2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

涙の太陽

ギラギラの太陽 は
もはや私の味方ではないのか…。

などと、逆恨みしたくなるような最近の夏。


地球温暖化という言葉もなく、
紫外線対策も声高に叫ばれなかった昭和の時代。


若かった事もあるのでしょうが、
ギラギラの太陽私の味方でした。



そんな昭和48年(1973年)
安西マリアさんの「涙の太陽」が発売されました。

マリア登場/涙の太陽


日本人離れした顔立ちの、
スタイル抜群の彼女が 抜群は死語?(苦笑)

♪ギ~ラギ~ラ太陽が
 燃えるように~


と、歌いながら掌を小刻みに揺らすギラギラ光線に、
青年ゆうやはメロメロになりました。
               「涙の太陽」の歌詞はこちら…


後年の安西マリアさんですが…
安西マリア = 涙の太陽 安西マリアさん「涙の太陽」

当時の安西マリアさんです。この曲もヒットしました。
Maria Anzai - Sayonara Harbor Light 安西マリアさん「サヨナラ・ハーバーライト」



湯川れい子さん作詞、中島安敏さん作曲のこの楽曲は、
昭和40年(1965年)にエミー・ジャクソンさんが歌い、
ヒットさせていたそうですので、
私の聞いた安西マリアさんの歌は日本語カバーバージョン


エミー・ジャクソンさんが歌った英語の歌詞は覚えていなくても、
そのメロディが脳裏に残っていたからでしょうか、
初聴で見事にハマッタ私でした。

 Japan 1960-1970 Pt.1 涙の太陽 エミー・ジャクソンさんの歌声



あの時代、
確かにギラギラの太陽私の味方でした。


ブルース・リーさんが急死され、
オイルショックによるトイレットペーパーパニックが起こり、
小松左京さんの日本沈没が売れた年でしたが、


そんな失望や不安を、
さほどの現実感もなく、
天地真理さんの恋する夏の日を謳歌していられた、
ゆるくて平和な学生時代でした。

それ故に太陽は私の味方だったのでしょう。


もちろん、
そんな現実感の無さを肯定するつもりはありませんが、
いづれ直面する生きていく本当の苦労は、
少なくとも義務教育期間には現実味の無いものとして、
ギラギラの太陽を味方に動き回る、
しなやかな時代であって欲しいと思います。


その後「涙の太陽」は、
田中美奈子さんやメロン記念日さんらにカバーされています。
いつの時代でも受け入れられる名曲なのですね。


そう言えば当時…

♪知っているのにしらんふり
 な~ぜ な~ぜ なの~


の部分がやたらコントに取り入れられていたようで、
よく子供が真似をしていた記憶があります。
あれって私の思い違いなのかしらん…


さて、
ギラギラの太陽再び味方にする日を夢見て、
今宵はそろそろ眠りにつきます。


…おっと、クーラーのタイマーを…。


マリア登場/涙の太陽マリア登場/涙の太陽
安西マリア

曲名リスト
1. 涙の太陽
2. 砂に消えた涙
3. マイ・ボニー
4. アイドルを探せ
5. ビー・マイ・ベイビー
6. 恋の日記
7. 涙は春に
8. ジョージ・ガール
9. ボーイ・ハント
10. ゴーカート・ツイスト
11. 雨の御堂筋
12. 悲しき片想い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



歌う明星(1)赤盤歌う明星(1)赤盤
オムニバス

曲名リスト
1. 美しい十代 / 三田 明
2. ウエディング・ドレス / 九重佑三子
3. 新聞少年 / 山田太郎
4. こまっちゃうナ / 山本リンダ
5. 逢いたくて逢いたくて / 園 まり
6. 二人の銀座 / 山内 賢・和泉雅子
7. 霧の摩周湖 / 布施 明
8. 恋のハレルヤ / 黛 ジュン
9. 星のフラメンコ / 西郷輝彦
10. ゆうべの秘密 / 小川知子
11. オリビアの調べ / フォーリーブス
12. 恋泥棒 / 奥村チヨ
13. 京都の恋 / 渚ゆう子
14. 手紙 / 由紀さおり
15. 夜汽車 / 欧陽菲菲
16. ひなげしの花 / アグネス・チャン
17. 涙の太陽 / 安西マリア
18. てんとう虫のサンバ / チェリッシュ
19. みずいろの手紙 / あべ静江
20. あこがれ / 大場久美子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ついでなので…

