2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仰げば尊し


卒業式のシーズンです。
一目で卒業式だと分かる制服の一群とすれ違う時、
郷愁と共に湧き上がるメロディーのむこうに、
懐かしいや、あの時の情景が浮かんできます。


歳を重ねたことが理由なのでしょうか。

仰げば尊しを聞くたびに、
胸が熱くなり、涙が込み上げるようになりました。


お恥ずかしい…と思う反面、
そんな時を過ごせたことを誇りにも思います。


私の学生時代には、
在校生が歌う「蛍の光」と
卒業生が歌う「仰げば尊し」が対で行われました。


「仰げば尊し」を歌いグッと胸が詰まり、
「蛍の光」を聞いて目頭がジ~ンときた、
ある意味シンプルな感情に身をまかせた時間でした。


ひどく単純で、
物事を熟考しない若者であったのかも知れませんが、
歌詞に対して疑問を抱くことなどなく、
素直に歌って感じ入れた、幸せな環境であり、
そして人間関係であったと感謝しています。
仰げば尊しの歌詞はこちら…SMAPバージョンです



昨今では一部の歌詞の問題から、
卒業式から排除される歌となってしまったようです。


私はここで、
その事に対する是非を問うつもりはありません
ただ、それを良しとして歌ってきた私の心情としては、
私の卒業式をも批判されるようで、心から寂しく思います。


思い返してみれば、
私にも尊敬に値しないと思われる先生はいました。

大人になれば理解できるかも…とも思っていましたが、
やはり、あの先生は間違っていたと言い切れる今の私がいます。
だからと言って、飛躍した意見に同調はしかねるのです。


個人情報の問題もそうですが、
何かを守る為に、窮屈な世の中にしてしまう論理が、
残念ながら理解しがたいおじさんなのです。



私の娘たちも、
中学校では「仰げば尊し」を歌いませんでした。
これも時代なのか…と寂しく思いましたが、
一転、高校の卒業式では歌ったようです。


無邪気に家で歌の練習をする彼女たち。
私に似て考えが浅い子等であったのかも知れませんが、
シンプルに歌い、感動できたようでした。


後日、歌詞についての論争話を聞かせたのですが、
なんでそんなに難しく考えないかんの、めんどくさい
と言い放たれました。


大人とは不思議な人生の領域です。
大人が子供に優る、と言い切れないことも人間の領域。


そんな切ない人生の中で、煌いた私の昭和の卒業式
歌った「仰げば尊し」は、本当の気持ちだったと思います。


今後も様々な惜別の歌を迎え入れるであろう卒業式。
どのような歌でもかまいません。
ただ、感謝の心は残して欲しいと切望しています。



浅井愼平 presents 赤とんぼノスタルジア浅井愼平 presents 赤とんぼノスタルジア
オムニバス HUGO FATTORUSO Mawaca Magda Pucci

曲名リスト
1. 見上げてごらん夜の星を
2. いい日旅立ち
3. 赤とんぼ
4. 宵待草
5. 蘇州夜曲
6. 黄昏のビギン
7. 赤いハンカチ
8. 夜のプラットホーム
9. 悲しき口笛
10. 月の砂漠
11. リンゴの唄/こんにちは赤ちゃん/高校三年生
12. ゴンドラの唄

1. ゴンドラの唄
2. 浜辺の歌
3. 月の砂漠
4. 赤とんぼ
5. 椰子の実
6. 我は海の子
7. 夏は来ぬ
8. みかんの花咲く丘
9. さくら
10. 村祭
11. 仰げば尊し

1. 赤とんぼ
2. 茶摘
3. 荒城の月
4. 夏は来ぬ
5. 早春賦
6. さくら
7. 月の砂漠
8. 海
9. 山寺の和尚さん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


12の風景(紙)12の風景(紙)
海援隊 武田鉄矢 浦田賢一

曲名リスト
1. 恋不思議
2. 人として
3. JODAN JODAN
4. 俺の人生真ん中あたり
5. 俺が信長
6. こらえちゃっときない
7. 心のかたち
8. 漂流船-フォー・エヴァー・グリーン-
9. 故郷未だ忘れ難く
10. 二流の人
11. 贈る言葉
12. 思えば遠くへ来たもんだ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


CD&DVD THE BEST ハイ・ファイ・セット(DVD付)CD&DVD THE BEST ハイ・ファイ・セット(DVD付)
ハイ・ファイ・セット

曲名リスト
1. 卒業写真
2. エイジズ・オブ・ロック・アンド・ロール
3. 夢うつつ
4. スカイレストラン
5. 冷たい雨
6. 幸せになるため
7. フィーリング
8. 風の街
9. メモランダム
10. 恋の日記
11. 少しだけまわり道
12. 素直になりたい
13. 水色のワゴン
14. 星化粧ハレー
15. ひときれの恋
16. プラトニックしましょ
17. 今夜だけの恋人
18. Angels Fly~天使の季節~
19. 忘れないわ
20. 火の鳥

