2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朧月夜(おぼろづきよ)

菜の花畑メイン



一昨日、4月29日は昭和の日でした。
昨年より設けられた最も新しい祝日です。

昨年はこの日を記念して、
日本昭和村に出かけたりしましたが、
今年はさしたる計画もありませんでした。


さりとて…と、
ポカポカとした陽気に背中を押されるように、
然したるあての無いまま車に乗り込み郊外へ…。


あてが無いとは言え昭和の日です。
漠然とした目的地は「昭和」でなければなりません。


グレーを基調としたカラフルな風景から、
空の青色が視界一面に広がる、
そんな「里わ」の風景が道しるべです。

1時間ほどタイムマシンに乗れば、
田園に広がる「菜の花畑」が見え隠れし、
あの頃へと私を誘います。


菜の花畑サブ



当然のように脳裏に去来するメロディは「朧月夜」



… ?

ここで不思議な現象が起きました。
悲しむべき現象と言っても良いのでしょう。


湧き上がったメロディは確かに「朧月夜」
しかし歌詞は英語でした…。

マライヤ・キャリー版の「Misty Moon」だったのです。

そりゃ「爽健美茶」を好んで飲んではいます。
しかし、昭和の伝道師として本当にこれでいいのか?
まさに悩ましい瞬間でした。


不思議ですが「Misty Moon」悪くないです。(笑)
是非一度お聞きになってください。

Mariah Carey - Misty Moon (rare song)!!! マライヤ・キャリー「Misty Moon」



名曲「朧月夜」
作詞 高野辰之氏、作曲 岡野貞一氏によるこの歌は、
文部省唱歌として永く教科書に載り続けている楽曲です。
全ての日本人が知っていると言っても過言ではない、
日本の歌ですね。



菜の花畑に 入日薄れ
見わたす山の端 霞ふかし
春風そよ吹く 空を見れば
夕月かかりて 匂い淡し

里わの火影も 森の色も
田中の小径を たどる人も
蛙の鳴くねも 鐘の音も
さながら霞める 朧月夜




私の場合、2部合唱で習いました。
で、私のパートは低音

一番盛り上がるところを…
♪はるかぁ~ぜそよふぅく
と高音を張り上げて歌いたいのですが…、

♪はるかぁああぜそよふぅく
と、どうしても渋くなってしまうのです。

少年期に脳裏に刷り込まれた習性とは
全くもって恐ろしいものです。(笑)


菜の花あぜ道


古くからの日本の田園風景を、
見事なまでに深く表現した「朧月夜」

この意味深い日本語の表現は、
決して英語では訳しきれません。
だからこそ、日本独自の文化なのでしょう。


やはり日本人ならこれでなきゃ

BAISHO CHIEKO - OBORO ZUKI YO (朧月夜) 倍賞千恵子さん




菜の花畑もだんだん減少してきたように思います。

日本人が誰でも知っているこの曲が、
未来永劫、歌い継がれていかれるためにも、
我々大人は、そんな時間の流れない風景
残していく使命を持っていると強く思います。

菜の花アップ



皆さん、
一度声に出して歌ってみてください。
何とも穏やかな心もちになること請合いですよ。


そう言えば、
れんげ畑の面積も小さくなってきたような…
れんげも頑張れ!

れんげ畑


ちなみに以前ご紹介した「紅葉」
このお二人により作られた作品でした。
まさにゴールデンコンビなのです。


こちらは中島美嘉さんのカバーバージョン

Oborozukiyo~ Inori 中島美嘉さん


私のお得意な低音部パートが聞けるのが…

Music box おぼろ月夜 岡野貞一 オルゴール演奏です。



想い出の唱歌名曲集想い出の唱歌名曲集
ダーク・ダックス ポリドール・オーケストラ

曲名リスト
1. うみ
2. ひらいたひらいた
3. 日のまる
4. かたつむり
5. 月
6. 夕やけこやけ
7. かくれんぼ
8. 春がきた
9. 雪
10. うさぎ
11. ふじ山
12. 春の小川
13. 村まつり
14. とんび
15. さくらさくら
16. 茶つみ
17. 村のかじや
18. もみじ
19. 子もり歌
20. スキーの歌
21. 冬げしき
22. こいのぼり
23. 海
24. かりがわたる
25. おぼろ月夜
26. ふるさと
27. われは海の子
28. 鎌倉
29. まきばの朝
30. 冬の夜
31. 夏は来ぬ
32. 仰げば尊し
33. 星の界
34. 野菊
35. 山の歌
36. 秋

