2007 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旅の宿

1970年(昭和45年)10月から始まった
国鉄のキャンペーン『ディスカバー・ジャパン』

コンセプトは、
「日本の豊かな自然、美しい歴史や伝統、
こまやかな人情を、旅によって発見し、自分自身のものにしよう」


駅にはスタンプが設置され、
若い女性をターゲットにしたポスターも
いたるところに貼られていました。

また同時にテレビ番組「遠くへ行きたい」も放映を開始。
これらのキャンペーンはミニ周遊券の発売効果や、
同時期に発刊された「an・an」「non-no」を支持する
アンノン族と称された女性達のパワーとリンクするように、
国内旅行のブームを作り上げたのです。


そんなブームの最中、
札幌オリンピックが行われた1972年(昭和47年)6月。
このキャンペーンを後押しするように
吉田拓郎さんの「旅の宿」が発売されました。


旅の宿



作詞 岡本おさみさん
作曲 吉田拓郎さん

浴衣のきみは 尾花の簪
熱燗徳利の首つまんで
もういっぱい いかがなんて
妙に色っぽいね

ぼくはぼくで 跌坐をかいて
きみの頬と耳は まっかっか
ああ 風流だなんて ひとつ俳句でもひねって

部屋の 灯をすっかり消して
風呂あがりの髪 いい香り
上弦の月だったけ
ひさしぶりだね 月見るなんて

ぼくはすっかり酔っちまって
きみの膝枕にうっとり

もう飲みすぎちまって 
きみを抱く気にもなれないみたい



アコーステックギターとハーモニカによる
印象的なイントロの後、

ゆかたの~きみは~すすきのかんざし~

と、日本的な世界を醸し出して始まるこの曲は、
60万枚を売り上げ、オリコンの1位に輝きました。


浴衣、尾花、徳利、跌坐、上弦の月など
当時の私では読めない漢字や、
知らない単語が散りばめられたこの詩に、
私はグッと引き込まれました。


ホテルではなく旅館。
ビールではなく日本酒。
ガウンではなく浴衣。
そして上弦の月を見ながら俳句をひねる。

日本人の琴線に触れる歌詞でしたね。


作詞された岡本おさみさんが、
青森県の蔦温泉に泊まられた時の印象を基に作られたとか。
言ってみたい温泉です。


そんな名曲なのですが、
私と言えば…「熱燗徳利の首」を「トックリ(セーター)の首部分
と脳内イメージ変換をしてしまったが為に、
少しの間かなりとまどったものです。

そういえば…
「浴衣のきみは~」を「額田王(ヌカタノオオキミ)は~」と
勘違いされていた方もいらっしゃると聞きました。
人間の空耳とは面白いものですね。


さらに少年が当時強く疑念を抱いた部分として、
もう飲みすぎちまって きみを抱く気にもなれないみたい
があります。

憧れの強い少年ゆうやには、
せっかくの好きな女性とのお泊りなのに、何故?
何故、そこまで酒に溺れる?

と、無邪気な疑問を持ったこと告白します。


さらにさらに、
私、この曲を聞くと必ずリンクして思い出すCMがあるのです。
それはネクターのCMで…


駅に止まった汽車の窓から若い二人連れの女性が、
ホームの売り子のおじいさんに呼びかけます。

「おじさ~ん!ネクターちょうだ~い!」

気が付いたおじさんのアップ。

「おぅおぅ。ピーチかオレンジか、どっちがえ~ですかいのう。」


妄想癖を否定できない私のことです。
かなり脚色されているのかも知れませんが、
こんなCMがあったように…おぼろげですが…。


行楽の秋です。
私の中ではDISCOVER JAPAN。
まだ続いているようです。
温泉、行かなきゃね。


最後に、
吉田拓郎さんが体調を崩されてみえるようです。
拓郎さんのシャウトに影響を受けた私としては、
早い快復とご自愛を祈るしかありません。

私の中では、
拓郎」はいつだって「拓郎」なのです。

アコースティックバージョンの「旅の宿」はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=UvkErglcks8



B00005NYO7DREAM PRICE 1000 よしだたくろう 旅の宿
よしだたくろう

おすすめ平均 star
star素晴らしい。

曲名リスト
1. 旅の宿
2. 蒼い夏
3. たどり着いたらいつも雨降り
4. 祭りのあと
5. 襟裳岬
6. 落陽(LIVE)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
[ 2007/10/26 04:25 ] 昭和の名曲 | TB(0) | CM(21)

はっぱふみふみ

さてタイトルの「はっぱふみふみ」
果たして何のことなのやら…、
と思われる方も多いと推測いたします。

また逆に
これだけで思い当たる方も多いはず。
おそらく昭和37年(1962年)頃より以前に、
お生まれになった方ではないでしょうか?