1. 素直になりたい(ビデオ・クリップ)
2. 水色のワゴン(ビデオ・クリップ)
3. Magic Mountain Lady
4. 星化粧ハレー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
[ 2008/03/11 21:29 ] 昭和雑感 | TB(0) | CM(16)

聖バレンタインデー

如月の壱拾四日。
今日はバレンタインデーです。


愛情友情、そして自分へのご褒美
さらには日常のお礼義理にいたるまで、
様々な冠を付け替えながらチョコが舞う。
そんな一日です。


店々に並んだ普段よりかなり高めのCioccolato
思案気に眺めながら行き交う女性たち。

果たして何人が本来の意味を知っているのでしょうか?
なんて苦言を呈する気持ちはさらさらありません。
それほど一般化した儀式となりました。


いつの頃 からなのでしょうか?
これほどまでにイベント化し、
更には我々男性の財布まで脅かすようになったのは。


少なくとも私の学生時代に、
愛を告白されるべく指定された日は、
残念ながらありませんでした。


大学時代にお付き合いしていた方より
頂いた事があるような無いような…、
そんなオボロ気な記憶ですので、
昭和50年(1975年)以降頃から、
徐々に一般化してきたと思われます。


少し調べてみました。

昭和11年(1936年)
モロゾフさんがバレンタインの広告を出したのが最初だそうです。
そして昭和33年(1958年)にメリーチョコレートさんが、
デパートでのキャンペーンをされています。
しかし双方とも世間を巻き込んで…
とまではいかなかったようです。
参考資料


私の学生時代にもしこのイベントがあったなら。
そんな楽しい想像を膨らませることが出来るのも、
「恋」が趣旨の儀式だからでしょう。


商魂たくましい日本人気質。
核心でなくファジーに走る民族性。
宗教観の薄い国民性などが相混じって、
イベントは盛り上がりをみせています。


事の起源である本来の趣旨と、
時代によって変化していく多様性のなか、
」を曖昧にする方向にだけは、
これ以上流れないでほしいな。
と、義理を抱えて思う私です。



さて、おっさんとしては、
それなりに思案しつつ、
白い日を迎えるわけで…。



[ 2008/02/14 11:42 ] 昭和雑感 | TB(0) | CM(20)

ポートボール

皆さん思い出されましたか?
ポートボールです。

我が娘二人にヒヤリングを行った結果、
彼女たちも小学校の頃に授業で行っていました。


どうです?
もう思い出されましたか?

バスケットボールの従兄弟のような、
あのボールゲーム


ほら、

ゴールには、
台に乗ったチームメイトが立っていたでしょ。


記憶の彼方から呼び戻さないと、
決して思い出されない競技でしたね。


こうして今思い返してみても、
競技人数や細かいルールは覚えていません。


背が高く、キャッチィングも上手い仲間が、
踏み台のような台の上に乗り、
両手を高く上げてボールを催促する、
そんな光景だけが鮮明に蘇ります。


中学校や高校で行った記憶はありませんし、
「ポートボール部」なんてクラブ活動もありませんでした。

それなのに今でも小学校で行われているようです。
何故なのでしょうか。


少し調べてみましたら、

全員で攻め方や守り方を工夫して、楽しむことができる。
ルールを守り、協力してできる。


とありました。


きっと教育的に行いやすい競技なのでしょう。


それはそれとして、
成人が行っても楽しい競技になる気がします。
もっと続けられる環境さえ整えば、
記憶の底から引き上げなくてもよいのでしょうが…。



しかし当時の現実は、


ドッジやろうぜ!


の掛け声とともに校庭に飛び出した私です。

ボールさえあれば簡単に行えたドッジボール


ゲームというよりは『戦い
遊びというよりは『ケンカ
そんな燃え滾る子供心には、
ポートボールはおとなし過ぎたのかも知れません。


子供ながらに、
ドッジボールには意地面子が溢れてました。

足に当てるのは卑怯な戦法であり恥でした。
一対一で相手の胸めがけてぶつけ合い、
そしてキャッチしあうことが好しとされていました。


ボールを避ける、回す、受ける、投げる。
それぞれに得手不得手をカバーし合い、
他のクラスの男子と戦いました。


ルールブックには無いルール。


そんなルールを守って幼い日に燃えたドッジ


残念ですがポートボールは、
やはり記憶の底に沈むのでした。




[ 2008/02/07 22:21 ] 昭和雑感 | TB(0) | CM(26)
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。