると思われますが、
出だしのメロディが心に染み付いています。



遠い昔。
あれは南こうせつさんのコンサートでの出来事でした。
コンサートの終盤、MCの時と記憶していますが、
こうせつさんがアカペラで「里の秋」を歌われました。

その時に私の中に眠っていたこの曲の記憶が甦りました。
それは不思議な体験で、甦った「里の秋」が今に繋がっているのです。

童謡の片鱗を見たような気がしています。


さて、これらの曲は今どうなっているのでしょう。
大学生の娘に尋ねてみたら、
「紅葉」は知っていましたが、
「里の秋」は知りませんでした。

もちろん、私の知らない曲を彼女は習っていますので、
お相子なのですが…。

ちょっぴり少し寂しくもある秋の夜です。


もみじ寺
尾張のもみじ寺「寂光院」




鮫島有美子の四季鮫島有美子の四季
鮫島有美子 多田羅迪夫 ドイチュ(ヘルムート)

曲名リスト
1. 早春賦
2. 花
3. 荒城の月
4. 春の唄
5. うれしいひな祭り
6. 花の街
7. さくら横ちょう
8. お菓子と娘
9. さくら貝の歌
10. この広い野原いっぱい
11. この道
12. 青い山脈
13. すみれの花咲く頃
14. 朧月夜
15. 山小舎の灯
16. 故郷を離るる歌
17. GREEN GREEN GLASS OF HOME(想い出のグリーングラス)
18. 野ばら
19. 別れの曲
20. 春の日の花と輝く

1. 夏は来ぬ
2. 浜辺の歌
3. 宵待草
4. 椰子の実
5. 月見草の花
6. みかんの花咲く丘
7. 花嫁人形
8. 初恋
9. さとうきび畑
10. ねむの木の子守歌
11. 長崎の鐘
12. エーデルワイス
13. リンゴの歌
14. 月の砂漠
15. 魅惑の宵
16. あざみの歌
17. 夏の思い出
18. MY OLD KENTUCKY HOME GOOD(ケンタッキーの我が家)
19. 忘れな草をあなたに
20. 追憶

1. 赤とんぼ
2. ちいさい秋みつけた
3. 里の秋
4. からたちの花
5. 誰もいない海
6. 庭の千草
7. 学生時代
8. 故郷の空
9. 恋人よ
10. 紅葉
11. 野菊
12. 秋の月
13. DREAMING OF HOME AND MOTHER(旅愁)
14. 秋桜
15. ローレライ
16. ロンドンデリーの歌
17. 枯葉
18. 埴生の宿
19. 落葉松
20. 遥かな友に

1. ペチカ
2. 遠くへ行きたい
3. かあさんの歌
4. 雪のふるまちを
5. 雪が降る
6. 神の御子は今宵しも(賛美歌第111番)
7. オーベルビリエのノエル
8. ホワイト・クリスマス
9. きよしこの夜(賛美歌第109番)
10. 出船
11. 冬の夜
12. 寒い朝
13. 七里ケ浜の哀歌
14. ともしび
15. 青いプラトーク
16. こもりうた
17. 希望
18. 水色のワルツ
19. アニー・ローリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



石川さゆり/童(わらし)~日本童謡唱歌集
石川さゆり
石川さゆり/童(わらし)~日本童謡唱歌集
曲名リスト
1. 砂山
2. 冬の夜
3. うれしい雛まつり
4. 里の秋
5. 村祭
6. 叱られて
7. 赤とんぼ
8. みかんの花咲く丘
9. ずいずいずっころばし
10. 花かげ
11. おぼろ月夜
12. 花
13. 花嫁人形
14. カラスの赤ちゃん
15. 雨降りお月さん
16. 証城寺の狸ばやし
17. 俵はごろごろ
18. 故郷

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2007/12/05 03:34 ] 日本の歌 | TB(1) | CM(26)
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。