それほどこの5秒のテレビCMは強烈であり、
初めて聞く意味を持たない感覚語は、
意味を持たない言葉のまま世の中に広まりました。



みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ
すぎかきすらの はっぱふみふみ


「分かるね?(笑)」


昭和44年(1969年)に流れた、
パイロット萬年筆エリートの5秒スポットCMの中で、
大橋巨泉さんが言ったのはたったこれだけでした。

これは大橋巨泉さんのアドリブであったと聞きますが、
たぶんそうなのでしょう。


はっぱふみふみ


短歌の語調をとりながら、
みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎかきすらの
までは万年筆の短めのキャップを取り、書く真似をしてみせて、
言葉をフォローしながら進みますので、
何とか意味は感覚的に理解できました。


、です。
最後は得意気に万年筆を右手で差し出し、
はっぱふみふみと念を押すように私達に言うのです。

さらに、笑いながら
「わかるね?」
と、私達を試すように追い討ちをかけるのです。


強烈なインパクトを与えた5秒間でした。
「はっぱふみふみ」を「分かるね?」と問われても…。

しかし、意味なんか問題ではありませんでした。
はっぱふみふみの万年筆として、
パイロット・エリートは売れに売れたのです。


そして「はっぱふみふみ」も流行語となり、
現在に至っても記憶に残るフレーズとして生きています。
最後まで大橋巨泉さんにやられた感じのCMでした。


万年筆といえば…
中学に進学する時に入学祝いでもらいました。
あまり使った記憶はありませんので、
きっとお祝いの品としての習慣だったのでしょう。

その後、高校へ入学す時は腕時計を買ってもらいました。
当時はそんな入学時の決まり物があったようです。


今はそんな習慣的なお祝い品はないようで…。
しいて言えば携帯電話でしょうか。

でも、
それも防犯の観点から買い与える年齢が下がっていますね。

学生服すら無くなってしまいそうな昨今です。
子供の節目に何か記念になるものを…。

出来れば「はっぱふみふみ」のように
永く記憶に残る物が理想なのですが…。


はっぱふみふみを含む懐かしのCMは…
江戸むらさき/トリス/文明堂/アイデアル/フジカシングル8/イエイエ/
パイロット/マンダム/丸井/ボンカレー/クイントリックス/トランザム

http://www.youtube.com/watch?v=yVYtilxydG0



懐かしのCMソング大全3
懐かしのCMソング大全3
浜口庫之助 デュークエイセス 相沢政子

関連商品
懐かしのCMソング大全4 懐かしのCMソング大全2 懐かしのCMソング大全1 懐かしのCMソング大全5 小林亜星CMソング・アンソロジー
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. チョコレートは明治
2. オリンパス・ペン
3. サントリーオールド(人間みな兄弟)
4. どこまでも行こう
5. ライオネス・コーヒーキャンディ
6. 鉄火焼せんべい
7. イエイエ
8. 森永エールチョコレート/森永サウンドロゴ
9. お歳暮は味の素
10. 小さな思い出
11. 明治ハイポリック だめなのよ!
12. 小さな瞳
13. 私のカローラ
14. わんぱくでもいい
15. みえるみえる(ゼブラの歌)
16. ナショナル・パナソニックテレビ・パナパナ
17. 資生堂石鹸の歌
18. オー,モーレツ!(丸善ガソリン100ダッシュ)
19. はっぱふみふみ
20. サンカラー薔薇の歌
21. 愛のスカイライン
22. ハウスプリン
23. ジャルパックの歌
24. 男が旅に出る時は
25. ハヤシもあるでよー
26. 見えすぎちゃって困るのオ~
27. ふりむかないで
28. かっぱえびせん
29. 愛する瞳
30. ガンバラナクッチャ
31. 気楽に行こう
32. 明治チェルシーの歌
33. 清酒大関
34. 愛情はつらつ
35. 若さだよ,ヤマちゃん!(純生ドドンと音頭)
36. 三越ハウス
37. バイタリス 乱れたら
38. もくせいの花
39. 新ナーベル ハナハナ
40. ~と日記には書いておこう
41. 答一発!カシオミニ
42. 赤いキッス
43. お正月を写そう



[ 2007/10/21 03:37 ] 昭和の流行 | TB(0) | CM(16)