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本フィルできく、美しい日本のうた1 花日本フィルできく、美しい日本のうた1 花
日本フィルハーモニー交響楽団 瀧廉太郎 杉山長谷夫

曲名リスト
1. 花(瀧廉太郎)
2. 早春賦(中田章)
3. さくらさくら(日本古謡)
4. うれしいひなまつり(河村光陽)
5. 青葉の笛(田村虎蔵)
6. からたちの花(山田耕筰)
7. 故郷(岡野貞一)
8. 花の街(團伊玖磨)
9. 朧月夜(岡野貞一)
10. 荒城の月(瀧廉太郎)
11. 花嫁人形(杉山長谷夫)
12. お江戸日本橋(日本古謡)
13. 平城山(平井康三郎)
14. 花(すべての人の心に花を)(喜納昌吉)
15. 仰げば尊し(作曲者不詳)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


故郷の調べ / 森本恵夫ハーモニカベストセレクション故郷の調べ / 森本恵夫ハーモニカベストセレクション
森本恵夫 岡野貞一 グリーグ

曲名リスト
1. 赤とんぼ
2. 故郷の空
3. 埴生の宿
4. 波浮の港
5. 森へ行きましょう
6. 懐かしきヴァージニア
7. 早春賦
8. 黒い瞳~トロイカ
9. 故郷の廃家
10. おぼろ月夜
11. ソルヴェイグの歌
12. ロンドンデリーの歌
13. 北上夜曲
14. 庭の千草
15. アイルランドの子守唄
16. 雪の降る街を
17. シューベルトのセレナーデ
18. 丘を越えて
19. 湖畔の宿
20. 峠の我が家
21. 旅愁
22. 五木の子守歌
23. 夢路より~懐かしき我がケンタッキーの家~おおスザンナ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト
[ 2008/05/01 02:39 ] 日本の歌 | TB(0) | CM(28)

紅葉(もみじ)

紅葉前線は日本列島の真ん中を過ぎたあたりなのでしょう。
私の住まう東海地方もそろそろ終盤の模様です。


紅葉



先日、年々重くなる腰を上げ、
近場へと紅葉狩りに赴きました。


目的地が近づき、紅葉に染まる山肌が見えた時、
あ~きのゆ~うひ~に て~るうや~まも~みいじ
と思わず口をついて出てしまったのが「紅葉(もみじ)」です。


紅葉の時期になると必ず口ずさみますので、
一年に一度は歌う季節のテーマソングとなっています。


この曲は文部省唱歌ということで、
音楽の時間に習いました。



作詞 高野辰之さん
作曲 岡野貞一さん

秋の夕日に 照る山紅葉
濃いも薄いも 数ある中に
松をいろどる 楓や蔦は
山のふもとの 裾模様

渓の流に 散り浮く紅葉
波にゆられて 離れて寄って
赤や黄色の 色様々に
水の上にも 織る錦




曲の前半部分には輪唱の記憶があり、
曲の後半部分には二部合唱の記憶が残っています。


覚えているのはそれくらいで、
果たして最後まで輪唱したのか、
途中から二部合唱になったのかは私の中ではです。


そんな記憶力の無い私ですが、
歌自体は全部覚えていて、
TPOによって思い出すのですから、
音楽というのは素晴らしいものです。


ただし、輪唱は苦手で、
低音部のパートを担当していても、
必ず主旋律に影響されて、
曲が終わる頃には主旋律組にトラバーユしていました。


どの曲でもそうですが、
小学生の頃もアバウトな子供でしたので、
歌詞を理解して歌うことなどありませんでした。


メロディにのった言葉として一括で脳内処理してきた感じがします。

その為でしょう、大人になって歌詞の意味を理解することで、
曲に対するイメージが変わることが多々あります。

その点で言えば「紅葉(もみじ)」は、
当時のイメージそのままであったと言えます。
そして歌詞を理解すこことで、更にイメージが深くもなりました。



そしてもうひとつ。
この「紅葉(もみじ)」と必ずリンクして思い出される歌が、
「里の秋」という童謡です。


里の秋


文部省唱歌と童謡の区分けは分かりかねますが、
この「里の秋」は学校で習った記憶はありません。

それなのにどうして知っているのでしょうか?
童謡とはそういった性質のものなのでしょうか?