歌う明星(2)青盤歌う明星(2)青盤
オムニバス

曲名リスト
1. 霧の中の少女 / 久保 浩
2. 回転禁止の青春さ / 美樹克彦
3. 虹色の湖 / 中村晃子
4. 恋の季節 / ピンキーとキラーズ
5. 夕月 / 黛 ジュン
6. 初恋のひと / 小川知子
7. 夜明けのスキャット / 由紀さおり
8. 恋の奴隷 / 奥村チヨ
9. 黄色いサクランボ / ゴールデン・ハーフ
10. 空に太陽がある限り / にしきのあきら
11. さらば涙と言おう / 森田健作
12. 青いリンゴ / 野口五郎
13. 恋の追跡(ラヴ・チェイス) / 欧陽菲菲
14. 初恋のメロディー / 小林麻美
15. 私は忘れない / 岡崎友紀
16. わたしの彼は左きき / 麻丘めぐみ
17. 情熱の嵐 / 西城秀樹
18. イルカにのった少年 / 城 みちる
19. 木枯しの二人 / 伊藤咲子
20. ハロー・グッバイ / 柏原芳恵

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト
[ 2008/07/22 02:16 ] 昭和の名曲 | TB(0) | CM(28)

サザンオールスターズ


サザン活動休止
衝撃のニュースが5月19日付けの朝刊各紙に踊りました。

サザン活動休止


何日もブログ更新が手に付かないまま、
書きかけの記事パーツの山で遭難していた私の手元に、
ファンクラブの会報誌が届いたのが数日前。


そのトップページに綴られていたのは活動休止の文字でした。

代官山通信


19日の一般情報解禁日までは、
決して公にしないでほしい旨の注意書きはあったものの、
「ま、サザンのことだから…」
半信半疑の私がいたのも事実でした。


しかし、19日の朝日新聞の前面広告を手にした時、
受け入れなければならない現実となりました。

朝日新聞




勝手にシンドバッド
で衝撃のデビューを飾ったのが、
昭和53年(1978年)の6月25日。
私が大学3回生の時でした。

サザン 勝手にシンドバッド (1978 Best 10 Spotlight) 完全版 「♪砂まじりの茅ヶ崎~」


          ・
          ・


それから30年、サザンの曲とともに今日まで歩んだ人生です。


          ・
          ・



昭和54年(1979年) 「いとしのエリー」
いとしのエリー 「♪泣かせたこともある~」



昭和55年(1980年) 「いなせなロコモーション」
いなせなロコモーション 「♪いなせなロコモーション~」



昭和56年(1981年) 「栞のテーマ」
栞のテーマ 「♪彼女が髪を指で分けただけ~」




昭和57年(1982年) 「YaYa(あの時代を忘れない)」
YA YA~あの時代を忘れない~ 「♪胸に残るいとしい人よ~」




昭和58年(1983年) 「ボディ・スペシャルⅡ」
ボディ・スペシャルⅡ 「♪燃える君が妙に Sexyで~」

※この年の5月27日から、サザンの名曲が随所に使われた
 歴史的ドラマ
「ふぞろいの林檎たち」がスタートしました。



昭和59年(1984年) 「ミス・ブランニュー・ディ」
ミス・ブランニュー・デイ 「♪夢に見る姿の良さと美形のBlue Jean~」



昭和60年(1985年) 「夕陽に別れを告げて」
夕陽に別れを告げて 「♪遠く離れて High-School~」


昭和61年~62年 原由子さんの産休により活動休止



昭和63年(1988年) 「みんなのうた」
みんなのうた 「♪愛を止めないで君よあるがまま~」



昭和64年(1989年) 「さよならベイビー」

さよならベイビー 「♪消えた夏灯り戻れない乙女~」




もちろん、この後の活躍も目覚しいものがありますが、
昭和の後半に突如現れたBIGバンドなのです。

サザンオールスターズ公式HP


サザンのことはもっとじっくり書く予定でいましたので、
今回はその序章としておきます。

取り敢えず8月の横浜でのチケット、取らなきゃね。




そして最後に最も好きな曲を1曲。

「シャ・ラ・ラ」

桑田佳祐&原由子 シャ・ラ・ラ 「♪何するにせよそっと耳元で語ろう~」



♪Let me try to be back to this place anyday


          ・
          ・




「SUMMER LIVE 2003」 流石だスペシャルボックス (通常版)「SUMMER LIVE 2003」 流石だスペシャルボックス (通常版)
サザンオールスターズ