ロバのパン屋さん

秋も日増しに深まり、
今夜のように肌寒さを覚える秋の夜長。
もし窓の外から

『い~しや~きいも~おいも~。』

と、名調子が聞こえてきたならば…
私は思わず腰を浮かせること請け合いです。


最近ではこれらの行商の方の声を、
聞く機会がめっきり減りましたが、
活力溢れる昭和の時代には、
それはそれは様々な行商の方がいらっしゃいました。

お豆腐屋さん、シジミ売り、納豆売り、夜鳴きそば、
ポン菓子、アイスキャンデー、わらび餅、金魚屋さんから
竿竹売り、紙芝居、ちんどん屋さん等など…

思い出せば記憶の底から、
彼等の呼びかけのと共に甦ってきます。


それらは独特の節回しで商品名を連呼し、
あるいはお豆腐屋さんや夜鳴きそばのように
ラッパやチャルメラの音色で私を誘ってきました。

私は家の中にいても
誰からのお誘いか判断がつき、
心を攻めてくるような音色と葛藤したものです。


そんな数多の行商さんの中にあって、

♪ロバのおじさん チンカラリン

と、完璧なテーマソングを流しながら、
私の気を惹いた憎い行商さんがありました。


皆様の傍にもこの曲が流れたのでしょうか?
そして心を惹かれたのでしょうか?
ご存知ロバのパン屋さん、通称「ロバパン」です。

この宣伝に使われたのは、近藤圭子さんが歌った
「パン売りのロバさん」という曲で、
作詞家の矢野氏が子供に人気ののあったロバパンを見て
すぐに詩を書き上げたとのことです。
昭和30年(1955年)にキングレコードから発売されました。



作詞:矢野 亮さん 
作曲:豊田 稔さん

ロバのおじさん チンカラリン
チンカラリンロン やってくる
ジャムパン ロールパン
できたて やきたて いかがです
チョコレートパンも アンパンも
なんでもあります チンカラリン
 
赤いくるまを チンカラリン
チンカラリンロン ひいてくる
ジャムパン ロールパン
あまくて おいしい いかがです
チョコレートパンに アンパンに
どちらにしましょう チンカラリン
 
いつもにこにこ チンカラリン
チンカラリンロン こんにちは
ジャムパン ロールパン
さあさあ みなさん いかがです
チョコレートパンと アンパンと
ハイハイありがと チンカラリン
 
晴れたお空に チンカラリン
チンカラリンロン 鈴がなる
ジャムパン ロールパン
よい子のおやつは いかがです
チョコレートパンも アンパンも
なんでもあります チンカラリン




この曲は日本で初めてのCMソングではないかと思うほど、
インパクトもあり、当時誰もが知っている曲でした。

遠くからこのメロディが聞こえてくるだけで、
ウキウキワクワクとしたものです。


私は残念ながら、このパンの味も
このパンの種類も価格さえも覚えてはいませんが、
調べてみると、蒸しパンが主流であったようです。

また、ロバ(実際には木曽馬とのこと)が実際に
荷車を引いているのを見たのは数回で、
自動車での販売の方が記憶としては鮮明です。


この「ロバのパン屋さん」
アイデアの元祖は札幌市のロバパン石上商店さん。
それをあの歌と共に全国展開した会社が、
京都のビタミンパン連鎖本部さんとのことです。

全盛期には全国で160店近くのチェーン店があったと言いますし、
チェーン店に入らない同業者もいたとのことですから、
皆様の町にも

♪なんでもあります チンカラリン

と響き渡っていたのかも知れませんね。


ネットでの通販も
利便性に富み、掘り出し物に興じたりして
楽しいものですが、
行商というアナログな商売が持つ、
人と人の対面販売にはかなわない一面もあります。


秋の夜長、
私を誘ってくれる魅惑の声
あと何回聞こえてくるのでしょうか。

気長に耳を澄ましてみるのも
きっと楽しい秋の夜の過ごし方なのでしょう。





[ 2007/10/16 03:40 ] 昭和の風景 | TB(1) | CM(18)