作詞 斎藤信夫さん
作曲 海沼 実さん

静かな静かな 里の秋
お背戸に木の実の 落ちる夜は
ああ 母さんとただ二人
栗の実 煮てます いろりばた

明るい明るい 星の空
鳴き鳴き夜鴨の 渡る夜は
ああ 父さんのあの笑顔
栗の実 食べては 思い出す



この曲は1番しか覚えていませんでした。
たぶん覚えた時の状況が関係していると思われますが、
出だしのメロディが心に染み付いています。



遠い昔。
あれは南こうせつさんのコンサートでの出来事でした。
コンサートの終盤、MCの時と記憶していますが、
こうせつさんがアカペラで「里の秋」を歌われました。

その時に私の中に眠っていたこの曲の記憶が甦りました。
それは不思議な体験で、甦った「里の秋」が今に繋がっているのです。

童謡の片鱗を見たような気がしています。


さて、これらの曲は今どうなっているのでしょう。
大学生の娘に尋ねてみたら、
「紅葉」は知っていましたが、
「里の秋」は知りませんでした。

もちろん、私の知らない曲を彼女は習っていますので、
お相子なのですが…。

ちょっぴり少し寂しくもある秋の夜です。


もみじ寺
尾張のもみじ寺「寂光院」




鮫島有美子の四季鮫島有美子の四季
鮫島有美子 多田羅迪夫 ドイチュ(ヘルムート)

曲名リスト
1. 早春賦
2. 花
3. 荒城の月
4. 春の唄
5. うれしいひな祭り
6. 花の街
7. さくら横ちょう
8. お菓子と娘
9. さくら貝の歌
10. この広い野原いっぱい
11. この道
12. 青い山脈
13. すみれの花咲く頃
14. 朧月夜
15. 山小舎の灯
16. 故郷を離るる歌
17. GREEN GREEN GLASS OF HOME(想い出のグリーングラス)
18. 野ばら
19. 別れの曲
20. 春の日の花と輝く

1. 夏は来ぬ
2. 浜辺の歌
3. 宵待草
4. 椰子の実
5. 月見草の花
6. みかんの花咲く丘
7. 花嫁人形
8. 初恋
9. さとうきび畑
10. ねむの木の子守歌
11. 長崎の鐘
12. エーデルワイス
13. リンゴの歌
14. 月の砂漠
15. 魅惑の宵
16. あざみの歌
17. 夏の思い出
18. MY OLD KENTUCKY HOME GOOD(ケンタッキーの我が家)
19. 忘れな草をあなたに
20. 追憶

1. 赤とんぼ
2. ちいさい秋みつけた
3. 里の秋
4. からたちの花
5. 誰もいない海
6. 庭の千草
7. 学生時代
8. 故郷の空
9. 恋人よ
10. 紅葉
11. 野菊
12. 秋の月
13. DREAMING OF HOME AND MOTHER(旅愁)
14. 秋桜
15. ローレライ
16. ロンドンデリーの歌
17. 枯葉
18. 埴生の宿
19. 落葉松
20. 遥かな友に

1. ペチカ
2. 遠くへ行きたい
3. かあさんの歌
4. 雪のふるまちを
5. 雪が降る
6. 神の御子は今宵しも(賛美歌第111番)
7. オーベルビリエのノエル
8. ホワイト・クリスマス
9. きよしこの夜(賛美歌第109番)
10. 出船
11. 冬の夜
12. 寒い朝
13. 七里ケ浜の哀歌
14. ともしび
15. 青いプラトーク
16. こもりうた
17. 希望
18. 水色のワルツ
19. アニー・ローリー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



石川さゆり/童(わらし)~日本童謡唱歌集
石川さゆり
石川さゆり/童(わらし)~日本童謡唱歌集
曲名リスト
1. 砂山
2. 冬の夜
3. うれしい雛まつり
4. 里の秋
5. 村祭
6. 叱られて
7. 赤とんぼ
8. みかんの花咲く丘
9. ずいずいずっころばし
10. 花かげ
11. おぼろ月夜
12. 花
13. 花嫁人形
14. カラスの赤ちゃん
15. 雨降りお月さん
16. 証城寺の狸ばやし
17. 俵はごろごろ
18. 故郷

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2007/12/05 03:34 ] 日本の歌 | TB(1) | CM(26)
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。