曲名リスト
1. OPENING
2. 胸いっぱいの愛と情熱をあなたへ
3. D.J. コービーの伝説
4. ふたりだけのパーティ
5. 当って砕けろ
6. お願いD.J.
7. C調言葉に御用心
8. 朝方ムーンライト
9. 夜風のオン・ザ・ビーチ
10. 素顔で踊らせて
11. タバコ・ロードにセクシーばあちゃん
12. 女流詩人の哀歌
13. 吉田拓郎の唄
14. アミダばばあの唄
15. 夕陽に別れを告げて
16. 私はピアノ
17. My Foreplay Music
18. 涙のアベニュー
19. 思い出のスター・ダスト
20. シャ・ラ・ラ
21. わすれじのレイド・バック
22. 雨上がりにもう一度キスをして
23. 太陽は罪な奴
24. 愛の言霊 - Spiritual Message -
25. 真夏の果実

1. 涙の海で抱かれたい - SEA OF LOVE -
2. イエローマン - 星の王子様 -
3. みんなのうた
4. ボディ・スペシャルII
5. マンピーのG★SPOT
6. 勝手にシンドバッド
7. 花 - すべての人の心に花を -
8. 希望の轍
9. HOTEL PACIFIC
10. いなせなロコモーション
11. YA YA(あの時代を忘れない)

1. TSUNAMI ※札幌
2. 胸いっぱいの愛と情熱をあなたへ ※福岡
3. D.J. コービーの伝説 ※札幌
4. ふたりだけのパーティ ※札幌
5. 当って砕けろ ※名古屋
6. お願いD.J. ※名古屋
7. C調言葉に御用心 ※名古屋
8. 朝方ムーンライト ※神戸
9. 夜風のオン・ザ・ビーチ ※神戸
10. 素顔で踊らせて ※神戸
11. タバコ・ロードにセクシーばあちゃん ※神戸
12. 女流詩人の哀歌 ※神戸
13. 吉田拓郎の唄 ※神戸
14. アミダばばあの唄 ※神戸
15. 夕陽に別れを告げて ※神戸
16. 私はピアノ ※神戸
17. My Foreplay Music ※神戸
18. 涙のアベニュー ※神戸
19. 思い出のスター・ダスト ※神戸
20. シャ・ラ・ラ ※神戸
21. わすれじのレイド・バック ※横浜
22. 雨上がりにもう一度キスをして ※横浜
23. 太陽は罪な奴 ※札幌
24. 愛の言霊 - Spiritual Message - ※横浜
25. 真夏の果実 ※横浜

1. 涙の海で抱かれたい - SEA OF LOVE - ※札幌
2. イエローマン - 星の王子様 - ※横浜
3. みんなのうた ※横浜
4. ボディ・スペシャルII ※横浜
5. マンピーのG★SPOT ※横浜
6. 勝手にシンドバッド ※横浜
7. 希望の轍 ※横浜
8. HOTEL PACIFIC ※横浜
9. いなせなロコモーション ※横浜
10. YA YA(あの時代を忘れない) ※横浜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[ 2008/05/21 02:39 ] 昭和の名曲 | TB(0) | CM(20)

春一番

各地で「春一番が…」との声を聞く昨今。
今日は弥生の三日、雛まつりです。

もう三月か…、との思いが強いのは、
今だに衰えぬ寒さのせいなのでしょう。


そんな今宵。
桃の節句ではありますが、
春を持ちわびる気持ちに乗って、
春一番』の話題です。


春一番が吹けばすぐに春。
という訳ではないのですが、
その言葉を耳にするだけで、
何故かウキウキと心が弾みます。


その理由が分かりました。


春一番と聞くや否や、
瞬時に頭の中を駆け巡るあるメロディーが、
私の心を開放していたのです。


そんなパブロフの犬的な曲。
キャンディーズの「春一番」がそれです。


キャンディーズ ゴールデンJ-POP THE BEST



きっと40代以上の方は、
皆同様の条件反射をされているのではないでしょうか?