秋桜

花の名前に疎かった私は、
チューリップ、ひまわり、バラ、そして朝顔の4種程しか
花の名前を知らずに暮らしていました。

そんな私が5種類目に覚えたのがコスモスです。
中学生の頃でした、
毎日通う通学路に咲き乱れていたその花を、
友がコスモスと教えてくれたのです。

毎日通う路だったので、いくら疎い私でも覚えたのでしょう。


そして時が流れ―
巨人の王貞治選手が,
通算756号ホームランの世界最高記録を達成した
昭和52年(1977年)の10月に、その名曲は発売されました。

コスモスを秋桜と書くのだと知った曲。
そうです、山口百恵さんの「秋桜」です。


作詞/作曲 さだまさしさん

薄紅の秋桜が秋の日の
何気ない陽溜りに揺れている
比頃涙もろくなった母が
庭先でひとつ咳をする

縁側でアルバムを開いては
私の幼い日の思い出を
何度も同じ話くりかえす
ひとり言みたいに小さな声で

こんな小春日和の 穏やかな日は
あなたの優しさが しみてくる
明日嫁ぐ私に 苦労はしても
笑い話に時が変えるよ
心配いらないと笑った


あれこれと思い出をたどったら
いつの日もひとりではなかったと
今更ながらわがままな私に
唇かんでいます

明日への荷造りに手を借りて
しばらくは楽し気にいたけれど
突然涙こぼし元気でと
何度も何度もくりかえす母

ありがとうの言葉を かみしめながら
生きてみます 私なりに
こんな小春日和の 穏やかな日は
もうすこしあなたの子供で
いさせてください



当時18歳だった山口百恵さんの19枚目のシングルで、
オリコン3位まで昇ったこの曲は、
日本レコード大賞で彼女は歌唱賞を、
作詞のさだまさしさんは西条八十賞を受賞されました。

ちなみに山口百恵さんの22枚目のシングルが
「プレイバック part2」なのですが、
もっと後の曲のように感じてしまうのは、
嫁ぐ娘と母の情愛を歌った歌詞のせいでしょうか。


歌詞の中に小春日和とあり、
春?と思いがちですが、
春のように穏やかな陽気の秋日。
との意味であると、当時覚えました。


秋桜
可憐で、今にも風に倒されてしまいそうな花。
男性が抱く女性のイメージにも似た花です。
「秋の桜」と表されるように
どこか日本人の心の奥底に語りかけてくる花のようです。


秋桜
可憐さと力強さを併せ持ったこの秋桜の写真は
wakazukuriさまのご好意により使わせていただきました。
WAKAZUKURI http://wakazukuri.jugem.jp/



山口百恵さんの秋桜は
http://www.youtube.com/watch?v=loGAMBs-ZkY
http://www.youtube.com/watch?v=SruhoPj97bU&mode=related&search=


コンプリート百恵回帰コンプリート百恵回帰
山口百恵

曲名リスト
1. さよならの向う側
2. ロックンロール・ウィドウ
3. 謝肉祭
4. しなやかに歌って
5. 愛の嵐
6. 美・サイレント
7. 曼珠沙華
8. いい日 旅立ち
9. 絶体絶命
10. プレイバック Part2
11. 乙女座 宮
12. 秋桜
13. イミテイション・ゴールド
14. 夢先案内人
15. 横須賀ストーリー

1. あなたへの子守唄
2. Crazy Love
3. This is my trial(私の試練)
4. 哀愁のコニーアイランド
5. 娘たち
6. DANCIN’ IN THE RAIN
7. おだやかな構図
8. 惜春通り
9. ラスト・ソング
10. 最後の頁
11. BLACK CAB(ロンドン・タクシー)
12. 歌い継がれてゆく歌のように
13. いい日 旅立ち(オリジナル・カラオケ)
14. 秋桜(オリジナル・カラオケ) ※〈CD/SA-CDハイブリッド仕様〉

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本武道館さよならコンサート・ライブ 山口百恵 -伝説から神話へ-日本武道館さよならコンサート・ライブ 山口百恵 -伝説から神話へ-
山口百恵

曲名リスト
1. オーヴァーチュア
2. ディス・イズ・マイ・トライアル -私の試練
3. 横須賀サンセット・サンライズ
4. アイ・ケイム・フロム・横須賀
5. プレイバック Part1
6. プレイバック Part2
7. 絶体絶命
8. イミテイション・ゴールド
9. 愛の嵐
10. 夢先案内人
11. 横須賀ストーリー
12. スター誕生again
13. メドレー:ひと夏の経験/ 禁じられた遊び/ 冬の色/ 湖の決心/ 春風のいたずら/ 青い果実/としごろ
14. ロックンロール・ウィドゥ
15. いい日旅立ち
16. 一恵
17. 曼珠沙華
18. 秋桜
19. イントロダクション・春
20. 不死鳥伝説
21. 歌い継がれてゆく歌のように
22. さよならの向う側
23. ディス・イズ・マイ・トライアル(インストゥルメンタル)
24. イントロダクション・春
25. 不死鳥伝説
26. 歌い継がれてゆく唄のように
27. さよならの向う側
28. This is my trial(instrumental)\〈映像特典〉VISUAL SINGLE DISCOGRAPHY