雪が溶けて川になって流れて行きます
 つくしの子がはずかしげに顔を出します
 もうすぐ春ですね
 ちょっと気どってみませんか
     全歌詞はこちら…


ほら、該当される方はきっと歌われたに違いない。(笑)


穂口雄右さん作詞作曲のこの曲。
リリースされたのは昭和51年(1976年)の三月でした。
今からちょうど32年前の春です。


30年以上も前の曲という事実に驚きを隠せません。


それは今聞いても古さを感じさせない、
曲自体の完成度の高さでもあるのでしょう。

また、毎年この時期になると、
様々なところから流れてくる曲ということもあります。


しかし何よりの要因は、
私の中でキャンディーズ年老いないことなのです。


普通の女の子に戻りたい
とメディアから姿を消した昭和53年(1978年)から、
キャンディーズは時計を止めているに違いありません。


つくしの子はなかなか取れなくなり、
カエルの子も見る機会が減りました、
そんな時代の流れを一気に引き戻してくれる彼女たち。
やはり永遠のアイドルだったのでしょう。



ところで皆さまは誰のファンでしたか?

妻にするならスー
恋人にするならラン
秘書にするならミキ


と、当時ちまたでは言われてましたね。


私は…。
田中好子さんファンの友人から熱く語られればスー。
伊藤蘭さんを押す友人から説かれればラン。
藤村美樹さんファンの友人におごられればミキ。

といった具合に特定の一人を決めかねる若者でした。
三人揃ってこそキャンディーズ」なんてしたり顔で言ってのける、
そんな可愛くない若者であったのかも知れません。



やはりもう三月です。
いつまでも「寒い」と連発していても始まりません。

キャンディーズも前へ進めと歌っています。


泣いてばかりいたって幸せは来ないから
 重いコートぬいで出かけませんか
 もうすぐ春ですね 恋をしてみませんか



そろそろ全方向に向かって進まねば。
って、「」もあるのでしょうか?



キャンディーズ「春一番」です。
リンク切れの際はご容赦ください。


キャンディーズ「春一番」ライブバージョンA
Candies キャンディーズ 春一番

キャンディーズ「春一番」TVバージョン
キャンディーズ-春一番

キャンディーズ「春一番」ライブバージョンB
キャンディーズ 春一番

キャンディーズ「春一番」紅白バージョン
キャンディーズ(Candies) - 春一番

ウルフルズさん、渡辺美里さんなどに続いて、ゆずのお二人もカバーされました。
「春一番」ゆずバージョン
 YUZU - HARU ICHIBAN (LIVE)


キャンディーズのHPがありました

「全キャン連」なる団体さんです。(今年の4月にイベントが…)


DREAM PRICE 1000 キャンディーズ 春一番DREAM PRICE 1000 キャンディーズ 春一番
キャンディーズ

曲名リスト
1. 春一番
2. ハート泥棒
3. やさしい悪魔
4. 暑中お見舞い申し上げます
5. アン・ドゥ・トロワ
6. 微笑がえし

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



GOLDEN☆BEST/キャンディーズGOLDEN☆BEST/キャンディーズ
キャンディーズ

曲名リスト
1. キャンディーズ
2. あなたに夢中
3. そよ風のくちづけ
4. 危い土曜日
5. なみだの季節
6. 年下の男の子
7. 内気なあいつ
8. その気にさせないで
9. ハートのエースが出てこない
10. 春一番
11. 夏が来た!
12. ハート泥棒
13. 哀愁のシンフォニー
14. やさしい悪魔
15. 暑中お見舞い申し上げます
16. アン・ドゥ・トロワ
17. わな
18. 微笑がえし
19. つばさ
20. キャンディーズ1676日

1. ラッキーチャンスを逃がさないで
2. 悲しきためいき
3. 雨と涙とあのひとと
4. どれがいいかしら
5. 恋のあやつり人形
6. あなたのイエスタデイ
7. キャンディ・ツイスト
8. 銀河系まで飛んで行け!
9. 銀河空港
10. アンティック ドール
11. 午前零時の湘南道路
12. あこがれ
13. インスピレーション・ゲーム
14. 100%ピュア・レディ
15. グッド・バイ・タイムス
16. 暑中お見舞い申し上げます Part2
17. アン・ドゥ・トロワ パート2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


CANDIES FOREVER
CANDIES FOREVERキャンディーズ

おすすめ平均
stars神がかりの三人の女達
starsCANDIES FOREVER!!!
stars解散30周年に完全版を是非とも
starsキャンディーズは終わらない!
starsやっぱりキャンディーズ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2008/03/03 02:29 ] 昭和の名曲 | TB(0) | CM(30)
全記事表示リンク
プロフィール

こやけゆうや

Author:こやけゆうや
1957年生。射手座。
拙い昭和の伝道師です。
ご訪問感謝いたします。
コメントいただけると
嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。