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2007/10/08 14:26 ] 昭和の名曲 | TB(0) | CM(17)

バナナ

バナナはフルーツの王様でした。
黄色の皮をまとったその容姿に人々は憧れ、
まるで黄金を見るかのような羨望の眼差しで眺めていました。

そうです。昭和30年代後半まで、
バナナはめったに食べることが出来ない高級品だったのです。


bananaA.jpg



私の幼き時代には「遠足」「特別な日」にしか
食べられないものだと思っていました。
それは常識であり、無二の楽しみでもありました。

当時、遠足で食べたバナナの味は忘れられません。
台湾バナナが主流の時代、今より甘かった気がします。


そうそう、遠足のお菓子代のことになると

「先生!バナナはおやつですか?デザートですか?」

と言う質問が定型句のように繰り返されました。
もちろん、答えは「デザート」でなければならないのですが…



そんなバナナ神話で育った私でしたが、
その後のバナナの運命に気がついたのはずっと後年のこと。

輸入自由化やフィリピンでの大量生産。
輸送や保管技術の発達などにより、
バナナの価値が下落していったことなど、
まったく知らずに中学生になっていたのです。


そしてある日、私は 衝撃 を受けます。


いつも通りに部活を終え、家路に向かった道すがらでした。
ある八百屋さんの店先で、
そいつは1山いくらの身分に成り下がっていたのです。

「? 俺のこづかいでも買えるんや!!」

その衝撃にお馬鹿ちゃんな私はある計画を思いつきます。
その名も『自分だけのバナナ食べ放題計画』
悲しいほど幼稚な計画ですね。


そして計画実行。
土曜日の夕方にバナナを一房買い込んだ私は、
こっそりと自室に篭り、夜中に嬉々として食べました。
あの高級果実が食べ放題なのです。
3本目までは、それは至福の時でした。

でも、さすがにそれ以降は食傷ぎみ…。
しかし家人に悟られない完全犯罪を目指した私は、
無理に完食しました。8本を完食したのです。


翌朝、みぞおち辺りがプックラと膨れ上がり、
気持ちが悪く、脂汗さえ出てきました。

仕方なく母親に症状を告げ病院へ…。
お医者さんにも両親にもあの事はけっして告げないまま、
診療は終了しました。

月曜日は学校を休み自宅療養です。
投薬された粉薬が効いたのでしょう。
その日中には何とか体調が回復し、真相は闇の中に葬られたのです。


そんな悲惨な経験がある私ですが、
それでもやっぱりバナナが大好き。です。
何故にそれほどまでに…?


幼い頃の強烈な甘さへの欲求だけではないのでしょう。


思い巡らす内に、ある事に気付きました。
私のバナナに対する強い憧れは、
母の思いを受け継いでいるのではないかと。


いつだったかは忘れましたが、
母がこんな昔話を聞かせてくれました。


母が父と結婚した当時、
二人は父の仕事の関係で山深い田舎に住んでいました。
物資の流通にも不便な土地での新婚生活だったようです。

そんな二人の唯一の楽しみは、
2ヶ月に一度、休日に町までバスで出て、
映画を見ることだったそうです。

そしてその帰りに、いつもバナナを2本買い、
家に帰ってから二人で食べた喜びが忘れられない。
と、母は幸せそうに話してくれました。

きっとその思いが私の心にも宿ったのだと思います。


最近、
スーパーでぞんざいな扱いを受けているように見えるバナナ、
あの栄光をもう一度…とまでは思いませんが、
なんだか複雑に眺める私なのです。



banana2
バナナの叩き売り発祥の地、門司。この写真は門司港駅の写真です。
saraさまのご好意により使わせていただきました。
駅…素敵な想い http://sararuru17.blog80.fc2.com/



―追記―
その後のお馬鹿ちゃんの出来事…。
「ハウスの粉プリン」を一箱まるまる食べたくて、
家人が留守の日を狙い済まし、ボールに作って完食しました。
お陰様でお腹は丈夫になっております。




ヒルリード BIGだきバナナ イエローヒルリード BIGだきバナナ イエロー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バナナコスチュームキューピーポーチバナナコスチュームキューピーポーチ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2007/10/04 03:06 ] 昭和の風景 | TB(0) | CM(20)
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。